久しぶりの彼氏!「ご無沙汰セックス」を上手く乗り切るコツ

From:山口恵理香

 

元彼と別れてから○年以上……ついに新しい彼氏にご登場!

でも、問題なのは、久しぶりに人と付き合ったから、セックスもかなりご無沙汰ということ。

かつての記憶を呼び起こそうと、必死にあれこれと予習・復習しているのでは?

 

久しぶりの戦いなら、前もって準備しておくこともあります。

今回は、そんな“ご無沙汰セックス”を上手く乗り切るコツをご紹介します。

 

下着やルームウェアをすべて新調

 

新しい彼と何回かデートを重ねて、お泊りデートの予定が立った時点で、覚悟が必要!

おそらく、彼がよほどの草食男子ではない限り、自然な流れでセックスをすることになるはずです。

かなりの確率でセックスする可能性があるなら、前もって下着やルームウェアをすべて新しくしておきましょう。

どんなにかわいいものであっても、元彼との思い出が染みついているもので、新しい彼氏と交わるのは、さすがに複雑な心境になります。

すべて一掃するつもりで、新しいものを用意してくださいね。

 

日頃、一人でいる分には「ボクサーパンツ」でも構いませんが、さすがに脱ぐとなると、いわゆる「ランジェリー」が必要になります。

彼が思わず興奮してしまうような、かわいい下着も一緒に用意しておきましょう。

 

セックス前のバスタイムで
念入りにお手入れ

 

下着やルームウェアを新調するだけでは意味がありません。

これからの時期はとくに服で肌が隠れるため、ムダ毛のお手入れをサボりがちです。

しかし、セックスをするとなったら、さすがにそのままの姿では挑めません。

できれば、前日のうちに自宅でお手入れを済ませておくべき。

ですが、どうしても忙しくてできなかった場合、セックスをする前には必ずお風呂に入って、隅々まで完璧にしておきましょう。

たとえ、照明が暗くても、彼はあなたの身体の隅々まで見ています。

細部のお手入れもすべて完璧にしておかないとマズいですよ!

 

▼関連記事

前日でも間に合う!お泊まりデートの緊急ケア!

 

ガツガツではなく彼に身を委ねる

 

いよいよ本番ですが、久しぶりのセックスであることを隠す必要はありません。

どうしても心配なら、事前に「実は……」と伝えておくといいかも。

あまりにもガツガツこちらから攻めすぎると、一人で空回りしかねません。

あくまでも、セックスは男性のリードに合わせて身を委ねるだけでいいのです。

 

それ以上、彼を喜ばせようと余計な行動をすると、いつの間にか肉食女子扱いになってしまうかも……。

あくまでもベッドの上では、「色気」や「品のよさ」を意識して振る舞いましょうね♡

 

失敗したっていい!
恥ずかしがらなくていい!

 

久しぶりのセックスならば、緊張もするでしょうし、何が起きるか分かりません。

もしかしたら、緊張しすぎて思うような振る舞いができない可能性もあります。

しかし、今の彼が本当にあなたにとって必要なら、セックスしている最中に上手に振る舞えなくても、優しく包んでくれます。

失敗したことなんて一切責めてこないでしょう。

 

どんなに恥ずかしくてもがんばれば「ありがとう」と言ってくれるのがパートナーです。

「必ず成功させる」と意気込む必要もなく、二人でリズムを合わせていくだけで、あっという間に居心地のいい空間へと変わっていくはず。

 

久しぶりのセックスとなると、どうしても緊張します。

基本的なやり方を覚えていても、「失敗したらどうしよう」と頭に思い浮かんで、当日も本番が始まるまでは身体がこわばっていませんか?

でも、きっと優しい彼のことですから、空気で「ご無沙汰」であることを察知して、優しくリードしてくれます。

失敗を恐れず、正々堂々と振る舞ったほうが成功する確率は上がるでしょう♡

久しぶりの恋だからこそ緊張もするし、セックスともなればどうしたらいいのか分からなくなります。

でも、大丈夫♡

あなたが選んだ彼ですから、きっと優しくリードしてくれるでしょう!

せっかく二人で過ごす初めての夜なのですから、思いっきり幸せな時間を過ごしてくださいね♡

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

本当に愛しているから?男性が中出ししたがる心理

男性の興奮と快感を煽る一言♡あなたはオーガズムを彼に伝えている?

ドキドキ♡複数プレイの赤裸々体験談!

大切な人のカラダを守る♡指につけるコンドーム“フィンドム”って?

ABOUTこの記事をかいた人

山口恵理香

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。