欧米と日本のセックスは全然違う!女性優位のセックスとは?

日本のセックスは女性優位だった

 

From:トシ Luxer

 

いま我々が知っているセックスと本当のセックスとは大きく違います。

本当のセックス。

それは「まぐあい」といいます。

 

まぐあいは本来日本人が行ってきた平和で幸せで愛に満ちた性行為です。

 

セックスは欧米がその昔ポルノ映画として世界を洗脳したもの。

男性が先に気持ち良くなり、膣に挿入して擦り、射精をゴールにした男性優位型性交渉です。

これでは女性は気持ち良くなる訳がありません。

 

前回書いたように、女性は水の性のエネルギーです。

女性の心と体を沸騰させるためには男性が雰囲気作りから、女性の心を開き安心感を与える前戯が必要です。

 

欧米型のように、激しく荒っぽい獣のような行為ではないのです。

女性優位型性行為がまぐあいの真髄です。

 

では、これから本当のセックス「まぐあい」を紐解きましょう。

 

「まぐあい」とは?やり方も解説!

 

「まぐあい」は目と目を見つめ合うことから始まります。

人間は5分以上見つめ合うと脳内に新しい感覚が生まれてきます。

これは不思議な感覚で「信頼」というべき契約的な心の契りを交わすような感じです。

 

まぐあいは、同じ時間と空間の中で、お互いの身体を裸で抱き触れ合い神秘の世界に一定の時間を過ごすというものです。

これを男女共理解してまぐあいが始まります。

 

ハグからキス。じっくり時間をかけて

 

まずはハグをしましょう。

できるだけ長く5分くらい、服を着てても大丈夫です。

 

次はキスをしましょう。

これもできるだけ長くゆっくりと。

そのとき男性は女性の髪を片手で撫でながら、もう片方の手は彼女の手をやさしく掴んでください。

 

最初は軽いフレンチキスで首筋から顎、そして耳、頬、唇に進みます。

男性は女性に対し感謝と敬意をもって行ってください。

 

ディープキスにすすんだら女性は情熱的に応えてください。

ここからエロと情熱のスイッチを入れると男性は興奮します。

 

女性は恥ずかしがらずにちょっと淫乱に積極的になって男性に応えてください。

男性は女性の変化を楽しむ生き物です(^^)

 

男女ともお互い抱き合いながら、背中から腰、お尻などを撫でてさすります。

寝ながらでも構いませんが、ここまで立ったまま行うとちょっと刺激的です。

ここでシャワーをあびたり、服を脱がせたりします。

 

裸でベッドに横たわり、あらためてハグとキスを再開します。

男性は女性をうつ伏せにさせて足からお尻、そして肩から背中をゆっくりと数本の指でフェザータッチ愛撫してください。

女性の身体がピクピクと動き始めるまで続けてください。

 

女性が性的興奮を感じはじめると男性器に信号が伝わり始まります。

最初はわからなくても段々解ってきますからご安心を!

アロマオイルなどを使うのも効果的です。

 

ここでやっと性器に触れる

 

女性をうつ伏せのまま、お尻から女性器周りを撫でてゆきます。

ゆっくりとゆっくりと 第一チャクラでもある女性器を後ろから刺激します。

 

すると愛液が溢れ出てきます。

そうしたらクリトリスを刺激して、膣に指を入れていきます。

女性によっては、ここでオーガズムを感じることができます。

 

ゆっくりと女性の身体を仰向けにして、つま先から膝や内ももを撫でてゆき、 第二チャクラである丹田(おへそ付近)から内ももの周りをフレンチキスで刺激します。

そして、胸から首筋まで丁寧に丹念にゆっくりと愛撫を続けます。

 

その時、男性は自分の手から氣が出ていることを意識してください。

撫でている間、大きくゆっくりと深呼吸を続けながら行ってください。

どんな男性でも手から氣を出すことは可能です。

 

実際に女性の身体を撫でている手からは多くの氣が出ているのです。

女性は男性の手から出る氣で感じ、気持ち良いのです。

 

ここまでが男性からの前戯です。

男性器はビンビンに勃起していますが、まだ挿入してはいけません。

 

男性への前戯も忘れずに

 

つぎは男性が仰向けになり、女性は男性の首筋から胸、お腹まわりにフレンチキスを施してください。

いきなり男性器をしゃぶらずに、男性の内ももにもたっぷりとフレンチキスをしてあげてください。

 

そのときに、男性の性器と肛門の間にある「蟻の戸渡り」を指で押したり、回したりしてみてください。

ここは男性の第一チャクラでもあるのです。

 

ほとんどの男性は乳首は感じないので、胸横から脇下のリンパ腺沿いを手のひらでマッサージしてあげるといいでしょう。

 

このとき、女性は男性の目をエロく見続けながら行ってください。

ゆっくり時間をかけた前戯は、男女共身体の準備が整いゆっくりとそれぞれのエネルギーが動き始めています。

 

愛液は免疫力を高める薬

 

女性は濡れて、男性もペニスの先から透明の液体が出てると思います。

これは美容と健康の薬となる最高の液体です。

男女共この液体は強力な消毒薬でもあるのです。

 

たっぷりの愛液が出ている状態での交合いは性病などの感染も激減します。

なにより、女性は濡れることが一番の美容液なのです。

化粧品やサプリは体外から摂取しますが、愛液は60兆個の細胞を活性化させ免疫力を高める内なる秘薬なのです。

 

僕がハワイと日本で行っているハワイアン スプーニング・セラピー(添い寝ヒーリング)はこの愛液を大量に出して女性の身体を癒す施術です。

 

中国のタオ(房中術)、インドのタントラ、ポリネシアンセックスも前戯が大切で、最高の免疫力を産み出す長寿の秘薬といわれているのです。

 

子宮大量の愛液分泌は、同時に脳内でも大量の分泌をさせています。

前戯がとても重要だということを知ってくださいね。

 

次回は「まぐあいエネルギー交流」のお話をしますね。

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

カレにもっと愛される♡“あえぎ声”の出し方4つのコツ

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

七夕は大チャンス!フリーの彼をいただき♡

【実証済み】誰でも中イキできる方法♡

騎乗位が下手だとセックスレスになるってホント?

ABOUTこの記事をかいた人

トシ Luxer

ハワイ在住のスプ―ニングセラピスト。 ハワイに暮らす日本人女性、留学生など、人生や自分の将来に悩む多くの女性を癒しアドバイスとセラピーを行っています。 本当の意味での「性」「快楽」、女性が幸せに気持ちよくなるためのセックスについてコラムを書き下ろします。