不倫をやめたい!不倫から抜け出せない女性たちへ

From:平井ちひろ

 

人を好きになることはとても素晴らしいことです。

ですが現代では、婚姻している人との恋愛は咎められるもの。

不倫している人にとっては、それはわかっていてもどうしようもないからこそ、今があるのでしょう。

もうすでに家庭がある人だとわかってはいても止められない想いがある方。

独身だと思っていて後から家庭があるとわかってしまったけれど、後戻りできない。

そんな不倫関係をやめたいのに、なかなかやめられなくて悩んでいる人たちへ、不倫を卒業する方法をご提案します!

 

【自分の時間を楽しむ】

 

不倫の場合、彼から「ごめん、今日は子どもが熱を出したから会えなくなった。」「家族で出掛けるから休日は会えない。」と言われることは珍しくないはず。

その度に「うん、大丈夫だよ。」と彼の負担にならないようにしている方が大半だと思います。

彼ともっと一緒にいたいけど、その想いを押し殺して、会えないときは彼のことばかり考えている。

それって、すごくもったいないことをしています!

 

彼に振り回されている間は、あなたではなく彼に主導権があります。

そのため、相手のペースに飲まれやすいのです。

 

彼が急に時間ができるかもしれないから、予定を空けて待ってみたりしているよりも、「あなたのやってみたいこと」をしている方がキラキラ輝きます。

何か習い事を始めてみたり、最近疎遠になっていた友だちと飲みに出掛けてみたり、あなたの時間を楽しんでください。

あなたが笑顔で楽しんでいれば、その笑顔につられるように周りに人が寄って来るようになり、いい循環が生まれますよ。

 

【自己肯定感を高める】

 

不倫をしてしまうタイプはいくつかありますが、「自己肯定感が低い」ということも一因です。

自己肯定感が低いと、「他人に必要とされている」かどうかがいろんな物事の捉え方の根本にあります。

他人に必要とされることで、「私はここにいてもいいんだ」と思えるからです。

自己肯定感を高めるということは、「ありのままの自分を認めること」

少し前に流行ったアニメでもありましたね、「ありのままの自分を好きになって♪」というフレーズのある歌が。

ありのままの自分を認めてあげることで、誰かに認めてもらえないとここに居られないという気持ちがなくなります。

 

まずは、今のありのままの自分を認めてあげること。

料理が出来なかったとしても、料理が出来ない自分はダメなんだ、と思うのではなく、今は料理が苦手でもいいじゃない、と料理が苦手な自分を認めてあげることが大切です。

自分の短所もそれでもいいじゃない、と受け入れてあげることが、自己肯定感を高めるためには大切です。

自己肯定感が高い人は、精神的に落ち着き、安定していたり、落ち込むことがあっても切り替えが早かったりします。

そんな人の周りには、やはりいい出会いが巡って来やすいです。

自己肯定感を高めることで新しい出会いを見つけてみましょう。

 

▼関連記事

ありのままの私を愛してもらう方法

 

【相手と会う時間を減らしていく】

 

会っていないときには「もう不倫は終わりにしよう」と思っていても、一度会ってしまえばそんな決意も崩れてしまうことはよくあることです。

相手にほだされてしまったり、やっぱりまだ好きなんだと思ってしまったり。

会って気持ちが逆戻りしてしまうなら、会わない環境に身を置きましょう。

一つ目にも書いたように、自分の時間を楽しむために習い事をすれば、その練習をしたいから会えない、と相手の誘いを断ることができます。

会わない時間があっても、案外平気なんだなと思うことができれば、もうあなたの気持ちは安定してきていますよ。

 

未来のある不倫というのは、限りなくゼロに近いものです。

あなたは、誰かの2番目に甘んじていい女性ではありません。

1番になり、大切にされるべき女性です。

そのためには、まずあなたが、この不倫の恋にさよならを告げましょう。

大丈夫です、あなたの未来はきっと明るいものになりますよ!

 

▼関連記事

彼の本命になれない!二番手女子の特徴

 

photo by mateus,

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

イマドキ草食系男子の本能をくすぐるカンタンな3つの方法

あの人気アイドルから有名女優も!?枕営業している女性タレントの実名暴露!

どうしても無理…彼を傷つけずに、フェラをやんわり断る方法。

お願い、彼氏になって!社内恋愛でのアプローチ方法

ABOUTこの記事をかいた人

平井ちひろ

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。