切なくて苦しい彼氏とのセックスレス…ラブラブなあの頃に戻るには?

From:山口恵理香

 

付き合ったばかりの頃は、お互いに性欲も強く、一日に三回以上することも……。

ただ繋がっているだけで安心できたし、これだけ何回もセックスをするなんて私たちだけだわ、と幸せな気持ちにもなれていたはず。

 

しかし、半年を経つ頃には回数も大幅に減少し、気がついたときにはほぼ0の状態に。

セックスレスになってしまった二人の関係を自分の責任だと思い込んでいませんか?

今回は、切なくて苦しいセックスレスの対処法についてご紹介します。

 

お誘いしながら、彼の様子を見る

 

彼とセックスレスになっているのは、もしかしたら誘わないだけで、それなりに着飾ってお誘いをしたら、そのまま理想の流れになる可能性もあります。

ただし、彼があきらかに疲れているときに誘っても、彼は応じてはくれないでしょう。

たとえば彼が土日休みの場合、金曜日はチャンス!

仕事から解放されて、あなたとも外でデートをした帰りなら、彼も狼になってくれるかも。

最初のうちは、何回かお誘いしつつ、それでも彼がまったく変わらないなら、別の作戦を考える必要がありそう!

 

彼が忙しいなら、しばらく放置

 

あきらかに仕事で忙しく、どう見ても彼に余裕がない場合、今は何もせず、温かく見守るのが一番です。

落ち着くまで、しばらく放置して、様子を見ます。

仕事が落ち着いてくると、妙に優しくなったり、テンションがハイになったりと、意外と男性は分かりやすい生物。

 

「もしかしたら、仕事が落ち着いてきたのかな?」と思えるなら、改めて彼をベッドにお誘いしてみましょう。

彼も心の余裕があれば、セックスを楽しみたいと思っているはず。

 

仕事に終わりが見えてくれば、愛しい人を抱きたいと思うのは当たり前です。

彼が落ち着くまでは、お肌をキレイにしたり、下着を新調したりと、自分磨きに徹すること。

きっと、かつてのように妖艶な一時を過ごせるようになるから大丈夫!

 

彼に原因を聞いてみる

 

セックスレスは二人にとって、とても繊細な問題。

相手のタイプによっては、わざわざ話し合うことでもないと嫌がる場合も。

しかしお付き合いしている以上、これから先もずっとセックスをせずに付き合い続けるのは限度があります。

 

彼はともかく、女性側がセックスを重視しているなら、なおさら、なぜセックスレスになってしまったのか不安になるでしょう。

まずは彼に原因を聞いてみて、何が問題なのかを二人で話し合ってみて。

 

もしかしたら、体の相性というよりも、精神的に疲れているだけかもしれません。

彼を責めるような口調ではなく、あくまでも優しく子どもを諭すように、疑問に思っていることをぶつけてみて。

外ではなく二人だけの空間なら、彼も喋りやすいかも♡

 

単純に欲がない人もいる

 

セックスレス問題は、社会的な問題になりつつあります。

男女ともにセックスへの強い関心があまりないというのは、よく聞く話。

男性=性欲が強い、というのは勝手な思い込みで、なかには彼女と付き合っていても、そこまで頻繁にセックスしたいとは思わない人もいます。

 

決して彼女が嫌いになったから、とか、やり方に問題があるわけではなく、性欲がそこまで出てこないだけ……。

性欲の強弱だけは、彼女という立場でも変えられません。

 

彼があまり性欲をもてないときに「セックスしたい」と頼み込むのも、それはそれで彼にとって強いストレスになりかねません。

セックスレスが長期化し、なおかつ、現状に納得できない場合は、最終的には本格的な話し合いが必要です。

彼をとるか、セックスをしてくれる新しい彼を探すか、二択に迫られることもあるかも。

 

好きな人が側にいてくれるから、セックスをしたい。

それは恋する女子なら、誰もが思うこと。

側にいても繋がってもらえないのは、少し悲しい。

 

これからも彼と歩幅を合わせて前に進めるように、セックスレスが常態化する前に、彼と真剣に話し合って♡

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

ポイントはたったの2つ!付き合う前のデート、彼のここを見よ!!

今日はHしたくない!ってときに使える彼を傷つけない断り文句7選

女性がAVを見るとモテる!!~男女観の違い~

もう我慢の限界!彼がセックスしてくれないときの対処法

 

【ポルチオイキ専用】nemo-V♡
marin

先端がポルチオやGスポットを刺激するための突起形状になっていて、
さらに360度回転するツインバイブ!
自由自在に膣内で動かせるから、ポルチオイキを体感できちゃいます♡

>>ポルチオイキ専用バイブの詳しい説明はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

山口恵理香

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。