セックスカウンセラー上原凛子が告ぐ!フェラ、アナルの極上テク♡

性の専門家インタビュー企画・第二弾!

今回は「性と愛を結ぶ」総合アドバイザー、上原凛子さんです!

上原さんの活動内容と、読者の皆様からのセックスに関するお悩みへの回答をお届けします!

 

★登場人物

上原(敬称略)
コイスルカラダスタッフ・ももこ

性をオープンに語ることが私の使命

ももこ:本日はよろしくお願いします!

 

上原:お願いします(^^)

 

ももこ:現在の活動内容を大まかに教えてください。

 

上原:はい!私は、「性と愛を結ぶ」をテーマに、性に関する総合アドバイザーとして活動しています。

 

ももこ:性に関する総合アドバイザーの活動って何をしているんでしょうか?

 

上原:10年以上の風俗嬢をしていたキャリアと、結婚・離婚・未婚での出産を経て2人の子を持つシングルマザーという経験、そして栄養士という資格を活かし、男女の恋愛心理やセックスのノウハウを教えています。

また、性ホルモンに特化した美容栄養指導をそれぞれ「R30メソッド」と称し、30代〜の男女をターゲットにお伝えしています。

 

ももこ:R30メソッド!ってカッコイイですね。

 

上原:本当ですか?ありがとうございます♪

私の活動拠点は地方で、子供を持つ母という立場なため、なかなか全国を駆けることが難しく、現在は電子書籍の発刊やブログ、その他ウェブサイトでのコラム執筆をメインでやっています。

ご希望の方には可能な限りで対面式、もしくはメールや電話でのチャット形式でカウンセリングを行っています。

 

ももこ:チャット形式のカウンセリングは魅力的ですね!

すぐに不安なことを聞いて返信をもらえるのは心強いです!

 

上原:ありがとうございます(^^)

特にセックスについてのカウンセリングでは、みなさんにとても好評をいただいています♪

愛と性を結ぶセックスとは、男女が心と体を交わらせること。

それは大変尊く、神聖な行為だと考えます。

しかし、今は不倫やリサイクルセックスなど、ただ寂しさを埋めるためだけのツールとしてセックスを行っているカップルが多いことは否めず、彼(彼女)らは気持ちよりもテクニックやサイズを気にしていると思うんです。

それってすごく違和感があって…。

 

ももこ:たしかに、違和感あるかも…。

 

上原:また、今ってDVやストーカーなど、歪んだ愛情表現も問題視されていますよね。

そんな苦しく悲しい恋愛を続けることに、何の意味もないと思うんです…。

そのような悩みを抱えている人が多いのに、日本は愛や性についての話題を実に閉鎖的に扱っているように思います。

愛する人を愛でるノウハウが曖昧だからこそ、パートナーへの不満が生じたり、自分に自信が持てなくなってしまったりしているのじゃないかなぁって。

 

ももこ:ノウハウが曖昧だから、セックスを心から楽しめていないということですね?

 

上原:そうです!

私は長年の風俗という業界で、体一貫、男女の性について学んでいました。

世間では卑下されがちな業種ですが、それを誇りに、性をオープンに語ることが私の使命だと思いセックスカウンセラーとして日々ご相談者さんの声を聞き、セックスのノウハウを教えたりアドバイスをしています(^^)

 

ももこ:ちなみに、上原さんは風俗嬢プロデュースもされてるそうですね?

 

上原:はい!風俗嬢プロデュースもしていますよ♪

風俗という業界に対する世間の評価は、やはりあまり良くありません…。

恐らく、”体を安売りする売春婦”のようにお思いの方が多いのではないでしょうか?

しかし、風俗で働く女性は「男性に見られることと魅せることを意識する」ことで美しくなりますし、「男性に求められ愛される」ことで女としての喜びを知ることができます。

とても素敵なお仕事だと思いませんか???

 

ももこ:女としての喜びを知ることができる風俗のお仕事ってとっても素敵ですね。

 

上原:そうなんです!とっても素敵な仕事なんです。

そして「男性を虜にできるSEXテクニック」を実践することで学べますし、それらが女性の最大の武器になることを、私は知っています。

女の性を楽しみながら稼げる仕事が風俗なんです。

しかし、実際に高収入を成功させているのは、ほんの一握りかもしれません…。

 

ももこ:え!?一握りなんですか?

 

風俗嬢は簡単に稼げない?

上原:実際は、性サービスをするから稼げるのではなく、女性としての魅力があってこその勝者なのです。

 

ももこ:女性としての魅力をUPさせなければ、風俗嬢になっても生き残れないんですね…!!!

風俗嬢になるのって意外と難しいんだ…(. .)

 

上原:ももこさん、難しくするかしないかは、考え方次第なんです!

風俗嬢として成功させるために、私は「R30高収入メソッド」というのを考えまして、風俗で働く女性が効率良く稼げるようにノウハウを教えています。

 

ももこ:すごい!上原さんに相談すれば、風俗嬢で稼げる方法が分かるんですね!

 

上原:まずはご自身の魅力(価値)を見出すセルフプロデュースをお手伝いし、出勤スタイルやブログなどでのアピール方法、接客ノウハウをアドバイスします。

また、お仕事には必ず悩みやストレスがつきものですし、多くの現役風俗嬢が抱えているセカンドキャリアの相談も受け付けています。

ご相談は随時受け付けていますので、自身のメンタルケアにご活用いただけると思いますよ。

 

ももこ:風俗嬢として活躍したい人は、とても嬉しい内容ですね。

 

上原:風俗というお仕事は、女性に美しさとお金といった裏切ることのない財産をもたらしてくれます。

この出会いを機に、風俗への負のイメージが一掃されましたら嬉しいです(^^)

あとは、性ホルモン特化型栄養指導も行っているのですが…

 

ももこ:性ホルモン特化型栄養指導!?

 

上原:女性が1ヶ月に1度迎える月経のサイクルは全て女性ホルモンが司ってます。

妊娠しやすい体を作ったり、妊娠から出産までの間母体を守ったりしてくれるのも女性ホルモンです。

女性ホルモンって実は、美容に大きく影響するって知ってましたか?

 

ももこ:私最近生理が遅れてたんですが、そのとき吹き出物が出て肌がすごい荒れてしまって…。

女性ホルモンが安定していたら、肌荒れの心配もなくなるということですよね?

 

上原:そうです!!

女性ホルモンは、自律神経のバランスを整えたり、女性らしい体つきを維持したり、皮膚の潤いや弾力を守ります。

そして個人差はありますが、30代の頃に女性は性成熟期を迎え、その後女性ホルモンの分泌は減りだし、40〜50歳頃に更年期を迎えます。

歳を重ねると、更年期障害と呼ばれる不調を訴える方も少なくありません。

つまり女性は一生女性ホルモンに支配されているのです。

 

ももこ:支配されてるのか!私たちは…!(驚)

 

上原:そこで私は、「R30性ホルモンメソッド」というものも立ち上げ、女性ホルモンに着目し、女性ホルモンを蓄え、30代以降も元気に若々しくいられるよう栄養士が食事指導をしています。

そして、男性も男性ホルモンと呼ばれるテストステロンの減少が勃起不全(ED)といった性機能障害の原因の1つと言われいるので、食事療法を取り入れるケースも多いです。

 

ももこ:男性に対しても指導されているんですね。

 

上原:パートナーの不調にお悩みであれば、合わせてアドバイスいたしますので、いつでもご相談くださいね。

 

ももこ:ありがとうございます♪

それにしても上原さんは、様々な視点から性について学ばれていて本当にすごいですね!

感動しました!

 

上原:そんな風に言っていただけてとても嬉しいです~♪

実は、私が現在の事業を志したときに、女性の起業を支援する企業様から紹介されてフェイシャルエステを取得いたしました。

ですので、フェイシャルエステでお肌を綺麗にして、さらに「R30性ホルモンメソッド」を駆使して内側・外側どちらも輝けるようにサポートしています。

近隣にお住いの方であればご自宅へ出張し「Remm式美肌蘇生法」のお手当てをさせていただいてますので、ももこさんも機会があれば受けてみてくださいね。

 

今の活動をしようと思ったキッカケ

ももこ:ありがとうございます!

是非受けさせてくださいね。

上原さんって今の活動をしようと思ったとき、何かキッカケや、原点となる出来事というのがあったりしたんですか?

 

上原:ありましたよ(^^)

20歳から始めた風俗は、私にたくさんの出会いと経験をさせてくださいました。

それは楽しかったこと、嬉しかったことばかりではありません…。

裏切りもありましたし、心が崩壊するほどの辛く苦しい思い出もあります。

それでも、お仕事に行けば、誰かが私を求めてくれて愛してくれる。

そうすることで、私の承認欲求が満たされていたのです。

その間に、私は授かり婚をし出産、離婚してから、未婚で二人目を出産いたしました。

 

ももこ:めちゃくちゃハードな経験をされていたのですね…。

 

上原:そうですね…。

男女の恋愛で言えば、男性に依存したり、DVにあったり、ストーカーされたり…。

この波乱万丈の人生は、元々、私自身の心の弱さが原因だと受け止めております。

しかし、これほどの経験があったからこそ、人の悲しみも苦しみも分かります。

「人の醜さこそ人間らしさ」だと思っています。

何よりも、一人の人を愛する強さこそが、女性が幸せになれる生き方だと思うんです!!

それに気づけたから、ブレない志を今持てるほど強くなれました。

 

ももこ:すごい!!

自分の弱さと向き合いながら、成長されていったのですね。

上原さんがおっしゃる「人の醜さこそ人間らしさ」というお言葉、とても深い意味がありますね。

 

上原:あれから、もう10年。

風俗の現場でやり残したことがなくなった私は、ネクストステージに何をしようかと考えたとき、これまで裸一貫で走り続けてきた生き様を伝えていきたい!

と思うようになりました。

たとえ反面教師と思われても構いから、愛と性へ悩みを抱えている人様へお教えしたいと思ったんです。

性をオープンに話すことが、私の使命だと思い、今日まで歩んできました(^^)

 

ももこ:自分の経験を今度は発信していきたいと行動する姿、とても尊敬します!

 

上原:まだまだ、世の中に発信していきたいことがあるので、頑張って活動していきたいと思っています。

 

セックスカウンセラー上原さんのお悩み解決コーナー

ももこ:そうだ、今日は読者さんからセックスの悩みを12こご用意したのですが、お答えいただけますか?

 

上原:12個もあるんですね!

私が分かる範囲であれば、喜んで回答いたします。

 

ももこ:ありがとうございます!

はじめのお悩みは【セックスレス(特に彼がセックスに前向きになってくれない)の女性が多く、おすすめの解決策はありますか?】

というものなんですが、上原さんの意見が聞きたいです。

 

上原:そうですね…

男性がセックスに前向きになってくれない場合、無理やりしようとしても勃起しなかったり、ただ挿入して射精するだけの事務的なものになってしまったりする可能性があります。

そんなセックスをしても、女性側は余計虚しくなってしまうものです。

まずは男性がその気になるようなアプローチを考えましょう。

つまり新しい刺激を与えるのです。

セックスレスの原因の1つにマンネリ化があります。

料理と一緒ですね。

 

ももこ:料理ですか!

 

上原:はい、たとえ同じ食材でも、調理法や調味次第で飽きを防止することはできます。

そういった気を使えず、彼をとがめるようなことは絶対にしてはいけません。

浮気や風俗遊びのリスクを高めてしまうだけなんです。

 

ももこ:へー!!

 

上原:しばらくデートらしいデートをしていないのなら、付き合い始めの頃を思い出して、手をつないで何処かに出かけるだけでも効果的ですよ。

同棲してお互いが空気のような存在になってしまっているなら、まずは外で待ち合わせてみましょう。

もちろん、とびっきりのオシャレを忘れずに。

とにかく新鮮さを取り戻すのが第一です♪

また、普段着ないようなセクシーランジェリーをつけてみたり、コスプレしたりするもオススメですね。

非日常的なシチュエーションに男性は欲情しちゃうんです。

妄想が男性の性欲を刺激するのは間違いありません。

もしそれが恥ずかしいのなら、就寝時にわざとアイマスクをして眠るのもいいかもしれませんね。

彼の隠れた願望をくすぐるかもしれません♡

 

ももこ:就寝時にわざとアイマスクっていやらしいですね♡

今度私もやろうっと。

 

上原:ぜひ(^^)

またAVほどあからさまなものではなくて良いので、少し濡場の多いDVDを一緒に鑑賞してみるのもおすすめですよ!

ももこさんは彼と一緒にAV観たことありますか?

 

ももこ:はい、観たことあります!(笑)

 

上原:彼の反応はどうでしたか?

 

ももこ:結構興奮してたかも…AVと同じようなプレイをしようって言われたことありますね。

 

上原:そうなんですね♪

男性は視覚的興奮を得やすいので、おもわず「その気」になることもあるので、マンネリをストップすることができますよ。

ただ、注意していただきたいのは、女性の方からガッツいてはいけません。

男性はプレッシャーを感じ、余計煩わしくなってしまいます。

さりげなくセクシー要素を取り入れて、パートナーの本能を揺るがしましょう。

 

ももこ:わかりました!

女性からガッツかないのがポイントなんですね。

それでは、次のお悩みですが【セックスアピールをいやらしくない方法で行いたい場合はどんな風にしたらいいのでしょうか?】

ということなんですが…

 

上原:なるほど、そういうときはまずは彼の隣にちょこんと座り、そっと寄り添ってみましょう。

そこから可愛らしくフレンチキスをして、彼の様子を伺います。

もし満更でもなさそうならば、そこから少しずつディープキスに移行してみてください。

エロいキスが出来れば、彼もセックスを意識し始めるはずです。

だってセックスはキスから始まるものでしょう?

 

ももこ:そうですね(/ω\)

ちなみにエロいキスってどうすればできるようになりますか?

 

上原:エロいキスというのは、濃厚に舌を絡めるというよりも、唾液の分泌を激しくして体液を交えるのがいいと思います!

プラスして、吐息を交えながらいやらしくするほど、性的興奮は高まりますよ。

それに唇は性感帯の1つですから、彼も気持ちいいはずです。

そこから、自然とベッドへの流れが出来るので…

勇気を出して、淫らになってみてください。

その他のボディタッチよりも、キスはセックスアピールに絶大な効果が発揮されますよ。

激しく強くというよりも、濃いアピールを心がけてみてください。

 

ももこ:キスが一番のセックスアピールになるんですね!

キスが上手になるように、私も頑張らなくっちゃ!

あと、【今日セックスをしたくないときに彼を傷つけずに伝える方法はありますか?】

というお悩みもあるんですが…

 

上原:そうですね、「したくない」と思っているのに彼に気を使ってセックスに付き合うと、セックスへの関心だけでなく、彼への愛情も冷めてしまう危険性があります。

心を交わす行為を一方通行の状態ですることはオススメしません。

かといって、セックス自体をはっきり拒絶してしまえば、やはり男性は傷つくでしょう。

もしかしたら不機嫌になってしまうかもしれません。

 

ももこ:私も断るとき結構相手に気を使ってしまうので、悩んでました…。

 

上原:そんなときは”自分の気持ち”ではなく、”体の不調”を理由にするのが1番です。

「仕事で疲れている」「生理前のホルモンバランスの影響」などを上手に使ってみてはいかがでしょうか。

男性は短絡思考の傾向があるので、症状を具体的に伝えてあげることがポイントです。

特に生理云々に関しては、女性にしか分からないもの。

きちんと丁寧に説明してあげましょう。

さっきまで元気だったのにベッドに入った途端に具合が悪い!?

そんな風に不自然になってしまいそうな場合は、”彼やセックスには関係のない”悩みを理由にしましょう。

会社の人間関係や両親のことなど。

その深刻さが伝われば、彼はセックスに盛っていた自分を幼稚に思い、きっと真剣に話を聞いてくれますよ。

 

ももこ:すごく良いことを聞きました!

相手を傷つけることなくとてもいい理由ですね。

 

上原:でも、万が一!

体調不良や悩みを相談しても、性欲を優先したり、不機嫌になってしまったりするようなパートナーであれば、その時点で関係を考え直したほうがいいかもしれませんね…。

快楽よりもあなたへの愛を大切にできないのであれば、一緒にいる意味はないでしょう?

 

「気持ちよくない」を「気持ちいい」に変える方法

ももこ:そうですよね。

自分の性欲だけを考える男の人と恋愛しても、傷つくだけですもんね。

あとこんなお悩みもあります。

【セックスが気持ちよくない場合、どうやって気持ちよくさせればよいのでしょう?】

という質問もあるのですが…

 

上原:そうですね、気持ちよくなりたいと思えば思うほど、気は焦り体が緊張してしまいます。

ですので、女性がオーガズムを得るには、リラックスすることが大切です。

快楽よりも、愛する人と一つになれた幸福感を味わってみましょう。

そう思うことで彼の仕草や、ペニスの感触が愛おしく感じられるようになるはずです♡

そして刺激をリアルに受け入れられるようになります。

すると不思議と、気持ち良さが分かるようになってくるんです。

 

ももこ:自然と気持ちよくなってくるという感覚ですか?

 

上原:そうですね。

気持ちよくなろうとするのではなく、彼の愛を感じるように努めてみてください。

いえ、努力する必要はありません!

セックスは心と体を交える神聖な行為なので…その意味が分かれば、自ずと快感を得られるようになるはずです。

 

ももこ:考えずただ感じる。

意外とできているようでできてなかった気がします。

もう一つ、フェラのことで悩んでいる方がいらっしゃるのですが…

【フェラがなかなか上手くできません。男を骨抜きにするフェラの方法はありますか?】

これについて何かアドバイスはありますか?

 

上原:フェラチオのテクニックとして私の経験上、大概の男性が感動してくださったのが玉舐めです。

 

ももこ:玉舐め!!!(笑)

 

上原:はい(笑)玉舐めです(^^)

舌を思いっきり伸ばし、アナル付近からペニスの付け根にかけて丁寧に舐めたり、口に含んで転がしたりしてみてください。

そこからサオまで上り詰め、裏筋を丁寧に力強く舐め上げます。

下は柔らかいので、多少強く刺激しても痛がられることはほぼありません。

このとき!男性はあなたがフェラチオしている姿をしっかりと見ることができます。

美味しそうにしゃぶる様子で、彼の視覚的興奮はMAX です。

ここまでで彼の脳もペニスも爆発寸前。

すぐにイかせるのではなく、男性への前戯も重要なので、ゆっくり丁寧に味わってあげましょう。

 

ももこ:今まで私玉舐めを丁寧にやったことなかったんで、今度やってみようと思います。

 

上原:玉舐めはとっても効果的ですよ♪

玉舐めでペニスがいい感じになってきたら、いよいよ最も敏感な性感帯である亀頭を攻めます。

チロチロと小刻みに刺激してみましょう。

尿道への刺激は賛否分かれますので、相手の反応を見ながら行います。

くすぐったがる人は結構いますので注意してくださいね。

そこから第二の性感帯であるカリの部分へ移ります。

亀頭を口にくわえながら、舌先でクルクルと舐めまわしてみてください。

 

ももこ:例えるとどんな感じで舐めればいいでしょうか?

 

上原:飴を舐める感覚に近いかも!

十分に舐めまわしたあとは、ソフトタッチから始めて、徐々に激しくしごいていきます。

上下へのスクロールも交えながら、複数の性感帯を同時に刺激すると効果的ですよ。

同時にサオへの刺激で手を使ってもいいのですが、手のサポートを好まない男性もいますので、なるべく口で奉仕してあげましょう。

どうしても疲れてしまったり、イキにくかったりしたときにそっと添える程度で十分だと思います。

 

ももこ:とっても具体的で分かりやすいです!

ありがとうございます。

 

上原:あと、ローションを使うのもいいですよ。

手の摩擦が緩和され、なめらかな滑りが得られるので、男性は非常に気持ちいいようです。

ただし口に含むと少し不快に感じる女性もいます。

でも無理はしないようにしてくださいね。

 

ももこ:何人もの人をフェラしてきたからこそのテクニックですよね!

今夜早速試してみないと!(笑)

 

上原:風俗嬢時代には不特定多数の男性のペニスを拝見し、触れてきました。

強めじゃ無いと感じないという人もいれば、同じ程度の強さで痛いと言われたこともあります。

フェラをするときは、個人差があることを念頭に置いてください。

あらゆるテクニックを試し、ペニスの状態をよく観察してみてください。

ペニスは非常に正直な生き物なんですよ。

 

ももこ:正直な生き物(笑)

でも本当にペニスの気持ちになることが、気持ちよくフェラをする醍醐味なのかもしれませんね。

他にも風俗で培ったテクニックがあれば一つ伝授してほしいのですが…!

 

上原:私が長年居座ったデリヘルは、基本的にベッドでの擬似セックスなので、普通のセックスとあまり変わりありません。

キスやフェラチオといった基本プレイは、恋人にするときよりも濃厚かつ丁寧にします。

お客様の要望は可能な限り受け入れて、応えます。

そういった心のおもてなしがデリヘル嬢のテクニックだと思います(^^)

 

ももこ:心のおもてなしかぁ。

 

上原:ちょっと腑に落ちていませんね?

 

ももこ:いえいえ、そんなことは…(笑)

 

風俗嬢特有のテクニック

上原:色々私も考えたのですが、風俗嬢特有のテクニックとは?と思いついたのがソープのお姉さんたちでした。

ソープのサービスならば、ボディ洗いやマットがあります。

彼を椅子に座らせて、目一杯泡立てたボディソープを体にまとい、それをこすり付けるように男性の体を洗います。

女性の体は女性ホルモンの影響で柔らかくできています。

その感触がとても気持ち良いそうです。

またマットはローションを多量に使うので、ご自宅でのセックスには不向きですが、ボディ洗い同様、女性の柔らかい体を使って全身を愛撫するので気持ち良いそうです。

男性の全身を愛撫しますから、性感帯も自ずと刺激し、彼の感度は高まりますし、彼の知らなかった性感帯を発見できるかもしれないのでおすすめします♪

 

ももこ:おー!!

自分のカラダでボディを洗ってあげるっていいですね!!

 

上原:結構マニアックなワザなので、「なんで、こんなこと出来るの!?」と彼に疑われてしまうかもしれませんが(笑)

お風呂上りに、タオルで体を拭いてあげるくらいの方が自然で喜ばれるかもしれませんね。

風俗嬢のサービスはよく「老人介護」「子育て」などと例えられます。

傾聴し、全てを受け入れ、ご奉仕する気持ちを大切にするのが、風俗嬢のサービスだからそう言われているようです。

 

ももこ:傾聴し、ご奉仕する。

とっても尽くすお仕事ですね。

風俗嬢のお仕事は、尊いお仕事だなと改めて思えました。

読者の方が、【オナニーではイケるのに、彼氏とヤッてもいけません。イクコツを教えてほしいです!】

ということなんですが…イクコツってありますか?

 

上原:いい質問ですね!

わたしもオナニーでクリトリスを刺激すればイケるのに、セックスではイッタふりをすることを長年続けていました。

もっとこうして欲しいと言えず、頑張らせても申し訳ないなと遠慮していたのです。

でも、黙って誤魔化している優しさこそが、パートナーへの裏切りだと知りました。

 

ももこ:私もそういう経験何度もありましたが、確かに裏切り行為かもしれません。

 

上原:そうそう。

申し訳ないなというのは偽善的であり、きちんと「こうして欲しい」と伝えることこそが本当の愛だと思いますよ。

男性もその方が嬉しいはず。

オナニーでイケるのならば、不感症ではありませんし、性感帯はしっかり開発されているのです。

恥ずかしさもあるとは思いますが、彼としっかり話し合って、気持ち良い愛撫をしてもらってはいかがでしょうか?

多少大変でも、自分が本気でイク姿を見れば、彼もきっと嬉しいはずです。

 

ももこ:そうですよね。

彼ときちんと話しあって気持ちいい愛撫をしてた方がお互いのためになりますもんね。

 

上原:あとは、バイブやローターといったオモチャを導入してみるのも一つの手ですよ。

でも、男性からしたら自分の手やペニスで感じて欲しいと思うかもしれません。

自尊心を傷つけないためにも、まずは話し合うことをオススメします(^^)

 

ももこ:話し合いは必要ですよね。

バイブやローターを使ってみるというのもいいかもしれませんね。

上原さん、【風俗に行く男性の気持ちがわかりません。教えてください。】

というお悩みに対してはどうすればいいでしょうか…

 

上原:そうですね…そのように悩む女性は多いですよね。

でも、風俗は浮気よりも良心的な女遊びだと私は思っています。

素人に手を出すくらいなら、お金を払って後腐れなく遊んでくればいいのではないでしょうか。

どっぷり溺れてしまうのは論外ですけどね…。

 

ももこ:確かに割り切って遊んでくれてるならいいのかも…。

風俗に通う男性の共通点とかあったりするんですか?

 

上原:うーん…風俗のお客様の特徴としては、寂しがり屋な方が多いように思います!

基本的に風俗嬢はお客様を拒みません。

どんなことでも笑顔で受け入れますから、男性側も安心して裸の自分をさらけ出せるのでしょう。

だから「癒された」とお客様はよく言います。

また彼女や奥様には言えないようなセックス願望を叶えに来る方もいます。

本命の女性にはカミングアウトできない性癖を、風俗嬢で満たそうとするのです。

しかし、特殊な性癖は本当に愛している人だからこそ嫌われたくなくて言えないもの。

それも1つの愛の形ではないでしょうか。

パートナーの女性からしたら「言ってくれればいいのに!!」と怒りたくなるかもしれませんが、それだけ男性は以外と弱虫さんなのです。

 

ももこ:男性って結構弱虫なんですね~。

カミングアウトできない性癖をあえて隠しているのも、愛なのかもしれませんね。

 

上原:そうそう、愛です。

あるお客様は「本命を家庭のご飯 風俗嬢を外食」と例えられました。

毎日食べていると飽きてくるので、たまには違うものも食べたくなるようですね。

それでも素人に手を出したらリスクは高いですからね。

だから、私たちで済ませているというだけのこと。

でも、やはり居心地がよくホッとするのは家庭のご飯。

私たちと比較することで、大切な存在を再認識するという方もいます。

 

ももこ:大切な存在かどうか確認するんですね。

 

上原:結局のところ、男性の寂しさや弱さや不器用さが風俗で満たされているのではないでしょうか。

もしどうしても風俗に行ってほしくないと思うのであれば、彼の全てを受け入れる覚悟で色々お話を聞いてあげてみてください。

実はまだ打ち明けられていない性の要望を彼が抱えているのかもしれませんので。

 

妊活トラブルを解決するには?

ももこ:そういう場合もあるんですね!!

男性の弱いところも受け止めてあげることが大切なのか~(しみじみ)

【結婚して5年、妊活をしていますが子供ができません。子作りにぴったりのオススメセックスはありますか?】

という質問もいただいているんですが、アドバイスってありますか?

 

上原:そうですね、セックスの体位ややり方が、妊娠の可能性に影響するとは私は思いません。

やはり、女性の排卵期前後にセックスすることが重要ですね。

ご自身の生理サイクルを把握することは、ホルモンバランスの管理を含めて女性にとっては大切。

今は携帯のアプリも充実していますので、そちらを活用して是非生理サイクルの管理を始めてみてください!

また市販の排卵日チェッカーを利用するのも一つの手です。

ただしコストが…。

 

ももこ:かかりますよね。

 

上原:そうですね…せっかく使っても、排卵日でなければ意味がありませんので…

やはり、生理サイクルの管理をして、排卵日の可能性が高い日にチェックしてみるのがいいと思います!

最近は、不妊治療に積極的に取り組まられてるご夫婦も多数いらっしゃいますよね。

女性は高齢になる程、妊娠・出産のリスクが高まるので、事が深刻のようでしたら、ご主人様と一度相談して、受診してもいいのかなと思います(^^)

 

ももこ:不妊の問題って今結構深刻ですよね。

でも悩むより、適切な対処をするために病院へ行かれてみるのも大切なことですよね。

あと、【彼氏が中折れをよくします。私の体に魅力がないからでしょうか?それとも彼の体が変なのでしょうか?】

という質問も来ているのですが…

 

上原:こちらも結構不妊トラブルで抱えるお悩みですよね。

勃起不全(ED)は男性ホルモンの減少や、過去のトラウマ、生活習慣などが原因で起こると言われています。

それは決してあなたに魅力がないのではなく、彼がオカシイのでもなく、人が老いていく過程において経験や体の変化から起こる生理現象だと私は思います。

お互いに中折れの事実を問題にとらえていらっしゃるのであれば、専門医を受診することをおすすめしますが…

それもきっと彼にプレッシャーを与えてしまうかもしれませんね。

 

ももこ:プレッシャー。男の人は弱いな…(笑)

 

上原:ナイーブなんですよ。

そんなときは、まずは彼に男の自信を取り戻させてあげるのがいいかも。

彼を愛し、例え中折れしても彼を許すことが大切です。

それを継続することで、彼も徐々に過去のトラウマから解放されていく気がします。

 

ももこ:彼に寄り添いながら、EDと向き合っていかないとなんですね。

 

上原:そうですね、またアルコールの過剰摂取や、喫煙習慣もEDを誘発しますのでご注意を!

そういった生活習慣の改善と、男性ホルモンに効果の高い食事を心がけてください。

ファストフードを控え、タンパク質豊富なお食事に加えて、亜鉛やビタミンB6を多く含む食事が効果的です。

バイアグラなどのお薬は、どうしても勃たない真性のED患者様には即効性があり効果も間違いありませんが、動悸を感じたり、頭痛を伴ったりしますので、「少し調子が悪いな」程度の勃起不全であれば、おすすめしません。

 

ももこ:安易にバイアグラって使ってはいけないんですね。

 

上原:はい、薬で勃起を促してセックスしても、案外女性側は嬉しくないですしね。

ちなみに、中折れは決して女性側に魅力がないからではありません。

どんなに魅力的な女性を前にしても勃たないものは勃ちません。

決して焦らずに!です。

挿入だけがセックスではないですし、よく話し合って、2人のセックスのあり方と未来を考えてみるのもいいと思います。

 

アナルセックスを気持ちよくする方法

ももこ:セックスについて2人で話し合うって大切なことですよね。

【彼氏にアナルセックスをしたい!とよく言われますが、やり方が分からないので断っています。アナルセックスは気持ちいいのでしょうか?】

こんな質問もきているのですが…

 

上原:アナルですね…!

アナルセックスの経験がない女性は、アナルを刺激をされても気持ち良いと感じることはほぼ無いかと思います。

私の友人は、初めてアナルを触れられたときはすごく気持ちが良かったけれど、いざ挿入となったら激痛に耐えられなかったと言っていました。

よっぽどのM体質で無い限り、痛みを伴いながらも気持ち良さを感じることはないと思います。

 

ももこ:アナルって感じずらい場所なんですね!

 

上原:感じずらいです。

ただアナルセックスで女性が猛烈に感じているAVだったり、アナルセックスが物凄く気持ち良いと書かれていたりするコラムをよく目にします。

そういった作品が、大きな誤解を招いている気がしますね。

そして背徳感から、アナルセックスに興味を持つ男性は多いようですが…。

もし、アナルセックスで気持ちよくなりたいと思うなら、まず長期戦を覚悟してください!

そしてアナルセックスの醍醐味を知る前に、正しいやり方こそ学ぶべきです。

 

ももこ:おー!正しいやり方ってどういう方法でしょうか?

 

上原:流れとしては、まず指で少しずつアナルを慣らしていき、女性の緊張が解けた頃に、挿入にチャレンジします。

ただ、この方法必ずしも成功するとは限りません。

女性のアナルがかたければ入りませんし、そこで無理にやってしまえば激痛からのトラウマが生じます。

試行錯誤しているうちに男性側が萎えてきてしまうかもしれません。

お互いの信頼関係の元、何度も挑戦し、まずは挿入を成功させましょう。

そこからアナルセックスの経験を積めば、いずれアナルが開発されて性感帯の1つになり、気持ちよく感じるようになられるかもしれません。

 

ももこ:なるほど!アナル開発には時間がかかるのですね。

痛いのが先にきちゃうと確かにトラウマになりそう…!

アナル以外で他にフェラについてのお悩みも来ていまして、

【フェラが大好きです。もっとテクニックを磨きたいと思っているのでアドバイスが欲しいです。】

とうことなんですが…

 

上原:基本のフェラチオのテクニックをお持ちであれば、あとはシチュエーションでスパイスを効かせるのがオススメです!

 

ももこ:シチュエーションでスパイス!?!?

 

上原:どういうものかというと、ソープのサービスの一つである「潜望鏡」は、お風呂の浴槽の中で男性の腰を浮かせてフェラチオするプレイです。

ベッドの上でするのとは違い、しゃぶる様がよく見えるので男性は興奮します。

また普段と異なる場所なので、新鮮さも加わり、男性は喜びますよ。

 

ももこ:そんなテク初めてききました!

私もマネしちゃおー!

 

上原:あとは、「イラマチオ」仁王立ちした男性の前に膝をつき、フェラチをするのもひとつです。

男性が腰を動かしてピストンすることも出来るので、支配感が高まり興奮しますよ。

ただし、思いっきり押し込まれたりして嗚咽を覚え涙が出るほどに辛いこともあるので、無理は禁物です。

それと、「お掃除フェラ」は射精したペニスをティッシュなどで拭かずに、口で綺麗にしてあげるテクもありますね。

男の自尊心は高まり、支配感が満たされます。

究極のご奉仕といったところでしょうか(^^)

 

ももこ:確かに究極のご奉仕はお掃除フェラかもしれませんね!

 

上原:全て無理をしてやらなくていいですが、テクニックとしてこのようなものがあるので参考にしてほしいなと思います。

 

今後のチャレンジ・野望を教えてください!

夢を叶えたいチャレンジしたいメッセージ

ももこ:上原さんは今後やってみたいことってありますか?

 

上原:あります!

これからもコラムや書籍を執筆して、日本中に「愛と性を結ぶ」ことの尊さを伝えていきたいですね!!

そして多くの女性とコミュニケーションを交わし、私だけの経験や考えだけでなく、たくさんの意見を取り入れながら、女性の幸せを考えていけるカウンセラーへと成長していきたいと思っています(^^)

 

ももこ:すでに、たくさんのことを習得されていると思いますが、更に成長していきたいんですね!

向上心にあふれていてとても素晴らしいです!

 

上原:ありがとうございます。

あとは、風俗業界で頑張る女性をサポートしていき、風俗のサービスの質と世間のイメージの向上につながる活動を展開していきたいと思っています。

そして全てのR30世代の女性が、生涯、恋でときめき、愛されることで美しく、幸せなセックスで満たされるように 活動の幅を広げていきたいと思います。

 

ももこ:素敵な夢が聞けました!

ありがとうございます。

最後に、読者へのメッセージをお願いできますか?

 

上原:はい!

セックスは快楽のためにするのではなく、愛する人と結ばれる喜びを感じるためにすることです。

本当に幸せなことだと思います。

是非、その喜びを知られるように、積極的に相談したり調べたりして悩みは解決し、パートナーと話し合って、2人だけの特別なセックスを見つけてください。

人を愛すること、愛する人とセックスをしたいと思う気持ちは、決して恥ずかしいものではありません。

むしろ、胸を張ってください。

あなたが「愛と性を結ぶ」ことの出来る未来を心より応援しております(^^)

 

ももこ:とても愛のこもったメッセージをいただきありがとうございます!

上原さんのテーマでもある「愛と性を結ぶ」が私たちのココロに響きました♪

今回貴重なお時間いただきありがとうございました。

 

 

上原 凛子 (uehara rinko)

セックスカウンセラー/フードルプロデューサー/エステティシャン/栄養士/ライター

1984年生まれ。学生時代ナイトワーク及びアダルトビジネスへ飛び込む。ナイトワークではスナック・キャバクラに在籍。風俗ではデリバリーヘルスをメインに、妊婦・母乳・SMなど、幅広いジャンルで活動する。その傍ら、AVプロダクションを設立し、モデルスカウト・メーカー営業・マネージメントを担当。現在は引退し、フードル育成に努める。

オフィシャルサイトはこちら

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

レス、ED、中折れ…子宮サロンオーナーに解決法を聞いてみた

クンニの伝道師・クンニクマンが教える、クンニでイケるようになるコツ

性欲の強くない彼氏が風俗に行く理由

たった5分で彼をイカせる!とっておきのフェラ&手コキテク

濡れないときにローションを使うのはNG!余計濡れなくなるので注意