朝にセックスをする5つのメリット♡いいことだらけで幸せな時間を!


From:あおはる

大好きな彼とのコミュニケーションでとても大切なのがセックス

セックスは夜にするものと決まっているわけではないてすが……
やっぱり平日のデートは学校や仕事が終わってからだと、だいたいが夜になってから愛し合うことになってしまいます。

休日のデートも昼間はお出かけすることが多いし、なんとなくセックスは夜にするものというイメージが強いですよねぇ…

ですが!!
実は、セックスは朝した方がいいことがたくさんあることを知っていますか??

今回は、朝にセックスをするべき5つのメリットをご紹介しますね♡

1.彼が長持ち♡

実は、男性ホルモンであるテストステロンという物質の値が、1日のうちで一番高いのが朝なんです!
もっと簡単に言ってしまえば、男性は朝が一番ムラムラするし、朝勃ちもしてるし、セックス力も高い

夜だったら「疲れたから…」と断るか、サッパリ終わってしまうスタミナ不足の彼でも、朝セックスならいつもより頑張ってくれるかもしれません♡

それに夜では食事の満腹に近い状態でセックスすることが多く、終わったあとに彼が寝てしまうリスクもありますが、朝はお腹も空っぽで動きやすいはず♩

2.誘いやすい♡

自分からセックスに誘うのはちょっと恥ずかしい…という女性もいますよね?
でも、彼がムラムラしている状態で、しかもベッドで一緒に寝ているという状況なら、自分から誘うこともそんなに難しくないはず

寝ぼけたフリをして抱きついてみたり、微笑んでみたり、愛しい感じで名前を呼んでみましょう♡

もっと大胆に誘ってみたいなら、頰っぺたにキスしてみたり、ズボンの上からナデナデしてみたりするだけで簡単にセックスに誘えちゃいます

たったこれだけで、彼の性欲を刺激して、朝から熱く愛し合う時間が過ごせますよ!

3.その日は1日ハッピー♡

セックスをすると、オキシトシンという幸せを感じるホルモンが分泌されます!
「キスをすると、痛みが軽減される」なんて言われるホルモンですね。

朝セックスをしてこのオキシトシンがたくさん分泌された状態ならば、きっとほかの日にはないようなハッピーな気持ちで1日を過ごせるはずです♡

また、オキシトシンが分泌されると、相手への愛情が深くなって親密度が高くなります。

好きな人と朝からイチャイチャして幸せいっぱいで1日のスタートをして、しかも仲も深まるなんて最高♡♡

4.風邪が引きにくくなる

実は、朝セックスすることで血液中のIgA(免疫グロブリンA)という抗体が増加します!
医学的な話で難しくなってしまいますが、簡単に言ってしまえば、とにかくセックスは免疫力アップに繋がるということ!

今の季節は風邪やインフルエンザなどの感染症が流行っていますが、セックスして(気休め程度ですが)感染予防ができたら一石二鳥ですね(*^^*)

1回・2回朝セックスしただけで免疫が上がるとは思えませんが、夜更かししてセックスするよりは、いつもより早寝早起きして朝セックスする方が体に良いのはわかりますよね!

5.余計なことを考えなくていい♡

寝起きのセックスは、まだ頭の中がシャキッとせずふわふわしたような感じがします。

普段はセックス中に

「明日のスケジュールは…」
「○時に起きて朝ご飯を…」
「早く帰らないと終電が…」

なんてお仕事してる方や主婦の方などは、いろいろなことが頭に浮かんで集中できない人もいますよね(涙)

でも、ちょっと早起きをしてセックスをすれば、余計なことを考えずに快感だけに集中することができますよ

お泊りデートのときや夫婦の朝など、ぜひ朝セックスに挑戦してみてくださいね♡

まとめ

今回は、朝セックスのメリットを5つ紹介しました(*^^*)

男性の朝勃ちを利用したり、一緒に寝ている状態だからこそセックスに誘いやすいのは、女性にとって嬉しいこと。

また、オキシトシンや免疫グロブリンAなどの医学的な根拠、幸せになれるなどの感情的な作用と、たくさんの面でメリットが魅力的です♩

実はほかにも「ほかの女性にムラっとしづらい」「早寝早起きのメリットループ」などもあります♡

ただ、「すっぴんが嫌」「口臭が気になる」「ムダ毛が…」など女性ならではの気になる点もあるのも事実(^_^;)

そんなときは、先に起きてシャワーを軽く浴びておく、歯磨きをするなどの対策をしておきましょう。
もし、それが面倒だったら、朝起きて緑茶系などお茶を飲んでから再びベッドにコソッと戻っても◎

気になることはサクッと対処して、楽しい気持ちいい朝セックスをしてみてくださいね(*^^*)

 

この記事が気に入ったら、コイスルカラダのFacebookページに「いいね!」お願いします♡

※コイスルカラダのフェイスブックページに移動します

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

ABOUTこの記事をかいた人

あおはる

子供の頃の夢だった「お嫁さん・ママになりたい」を20代前半で成し遂げた専業主婦。 のんびり気ままに子供たちを見守り育てながらも妻(女)としても意識し、時間が空けばモテ技・男女の恋愛心理学などを読み漁る。 恋愛の相談は男女ともに多数押し寄せ、優しさとときには厳しいアドバイスと指摘のアメとムチの包容力は必見!