【デリケートゾーンの悩み】あそこのビラビラが気になるときの対処法

記事提供:ラブリサーチ

 

女性のデリケートゾーンにはお悩みが付き物。

しかし、ほとんどの人が周囲には相談できずに、ひとりで悩んでいるケースが多いようです。

 

自分で形や色が気に入らなかったり、男性からの心ない一言によってトラウマになってしまうこともあるでしょう。

 

そんな女性を悩ませがちなデリケートゾーンについて、どんな悩みを抱えている人が多いのでしょうか?

 

今回は、ラブリサーチが調査したアンケート『自分のデリケートゾーンで一番“自信がない部分”』をもとに、よくあるデリケートゾーンの悩みとその対処法を見ていきましょう。

 


【女性に質問】自分のデリケートゾーンで一番「自信がない部分」は?

回答時期:2013.02.01〜2013.02.08|211名が回答

 

①アンダーヘア …31.3%

②色 …26.5%

③形 …15.2%

④締まり 13.3…%

⑤感度・濡れやすさ 9.5…%

⑥その他 4.2…%

 

デリケートゾーンについて、女性が最も悩んでいるのが“アンダーヘア”。

 

毛のある・ないや濃い・薄い、さらには形まで幅広い悩みを持たれがちなアンダーヘアは、定期的に自分で処理をしたり、脱毛サロンに通ったりと大変なことも多いですよね。

 

それに次いで選んだ人が多かったのが、“色”と“形”です。

その中でもコメントで特に目立ったのが、“小陰唇”の形や大きさのお悩みについてでした。

 

女性の大事な部分を守ってくれている小陰唇ですが、歳を重ねるごとに大きくなったり、色が黒ずんてきたり、とても気になる場所ですよね。

 

そこで今回は、小陰唇のトラブル、特にビラビラが大きくて困る“小陰唇肥大”と上手に付き合う方法についてご紹介します。

 

悩み1:下着からビラビラがはみ出す

 

小陰唇の形や大きさは人それぞれ。

ふっくらとした大陰唇に隠れて見えない場合もあれば、ビラビラが外に出ている人もいます。

 

小陰唇は左右対称ではなく、成長とともに色素沈着して黒ずんでくるのが一般的です。

もちろん、小陰唇が大きいからといって、その機能自体には何の問題もありません。

 

しかし、他人と見比べる機会が少ない分、「自分の小陰唇はおかしいのではないか……」と思い悩む女性も少なくないようです。

 

悩みとして多いのは、ビラビラが下着からはみ出すこと。

小陰唇が伸びていると、セックスや温泉に入るときにどうしても気になるものですよね。

 

他人に見られるのが恥ずかしい場合は、応急処置として事前にお手洗いなどではみだした小陰唇を下着の中に押し入れてください。

下着を脱いでしまえば、ほとんど陰毛に隠れてしまうのでさほど気にならないはずです。

 

また、ボクサーパンツやふんどしパンツなど、Iゾーンの締め付けが少ない下着を選ぶと快適に過ごせます。

 

最近は女性用にデザインされた可愛い下着もたくさん出ているので、自分にあったものを見つけてみてくださいね。

 

悩み2:ポジションが悪いと落ち着かない

 

小陰唇がはみだしていることで、椅子に座ったときや階段の上り下りをした後に違和感を覚える人もいるようです。

 

下着が食い込んだときと同じように、小陰唇のおさまりが悪いとそわそわしてしまうもの。

とはいえ、人前ではうかつに直せないですよね。

 

外出先であれば、お手洗いで直すのが無難でしょう。

小陰唇を指先で軽くつまんで、伸ばしたり押しこんだりしながら、下着の中でフィットするポジションを探してみてください。

 

どうしてもトイレに行けないときは、洋服を整えるフリをして直したり、脚を組むなどして座り方を変えましょう。

とにかくどうにかちょうどいいポジションを探すしかないので、さりげなく位置の調整をしてみてください。

 

悩み3:ビラビラが擦れて痛くなる

 

自転車に乗るときや運動をするときに、小陰唇が擦れることで痛みを感じる人もいます。

ひどいときは歩くことでさえつらい人もいるようです。

 

ここまでくると、一度専門の医師に相談してみたほうがいいです。

しかし、中には恥ずかしさから通院せずに解決したいという方もいますよね。

 

そんなときは、締め付けのきつい洋服を避けることで、多少なりとも痛みを軽減することができます。

ぴたっとしたジーンズやレギンスを履くと、デリケートゾーンが締め付けられて痛みを感じやすくなります。

 

>>デリケートゾーンのお悩みを専門の医師に相談する

 

また、通気性が悪い洋服は、小陰唇が蒸れてかゆみや炎症の原因にもつながるため、肌の弱い人にはおすすめしません。

 

長時間椅子に座るときや運動をするときは、肌触りのいい下着やガウチョパンツなどのゆったりとした洋服を選ぶと快適に過ごせるでしょう。

 

 

人の顔と同じように、小陰唇の形も十人十色です。

 

「人より大きい気がする」

「ビラビラが大きくて不快」

 

と必要以上に心配する女性もいるでしょう。

ですが、元々小陰唇は膣や尿道を守るための器官なので、成長過程でヒダが伸びたり、色素沈着が起こるのは普通のことです。

 

心ない男性の言葉に流されたり、「大きいから恥ずかしい」と自信をなくす必要はありません。

あまり深刻になりすぎずに“個性”として受け入られるようにしましょう。

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

リアルな下ネタをどうかわす?どう乗ってく?初心者なあなたに送る対処法☆☆

女性待望!!生理で憂鬱な日もナプキン・タンポンいらずで過ごせる!?

お風呂でエッチするとイケるようになる!?とろける快感をどうぞ♡

男性が好きなフェラチオNo.1!“裏筋舐め”で彼を虜にする方法♡

 

デリケートゾーンの黒ずみには…

濃厚もっちり泡が黒ずみのもとをしっかり吸着!
つるんと赤ちゃんみたいなデリケートゾーンを目指せます♡
彼に見られても怖くない!

>>愛肌ソープを詳細はコチラ