夜這い村で起こった悲劇!戦前の日本を震撼させた「津山三十人殺し」

From:DENNY喜多川

 

戦前の日本を震撼させた、「津山三十人殺し」という事件がある。

岡山県を舞台に、都井睦夫という青年が、一晩で集落の住人のほとんどを虐殺し、自殺したという惨劇だ。

 

この事件は、映画化もされた横溝正史の小説『八つ墓村』のモチーフとなったことでも知られている。

だが、実はこの惨劇の影に、戦前の夜這い文化と、ムラ文化があったことはあまり知られていない。

惨劇の主は、都井睦夫という男…

 

都井睦夫は1917(大正6)年3月5日、現在の津山市に生まれた。

幼くして父母を亡くして祖母に引き取られ、6歳のときに、惨劇の舞台である貝尾集落に引っ越す。

 

睦夫は頭は良かったが、祖母に上の学校への進学を反対されて断念した。

しかも、尋常高等小学校を卒業後、肋膜炎を患って農作業を禁止され、日々を無為に送るようになる。

つまり、今で言うニートだ。

 

現代のニートはSNSで時間を過ごすが、睦夫は小説を書き、近所の子供たちに読み聞かせることで日々を過ごした。

だが、現代のニートと一番異なるのは、集落に夜這い文化が息づいていたことである。

残っていた夜這い文化

 

江戸時代には一般的だった農村の夜這い文化は、明治に入って家父長制が法律で施行されると、次第に失われていった。

しかし、中国地方では、比較的遅くまで夜這い文化が残った。

 

この貝尾集落もそういった場所の1つである。

 

現代のニートなら、エロゲをやりながらオナホで抜くのが精一杯であるが、そこでは「若い男性」であると言うだけで、性の対象であった。

 

その村の夜這いが、未婚女性のみに認められたものか、既婚で子持ち、あるいは未亡人に認められたものか、もっとフリーダムなものであったのかは定かではない。

とにかく、睦夫がセックスに不自由しなかったことだけは確かである。

共同体からの阻害

 

しかし、その状況が一変する出来事あった。

睦夫は徴兵検査に不合格となったのだ。理由は結核であった。

 

こうなると、集落の女たちの態度は一変する。

 

「えー、マジ? 徴兵検査に不合格?」

「夜這いが許されるのは、甲種合格だけだよねー」

「キャハハー、マジキモーイ!」

 

みたいなやり取りがあったかどうかは定かではないが、睦夫は一転して、女たちからまったく相手にされなくなった。

 

もともと引き籠もりがちであった睦夫は、そうなるとさらに引き籠もることになる。

童貞も辛いが、セックスの味を知っているのにできないのもまた辛い。

恨みを胸に…睦夫・大改造!

 

ここから事態が映画『タクシー・ドライバー』化しはじめる。睦夫は、集落の女たちすべてに対する復讐を決意したのである!

 

まず、睦夫は、肉体改造に乗り出した。

高価な栄養剤やトレーニング用具を取り寄せ、日々をひたすら肉体改造に過ごしたのである。

 

幸い睦夫の祖母は小金持ちで、睦夫は金の心配なく肉体改造を続けた。

いつしか結核も完治し、睦夫は強靭な肉体を手に入れたのである!

決行準備

 

筆者は、これは悲劇だと思う。

もはや睦夫は超人となった(どのくらい超人かは、彼の殺戮スコアを見ればわかる)のであるから、あらためて軍に志願すればよかった。

 

軍人となれば、彼を蔑んだ女たちも彼を見直し、再びセックスを手に入れることができたかもしれない。

しかし彼は、当初の計画に固執した。

 

祖母の財産は肉体改造で使い果たしてしまったので、自宅や土地を抵当に入れて現金を作り、猟銃を手に入れたのである。

猟銃のみならず日本刀などの凶器を準備する姿を見て、さすがに祖母も「これはヤバイ」と気がつき、警察に通報する。

 

凶器一式は押収され、猟銃免許も取り上げられるが、睦夫の執念は消えず、再度猟銃や日本刀を手に入れ、決行に備えた。

 

そして、1938(昭和13)年5月21日未明、ついにその時が来た。

そして、歴史的な“大虐殺”が起こった…

 

睦夫は一時の激情に任せて大暴れするタイプではなかった。

だが、結果的にそれがこの悲劇の規模を大きくした。

 

睦夫はまず、電話線と送電線を切断、集落を停電させる。

しかし、戦前の日本では停電は珍しくなかったので、怪しむ者はいなかった。

 

詰め襟の学生服に、軍用のゲートルと地下足袋を身につけ、頭にはハチマキを巻いて、小型の懐中電灯を2本、鬼の角のように結わえ付けた。

 

首からは自転車用のナショナルランプを提げ、腰には日本刀一振りと、匕首二振りを付けて、手には改造猟銃を持った。

まるで、『タクシー・ドライバー』のデ・ニーロさながらにキメキメのスタイルである。

 

睦夫はまず、同居の祖母の首を自宅の斧ではねて即死させ、それから集落全体の虐殺をはじめた。

死者28名、重傷5名(うち2人はすぐに死亡)。

 

凄惨過ぎる虐殺の中で、ある女中に猟銃を突きつけながらも、

 

「お前はわしの悪口を言わんじゃったから、堪えてやるけんの」

 

と見逃したのが、心に残る。

大虐殺を終えて…睦夫の最期

 

1時間半におよぶ大虐殺を終えた睦夫は、隣の集落の顔見知りの家を訪れ、遺書用の鉛筆と紙を借りた。

 

去り際に子供に

 

「うんと勉強してえらくなれよ」

 

と声をかけたのが、睦夫の最後の会話であった。

 

睦夫は長文の遺書を遺し、猟銃で自らの心臓を撃ち抜いて自殺した

 

睦夫は重点殺害対象であった、特に睦夫を馬鹿にした女性を取り逃がしており、

 

「うつべきをうたずうたいでもよいものをうった」

 

と、遺書に後悔の言葉を遺している。

まとめ

 

「実際弱いのにはこりた、今度は強い強い人に生まれてこよう」

 

遺書に遺された言葉からは、「一人前の男性として扱われないこと」に対する、強烈なプレッシャーが見え隠れする。

戦前の日本を支配したマッチョイズム、夜這いはその強化装置だったのかもしれない。

 

セックス(の欠落)は、ときに男性を大量殺人にまで駆り立てる。

しかし、男性が悪いのでも、もちろん女性が悪いのでもなく、セックス(あるいはパートナー)の欠落を人格の欠落とみなす、文化こそが悪なのである。

 

現代でも、秋葉原連続殺傷事件が起きた。

日本の文化は、まだこの悪を矯正し得ていない。

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

「すぐイキそう、ちょっと待って!」彼がやみつきになるアソコの作り方♡

SEXはスポーツですか?いえ違います。

実際にあった“夜這い文化”…!戦前日本には驚きの性事情が!?

カレが途中で萎えちゃったときの対処法

えっ、そんな時に?彼が「エッチしたい…」と思う意外なタイミング

ABOUTこの記事をかいた人

DENNY喜多川

iOSアプリ「セックスの日本史」著者。「歴史は夜作られる」すなわち、セックスこそが歴史を作ってきた、との信念に基づき、研究を続ける歴史研究者。「知っているか?人間のペニスにカリがあるのは、他のオスの精子を掻き出すためだ!」