挿入した瞬間、彼に「もうイキそう…」と言わせるテク♡

From:山口恵理香

 

本番に向けお互いのエンジンがかかってきたら、いよいよ「挿入」。

カラダの相性がいいと、彼はおそらく挿入した瞬間に早くもノックアウトしそうになるでしょう。

それほど、あなたとのセックスが激しく楽しんでいる証拠でもあります。

挿入した瞬間から最高潮を迎えられたら、お互いの絆をより確認できるはず♡

 

そこで今回は、挿入した瞬間に男性がイキそうになるようなテクニックをご紹介いたします。

 

明るい場所でカラダをみせる

 

セックスに慣れていない、あるいは明るい場所で自分のカラダを見せるのが恥ずかしい女性にとっては、あからさまに照明が当たっている場所で挿入するのはさすがに恥ずかしいですよね。

常にお手入れを終えておきたいところですが、そこまで時間や費用をかけられない方も多いはず。

 

しかし、彼からしてみれば、あなたのカラダを見ながら挿入するからこそ最高に興奮するんです。

自分の大切な場所とあなたとのカラダが繋がる瞬間をはっきりと目で確認できれば、彼はもう興奮が止まらずに、早くも

完全ノックアウトの可能性も!?

 

▼関連記事

間接照明×バック=最強エロ!くっきりクビレで彼を勃たせよう

 

女優になったつもりで声も出す

 

セックスをしている間は、どう声を出せばいいのか分からない方もいらっしゃるでしょう。

いわゆる「あえぎ声」は、回数を重ねて、コツを掴めるものです。

もしくは、そういった専門のビデオや動画をみることで、どれくらいまで声を出していいのかが分かるはず。

 

最初は恥ずかしいかもしれませんが、あえぎ声もセックスの一部。

彼は、カラダからも耳からも感じて、集中しているのです。

この際、女優になったつもりで声もどんどん出していきましょう。

 

ただし、あまりにも声をだしすぎると、今度は彼が集中できなくなります。

「騒音」にならない程度に、あえぎ声を出しましょう。

 

▼関連記事

大きいあえぎ声はNG!彼が本当は嫌がってるエッチ中の行動5つ

 

彼の首に腕をかける

 

挿入時に意外と男性が興奮するのが、彼の首に腕を回すこと。

彼からしてみると、腕を回されることで追い詰められている感がでて、興奮スイッチが発動するのかも。

腕を回したら、さりげなく彼の髪をくしゃくしゃっとしてあげると、より彼はあなたに対して、積極的に攻めてくるでしょう。

 

首に限らず、背中やお尻彼の背後に腕を回せば、最高なセックスへと繋がっていくはずです。

 

ふっと耳に息をかける

 

彼が無事に挿入を終えたら、タイミングを見つつ、彼の耳にそっと息をかけてみましょう。

 

セックスの最中は、お互いに感度が鋭くなり、外からの刺激に敏感になります。

全身で感じているときを狙って、ふっと息をかけば、彼はますます心地いい状態になってくるはず。

息を吹きかけるのが難しければ、耳にそっと手を添えるだけでも、どきっとするでしょう。

セックスそのものに集中しすぎないように、たまには、小技を披露してみてください。

 

息だけでは物足りないなら「大好き」「愛している」など、言葉で愛情表現をするのも、お互いにとって質のいいセックスになります。

常に受け身では、体位もなにもかもがマンネリになってしまうため、彼の気持ちも聞きながら、新しいテクニックの開発に努めましょう♡

 

 

いかがでしたか?

 

挿入した瞬間に彼が「もうヤバい!」と言っているなら、それだけ、あなたと彼のリズムが合っている証拠。

挿入時の感覚が最高だと、彼は1回きりではなく、何度もあなたとセックスしたくてお誘いしてくるでしょう。

少し工夫するだけで、彼のエンジンをかけることができます。

 

きっと、ちゃんと二人で協力しながら工夫をすれば、セックスすることにもマンネリを感じなくなります。

毎回、新たな技を披露するつもりで、日頃からテクを習得しておくと、ますます最高なベッドタイムになりますよ♡

彼のためにも、たまにはまったく別の角度から攻めてみてくださいね!

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

実は私…「痔主」なんです!痔のときってSEXしても大丈夫!?

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

【リクエストコラム】腹筋を頑張ってもくびれはできない!【始めました】

イケないカラダを改善!○○を制するものはセックスを制す…?!

女はモテてなんぼ♡男をムラムラさせるテクニックはコレで決まり!

ABOUTこの記事をかいた人

山口恵理香

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。