女性にメリット大の通い婚!平安時代に学ぶセックスライフ

From:DENNY喜多川

 

さてみなさんは、平安時代くらいまでの日本では、「通い婚」(妻問婚)が一般的であったというのはご存じだろうか。

世界最古の長編小説である『源氏物語』には、通い婚の実際が描かれている。

 

今回は女性にメリットがある通い婚についてお話していこうと思う。

さっそく、現代と平安時代のセックスライフを比べていきたい。

 

結婚するかどうかはセックス後に決める!?

 

平安の上流階級の通い婚の話をしよう。

 

男女の出会いは、噂からはじまる。

噂と言っても、ほとんどの場合、意図的に流される。

噂の内容は、

「どこどこ家の何番目の姫は、たいそう美人である」

といった内容のものが多い。

この噂を、その姫の従者や家人が、イケてそうな独身男子の元に流すのである。

噂を聞きつけた男子は、姫にラブレターを書く。

 

ラブレターにはたいてい和歌や、ちょっとした贈り物が添えられる。

姫はそれを気に入ったら、やはり和歌や贈り物を添えて返事を書く。

こうしてしばらく文通が続くのだ。

 

ある程度親しくなったら、男性が昼間に女性の家に来て、簾(すだれ)越しに語り合う。

ちなみに同意なしに簾の中へ押し入りセックスをする行為は、レイプである(光源氏は何度かやってる)。

何度かこの簾越しの逢瀬を重ねた後、男性がその気になったら、夜に女性の寝室に忍び込みセックスをする。

ちなみにこれはレイプにはならない。

まあ本当にレイプの場合は、女性も大声を挙げるだろうから、家人が駆けつけるだろう。

 

男性が姫の顔をはじめて目にするのは、セックスを終えて翌朝、後夜(きぬぎぬ)の別れの時であるが、男性にとって幸いなことに、まだこの時点では結婚は成立しない。

セックスの相性を確認してから相手を決められるのは男性にとってメリットなのかもしれない。

 

結婚が成立するには、男性が三日続けて、女性の家に通う必要がある。

三日目になると、結婚の祝いの宴が開かれ、正式に結婚したものと認められる。

その後も男性は自分の家に住み、夜になると妻の家に通う。

子供が産まれても、基本的には別居婚のままであるが、男性が妻の実家で暮らすケースも少なくない。

 

妻の身分が低い場合、夫の実家に移って暮らすことも多い。

平民の場合も、出会いが庶民的になるだけで、「夫が自分の実家から妻の実家に通い、子供も妻の実家で養育する」というシステム自体は同一である。

 

▼関連記事

エロス先進国!春画大国・ニッポン

 

もし、現代に通い婚があったら・・・

 

さてこれからは、この「通い婚」の素晴らしさを力説したい。

何が素晴らしいかって?現代でもし「通い婚」が適応されたときのメリットについて語っていこう。

 

通い婚メリットその1.女性が「ワンオペ育児」から解放される

現代日本は核家族が基本で、男性は昼間働いていることが多いので、特に子供が保育園に入れるようになるまでの間、女性は一人で育児を強いられることになる。

いわゆるワンオペ育児だ。

最近は育休を取るなど、育児に協力的な「イクメン」も多いが、経験者(つまり妻の母)ほど頼もしい協力者がいようか。

『サザエさん』を見よ。稼ぎ二馬力、主婦二馬力で、ラクラクと三人の育児を(タラちゃんを保育園にも入れずに!)こなしているではないか。

 

通い婚メリットその2.男性は「托卵(らくたん)」の恐怖から解放される

 

浮気相手の子どもを夫に育てさせる「托卵女子」という存在が現代でも騒がれているが、結局のところ男性からすると、産まれた子供が本当に自分の子どもかどうかわからない。

DNA鑑定が発達したとは言え、そもそも「鑑定して」と言い出すこと自体が、夫婦の絆に亀裂を入れる。

その点通い婚なら男性は、

「どうせ自分の子どもかどうかわからない」

とあきらめもつく。

どうせ養育は妻方の実家がするのだから、不信を感じるなら養育に援助をしなければいいだけである。

これを積極的に利用して、女性が複数の男性とセックスをして子どもを持つことも可能だ(法律的なあれこれはこの際考えない)。

極論、「こっちの人と結婚したいけど、遺伝子はこっちのイケメンから欲しい」

みたいなワガママも叶えることができてしまう。

夫が可哀想? 当然、夫も複数の妻の元に通いセックスをしているのでフェアなのだ。

これからの通い婚は、男女同権である。

 

通い婚メリットその3.遺産相続で(現代日本ほど)揉めなくなる

 

その家(母方の実家)で産まれた子供は、基本死ぬまでその家で暮らすので、財産分与とか、遺産相続とかを(現代日本ほどには)考える必要がなくなる。

財産を巡って親族が血肉の争いをしなくてよくなるのだ。

 

通い婚メリットその4.独立して新しい家を作る自由もある

 

平安時代はムリでも、これからの通い婚は、「毒親」対策も考えねばならない。

実親と折り合いの悪い男女が、ムリして実家に留まる必要はない。

新しい家を作ってそこで暮らせばいいのだ。

その場合1~3の恩恵は受けられなくなるが、仲のいい友達とシェアハウスすれば、ワンオペ育児からは解放される。

 

これからのライフスタイルは柔軟に行くべきである。

セックスもより開放的に行えるだろう。

▼関連記事

実際にあった“夜這い文化”…!戦前日本には驚きの性事情が!?

 

 

通い婚のメリットはみなさまにご理解いただけただろうか?

現代に、通い婚が浸透すれば、男女のこれからのセックスライフが変わるかもしれない。

今、日本において、血縁関係にない人同士の関係を制度的に保証するシステムは、結婚しかない。

これからのライフスタイルを考えるなら、われわれはこの「関係性の貧困」から解放されなくてはならない。

同性婚や、複数のパートナーと親密な関係を持つ「ポリアモリー」(複数性愛)など、新しいライフスタイルが次々登場する中、現代日本の戸籍制度は、「貧困」と言わざるを得ない。

是非ともこの「これからの通い婚」を新たなライフスタイルとして、真剣に検討して貰いたいものである。

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

お風呂に一緒に入るのを嫌がる彼氏……かわいく誘う方法とは?

大切な人のカラダを守る♡指につけるコンドーム“フィンドム”って?

人間は本当は乱婚型!ペニスの大きさで分かる本来の結婚の在り方

もうクンニだって怖くない!彼に思いっきりぺろぺろしてもらおう♡

愛してるからこそ!?仲良しカップルほどセックスレスな理由

 

ABOUTこの記事をかいた人

DENNY喜多川

iOSアプリ「セックスの日本史」著者。「歴史は夜作られる」すなわち、セックスこそが歴史を作ってきた、との信念に基づき、研究を続ける歴史研究者。「知っているか?人間のペニスにカリがあるのは、他のオスの精子を掻き出すためだ!」