【連載】嫌いな自分の愛し方~Vol.6

ラヴィンみやさんのこれまでの連載はコチラ

 

From:ラヴィンみや

 

ラブコラムニスト・ラヴィンみやです。

幸せになるために生まれてきたはずの、私たち。

なぜか幸せな人と幸せじゃない人がいます。

 

多くを持っているからと言って皆が皆、幸せとは限らないし不思議ですよね。

 

鍵はやっぱり自分自身。

 

あなたは自分のこと、愛していますか?

 

私は私が嫌い!

 

自分のことが嫌いです。と聞いて理由を問えば、小さなことから大きなことまでたくさん自分への不満が出てきます。

 

自分を嫌いな人はいつも自分に対してダメ出しをしているのでしょう。

とても疲れると思いますし、とても悲しいと思います。

 

また、自分のことが嫌いで、自分にダメ出しばかりしている人は他者にもとても厳しいです。

自分のことを愛せないでは他者を愛することもできないのです。

 

人は皆、自分を通してしか何か他のものを感じることはできませんから。

 

でも、どうして自分のことそんなに嫌いになってしまったんでしょうか。

生まれたときは好きも嫌いもなく、この私で人生を楽しもうと思っていたはずです。

 

嫌いなのはこんな理由

 

もしもあなたのお母さんがこんなお母さんだったらどうですか?

 

やることなすことダメ出しばかり。

お尻を叩いてばかりで、苦しいときも悲しいときも気持ちに寄り添ってくれることはせずに怒ってばかり。

 

あれやれ、これやれ、こうしろああしろ。と口を出し続ける。

 

自分のしたいことではなく、流行ってるからこれをやれ。

 

本当は好きじゃないけど、仲間はずれになるの嫌だから仲間に入っておけ。

 

何かができても褒めてくれない。

頑張ってもまだやれまだやれ、と休ませてくれない。

無理をしてでも頑張れ!と言う。

 

・・・これ、自分が嫌いな人が自分に対してやっていることです。

 

この人を好きになれますか?

一緒にいたいと思いますか?

嫌ですよね、つらくなってしまいますよね。

 

多くの人は厳しくすることで、自分のダメなところを克服できると信じ、自分自身に鞭を打ちます。

そして自分のことをどんどん嫌いになっていく。

 

それは自分が自分に厳しすぎてちっとも優しくしてくれないからです。

悲しいし、さみしいし、苦しいです。

どんなに頑張っても認めてさえくれない。

 

それが自分を嫌う人の内面で起きていること。

 

あなたはピカピカ

 

そもそも、人には生まれ持ったダメなところはありません。

得意不得意はあるけれど、それは助け合えばいいだけの話。

いつも上手くいかないことがあるとして、それが上手くいくように克服しなければ!と思っているのならば、育てられた環境によって育った想いや行動であって、自分の性格や人格ではない可能性が高いのです。

 

彼氏とうまくいかないのは、恋愛が下手、なのではなくて「他者と深く関わらないぞ!」と心の奥で決めているからかもしれません。

 

そこにはある種の思い込みが存在し、「他者と深く関わってはいけない」と思ってるかもしれないし「他者と深く関わると不幸になる」と思っているかもしれない。

 

いずれにしても育ってきた中で生まれた想いが、性格や人格関係なしに自分自身を縛ってしまうのはよくあることです。

 

自分の中にあるたくさんの思い込みが自分を縛っているだけで、本来の自分自身はピカピカだとしたらどうでしょう。

 

ダメなところはなくて、あるのは個性だけ。

そんな自分に鞭を打つ必要はありますか?

 

自分に優しくしてみよう

 

あなたに真に優しくして、真にあなたの望みを叶えてあげられるのは自分だけです。

 

お腹が空いて何を食べるか。

何時に眠るか。

今日どんな下着をつけるのか。

どんな人と会いたいのか。

 

自分がどうしたいのかを分かっているのは自分自身だけ。

 

それを叶えるのは、あなたのお母さんでも彼氏でも友達でも上司でもありません。

自分を幸せにするのは、あなたのお母さんでも旦那さんでも彼氏でも友達でも会社でもありません。

 

私たち自身です。

 

それ以外の人にはできないこと。

 

あなたにとって自分自身はどれだけ価値のある存在でしょう。

周りの価値観は関係なく、あなた自身にとっての自分の価値。

 

それがとても大切なのです。

誰がなんと言おうと自分はとても大切な存在です、と思える時、初めて人にも大切にされることができるのです。

 

誰がどれだけ自分の悪口を言おうと、自分自身には関係なく、自分を幸せにすることに専念する。

どんな気持ちが湧いても、寄り添い抱きしめてあげる。

 

それが自分を大切にするということ。

 

小手先のテクニックではなく、自分を真正面から受け入れ愛する、ということなのです。

 

何があってもなくても、何をしてもしなくても、自分として生きていることを喜ぶこと。

それが自分を大切にするということ。

 

その第一歩が、自分の気持ちを大切にすること。

自分の要望を知ること、です。

 

 

何も頑張らなくていいし、何も達成しなくていい。

とっても楽チンだと思いませんか?

 

自分が自分にダメ出しばかりして、嫌いなところを並べていては、自分から嫌われるのは当たり前。

 

自分に優しくしてあげて、自分自身と仲直りしてあげたら、あなたの憎い欠点は愛すべきチャームポイントに変わります。

 

さて、今日は何を食べますか?

何をしたいですか?

あなたが自分を愛することを許せますように。

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

大嫌いなあの人を目の前から消す、たったひとつの簡単な方法

挿入後1時間はピストンしない!スローセックスのすゝめ

フェラ中、彼が●●してくれたらあなたは彼の大本命!

中イキしたい女子必見!クリでは味わえない絶頂感を♡

ナマの方が気持ちいい?男の本音検証!

【ポルチオイキ専用】nemo-V♡
marin

先端がポルチオやGスポットを刺激するための突起形状になっていて、
さらに360度回転するツインバイブ!
自由自在に膣内で動かせるから、ポルチオイキを体感できちゃいます♡

>>ポルチオイキ専用バイブの詳しい説明はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

ラヴィンみや

セックスとメンタルについて発信するラブコラムニスト。 テーマは「わかちあうセックス」 セックスでお互いの愛や命を分かち合うことを何よりも愛する。 セックスが全てではない。けれどセックスは本音を混じり合わせること。 メンタル、自己啓発、スピリチュアルなどを学び 絵と言葉で自分を、世界を、生きることをカタチにしている。