二人とも快感倍増!スローセックスの正しいやり方

スローセックスのやり方、知ってる?

 

From:平井ちひろ

 

セックスの楽しみ方は体位を変えたり、場所を変えたり道具を使ってみたりといろいろありますよね。

そんななかで、「スローセックス」という言葉は聞いたことはありませんか?

 

その名の通りゆっくり行うセックスなのですが、ゆっくりだからといって「中年の人がするものでしょ、若い人はしないよ」なんてものじゃないのです。

 

正式にはポリネシアンセックスといって、普通の射精することに重きを置いているセックスではなく、2人の精神的な交わりを重視しているセックスになります。

 

セックスの頻度が減ってしまっているカップルにもオススメしたいセックスです。

 

▼関連記事
挿入後1時間はピストンしない!スローセックスのすゝめ

ポリネシアンセックスの方法ー準備編

 

ポリネシアンセックスの変わっているところは、5日間で行うところです。

一日で完結というわけにはいかないのです。

 

精神的な交わりを重視することから、繁忙期などに5日間時間を取ることは避けてくださいね。

比較的忙しくないところで時間を取るようにしてください。

 

この5日間のうち、実際に挿入するのは最後の1日だけで、あとの4日間はキスをしたり、抱きしめあったりしてください。

ポイントは、4日間は気分を盛り上げるための期間と思って、性器以外に触れるようにしてください!

 

男性にとってはつらいかもしれませんが、5日目の快感のためにここはぐっと我慢してもらいましょう。

女性も、いじわるして彼のペニスを触るようなことはしないであげてくださいね。

男性にとってはかなりの拷問のようです(笑)

 

ポリネシアンセックスの方法ー挿入編

 

男性にとってはモンモンとした4日間が終われば、ついに挿入の日です!

女性も挿入がない4日間にモンモンとしないわけじゃないですが、男性とはやっぱり比べ物にならないですよね。

 

お互いのモンモンとした気持ちをすぐにぶつけたくなりますが、まずはじっくりとお互いの愛撫に1時間以上かけてください。

彼のペニスを舐めてみたり、首すじを甘噛みしてみたり、彼の気持ちを高めましょう。

 

もちろん、そのときには彼にもお願いしてあなたへの愛撫をしっかりしてもらいましょうね。

モンモンとしていた4日間があるので、触られるとすぐにその気になってくるはずですよ。

 

膣もトロトロになり、彼のペニスの硬さも十分になったらついに挿入です!

ゆっくりと行うので、体位はバックや騎乗位より座位や側位の方が向いています。

挿入するときは、ゆっくりと奥まで挿入します。

 

ここで、すぐにピストン運動をしたくなりますが…ちょっと待ってください。

挿入したら、30分はピストン運動をせずにキスをしたり、胸を触ってもらったりなどの愛撫をしてください。

 

ピストン運動をしないことで男性のペニスの硬さがなくなってくる場合は、数回だけピストン運動をし、硬くなればまた

ピストン運動を辞めて愛撫だけにする、を繰り返してください。

 

このときのピストン運動を激しく腰を動かすのではなく、ゆっくりスローな動きにしましょう。

また、膣の潤いがなくなりそうなときは、ピストン運動ではなく胸やクリトリスなどへの愛撫をしっかりしてもらうように彼にお願いしてくださいね。

 

そして30分我慢したら、ピストン運動をゆっくりと始めてください。

このときには、ずっと挿入していた刺激とゆっくり動かす刺激とで、いつもとは違う快感を味わえるようになります!

激しいセックスのように一度の大きな快感とは違い、じわじわと波のように快感が押し寄せてくる感じです。

 

お互いがイったあとも、30分は挿入したままにしていてください。

そうすることで、またさらに快感の波が押し寄せてくることもあるそうです。

 

ゆっくり、ゆったりと行うスローなセックスであるポリネシアンセックスは、快感もさることながら、最も大切にしているのは「カップルの精神的な結びつき」です。

ゆっくり行うことで味わえる快感への期待感は、お互いへの愛情も高めます。

年代を問わずパートナーと楽しんでほしいセックスです。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

神秘的な世界!古代エジプト王家のセックスライフ

あなたはどっち?浮気と本気の違いの見極め方

飲み会で使える!確実にお持ち帰りされたいときのテクニック3つ♡

フェラ中、彼が●●してくれたらあなたは彼の大本命!

彼の心を掴んじゃう♡「もしもクイズ」とは?

【PR】彼ともっとラブラブになりたいなら♡

ニオイ・黒ずみゼロのデリケートゾーンで、ビキニもプールもエッチも自信満々になれちゃいます♡

ABOUTこの記事をかいた人

平井ちひろ

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。