なぜ彼女がいるのに男性は風俗へ行くの?【小説★風俗嬢のリアル】

From:藤村綾

どうも、エロライターの藤村綾です。
わたしは風俗のお仕事を約20年ほどして参りました。

現在は引退をしていますが、風俗で出会った男性客はきっと一万人以上だと思います。

今回は、一般の女性が一番気になるどうして男性は彼女がいるのに風俗へ行くのかを書いていきますね!

元風俗嬢の目線で、男性の気持ちを丸裸にしていきたいと思います。
男性の心理を少しでも理解をしていただけたら幸いです。

【1話】彼女は白飯・風俗嬢は天津飯

「俺さ、さっきまで彼女といたんだよね〜」

お客さんはとても若い青年だった。
え?未成年じゃないよね?あたしは再度訊ねる。

「えっと、未成年じゃないですよね?まさか」

え?俺?お客さんは、そんなにわかく見えるかい?と、満更嫌そうでもなく肩をすくめた。

「ええ、見えるから言っているのよ。でも、さっきまで彼女といたのに、どうしてまた風俗嬢を呼んだの?

ホテルは年齢に見合っている安普請なホテルだ。
青年は23歳だとゆった。

安いホテルでも許せるから若さって素晴らしいって思う。
青年は頭を掻きながら、こう説明をした。

「彼女は大好きだよ。会えばセックスもするけれどね、風俗はまた別物なんだよね〜。
風俗嬢との話も楽しいし、もちろん、フェラだって楽しみだしで、なんたって、俺がマグロでいいだろ?

お金を払っているのは俺だし、浮気でもなんでもない。
強いてゆえば、ギャンブルとなんらさ、変わりはないんだよね〜」

青年は語尾をのばしつつ饒舌に口を動かした。
性を吐き出しにくるお客さんだけではない。

実際、奥さん・彼女がいるのになんの罪悪感もなく風俗嬢を呼ぶ
そうしてお金を払い精子と愚痴を吐き出し平然とした真顔で帰ってゆく。

とあるお客さんがゆっていた。

「白飯ばっかりだと飽きるだろ?たまには天津飯を食べたいじゃないか?おお?」

おお?あまりにも力説に感心をするものだからあたしはとても納得をして頷いた。
比喩がとても素晴らしかった。

男性の中での風俗の立ち位置は【キャンブル】に過ぎない。

▼関連記事
セックスレスを風俗で発散する30代の実情

秘密にするのは最低限の礼儀

彼女や奥さんに内緒にしているのは後ろめたさなどではない。
最低限の礼儀なのだ。

女性と男性の脳内は全く違う機能でできている。
男性はその昔から種をばら撒く生き物で、女性は種を育てる土台の土。

土台は決して動かない。
愛しい男の種を得るためだけにひっそりと稼働をしている。

男性は種をばら撒きたいので、彼女がいるのにたくさんの女を知りたくなる
それは古代からの自然の摂理なのだ。

なかなか女性はそれを、男性の性を理解できかねる部分がある。

どうして、あたしがいるのに風俗に行くのよ!
彼女に風俗通いがバレてしまい別れる、別れない、の話にまでなったなんてことも多々聞いた。

男性の性欲の貪欲さは女性にはきっとわからない。

私も女だがたくさんの男性を見てきたので男性の気持ちは存外わかっている部分はあるが、そんな女はそうそういないし、好きな男に対してはなかなかそう寛容にはなれない。

男性は浮気をしたいワケではない

「精子は出ても出なくてもいいんだよ。舐めてくれる?」

「え?出なくてもいいの?」

精子を出すのがあたしの使命なのでその物言いに首をかしげた。

「うん、だって、さっき出したもの」

「ふーん」

本当に風俗と彼女を割り切っている感じがした。
青年は臆さずに自分のしてほしいことを利害なき風俗嬢の私に命令をする。

いいのだ。
それで。

だって風俗嬢なのだから。

彼女がいるのに男性が風俗に通うのは、浮気をしたいわけでもなんでもない。

ただの遊び。
ギャンブルなのだ。

彼氏の風俗通いをやめさせたい。
旦那が風俗嬢に夢中だ。

なんてことを耳にしたことがあるが、いいじゃないのって思う。

お金が介在をしているし、風俗に行ったことなんてホテルから出た瞬間に忘れるもの。

▼関連記事
風俗は浮気ではない!

彼女がいるのに風俗へ行くそれはひとつの愛。

心はうちに。
カラダは外に。

風俗とゆう場所には絶対に心は置いてはいかない。
その青年はうっとりと目を閉じている。

たまにはマグロになりたいときもあるのだから。
心地よい室内の温度はまるで春の陽気に似ている。

あたしは、わりとデカイ若い棹をチュパチュパと音をたてて舐めまくった。

この先は次回につづく・・・♡

 

この記事が気に入ったら、コイスルカラダのFacebookページに「いいね!」お願いします♡

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

風俗に行く彼氏。一体何してるの?

彼氏が風俗に行って、性病を移された

営業職には風俗がつきもの。付き合いなので仕方ありません。

結婚しても風俗はやめられない

生理が来ない不安にさよなら♡コンドーム無しでも避妊できる方法