あり得ない!平気な顔して下ネタを言ってくる男の心理

From:山口恵理香

 

女性にとって、初対面に近い男性から下ネタを言われるなんてあり得ない話。

きっと相手は喜ばせようと言っているつもりでも、こちらとしてはいい迷惑ですよね。

そもそも、なぜこれほどまでに男性は下ネタが好きなのでしょう?

今回は、平気な顔して女性に下ネタを言ってしまう男の心理をご紹介いたします。

 

友達といる感覚で、つい言ってしまう

 

男性同士は、日常的な会話の中で下ネタを話す機会が多いようです。

しかし、そんなことを分かっていても、女性である自分に対してへらへらと下ネタを話されるのは我慢できないですよね。

もしかしたら、彼はあなたを良き女友達として認識しているのかもしれません。

だから、友達と一緒にいるときと同じく、下ネタで盛り上がろうとしているのです。

 

また、お酒も入れば、つい下ネタを言ってしまいたくなるのでしょう。

とはいえ、信頼していた男友達から下ネタを言われても、一気に熱が下がるものです。

自分の欲すら制御できないのか、とツッコみたくもなりますね…。

 

セックスができるかどうか探っている

 

男性が女性に下ネタを話しているのは、その女性が“ヤれる相手”かを探っている可能性もあります。

男性は、下ネタを振ったときに嫌そうにしている女性は恋愛経験が少なく、一緒になって笑っている女性は、それなりに経験を積んでいると考えます。

それによって、カラダの関係に持っていきやすいかどうか判断しているのです。

どちらかというと、あきらかに怪訝そうな表情をするほうが安全ですが、大人にもなると、いろんなことが分かってつい、笑ってしまいますよね。

しかし、相手はセックスができるかどうか判断している可能性もあるため、あくまでも、興味のない男性に対しては境界線を引いておきましょう。

 

性欲を我慢できない!?

 

なかには、女性が嫌がると分かっていて下ネタを話してくる人もいます。

そういう男性は、下ネタに対する女性の反応を楽しみたいと思っていて、女性が「やめてよ!」と言っている姿に興奮を覚えるのかもしれません。

何度も拒否をしているのに、しつこく下ネタを言ってくる男は、それだけ自分の中で溜まってしまっている性欲をかき消せていないのでしょう。

とはいえ、女性が多く集まっている場所で、一方的に下ネタを話したところで、みんなから距離を置かれるだけですよね……。

 

場を盛り上げようとして
空回りしている

 

職場や学生時代の仲間うちでの飲み会に必ずいるのが、やたらと張り切って場を盛り上げようとする人です。

盛り上げようとお酒を多く飲んだ結果、みんなの前で吐いてしまったり、女性から嫌がれていたり……いわゆるKYな人が複数人含まれているものです。

きっと下ネタを言ってくる男性も、場を盛り上げたいという気持ちだけが突っ走っているのでしょう。

しかし、周りからしてみれば、いい迷惑。

特に女性陣からは二度と口を聞いてもらえなくなることもありますよね。

わざわざその人が場を盛り上げなくても、それぞれが話しているうちに盛り上がっていくはずなので、無視をしてしまいましょう。

 

酔った勢いで本性が出る

 

普段は温厚そうな彼が下ネタを言ってくるということは、普段の姿が仮の姿だったのでしょう。

当然彼も男ですから、そういった欲があって当たり前です。

しかし、お酒が入った途端に下ネタが出てくるような男性を女性陣が「素敵ね」と思うはずがありません。

いくらアルコールを摂取したとはいえ、通常の状態とほぼ変わらず、紳士的に振る舞える男性もたくさんいます。

お酒が入ったことを理由に下ネタのオンパレードになる男性は、到底信用できませんね。

 

元々いい印象を抱いていなかった相手が下ネタを言ってくると、生理的に無理なレベルに到達します。

本人は必死にアピールしているのかもしれませんが、一人で勝手に空回りしているだけ!

今まで築き上げてきた信頼を勝手に壊さないように、男性陣にはどんなときもジェントルマンでいてほしいですね♡

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

彼氏が風俗に行くのは許すべき?

彼の心が離れてる?不安になった時にしてはいけない3つのこと

本当にモテるSNS活用術で、彼をドキドキさせちゃおう♡

フェラ中、彼が●●してくれたらあなたは彼の大本命!

感じるセックスをすると男の子が生まれる!?/西永福ひかりの恋愛哲学道場

【PR】彼ともっとラブラブになりたいなら♡

ニオイ・黒ずみゼロのデリケートゾーンで、ビキニもプールもエッチも自信満々になれちゃいます♡

ABOUTこの記事をかいた人

山口恵理香

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。