いつまでも仲良しでいたい!夫婦のセックスの悩みと解決法3選

記事提供:ラブリサーチ

 

「この人となら一生うまくやっていける!」

そう思っていたのは、いったいいつの日のことだったのでしょうか…。

 

結婚前には見えていなかったこと、長い付き合いになってからこそわかること、さまざまな悩みや問題が次から次へと降っては湧いてくる夫婦生活。

その中でも女性のココロに大きなダメージを与えるのが“セックス”のあれこれです。

 

今回は、ラブリサーチが女性を対象に行なったアンケート『夫婦間のセックスのお悩みはありますか?』をもとに、夫婦のセックスの悩みとその解決法を考えたいと思います。

 


【女性に質問】夫婦間のセックスのお悩みはありますか?

回答時期:2015.01.30〜2015.02.19|142名が回答

 

はい …83.8%

いいえ …16.2%

 

アンケートの結果、約84%にあたる人が「ある」と答えています。

この結果には思わず「そうだよねぇ…」と頷いてしまいそうです。

 

結婚後に多くの夫婦が思い悩むセックスの問題。

ここからは妻たる女性たちが今、どんなことで悩んでいるのか、またその解決法を考えてみたいと思います。

 

セックスのマンネリ化

 

セックスはするけど、毎回ベルトコンベアーに乗せられたようなルーティンセックスに飽きてしまう“マンネリ化”。

 

いつまでも出会った頃のような、情熱的なセックスが続けられたらどんなに幸せだろう、と私も思います。

 

医学的には恋もセックスも、2~3年で飽きが訪れると考えられています。

これは盲目的な感情を引き起こすPEA(フェニルエチルアミン)の分泌がなくなってしまうから。

 

▼関連記事

天然の惚れ薬“PEA”で、目指せ恋愛上級者♡

 

それを補うのは、セックスへの探究心です。

探究心の向かう先は旦那さまの性感帯でも、プレイでも、自分自身の性欲でも構いません。

セックスをさらに楽しみたいと模索し続けることがマンネリ化を防止に繋がります。

 

そのためには、セックスへのアンテナを常に立てておきましょう。

セックスに役立つ新商品をチェックしたり、女性向けのエッチ動画を視聴してみるのもいいですね。

 

男性向けのエッチなビデオでも構いませんが、人によっては「あんなプレイは気持ち悪い」と感じるので、なるべく女性向けを選んだほうが無難です。

 

そして、集めた情報は必ず旦那さまと共有してください。

1人で抱え込んでしまっては、せっかくの情報も宝の持ち腐れです。

 

奥さまがセックスの情報を知っていることそのものが、男性の独占欲を刺激するきっかけとなり、マンネリ化脱却への道も開けます。

 

また、鉄板的解決策ですが、ラブホテルへ行くなど場所を変えるのも一案です。

同じプレイでも目から飛び込んでくる情報が変わるので、いつもと違うセックスが味わえますよ。

 

セックスレス

 

夫婦間のセックスに問題はないと答えた2割の女性以外は、この問題に一度は直面すると言っても過言ではないでしょう。

女性が性について声を上げるきっかけを作った、ある意味功労者(?)とも言うべきセックスレス。

 

セックスレスは原因を一概にコレと言い切るのが難しく、それゆえに一度陥ってしまうとなかなか抜け出せないのが特徴です。

 

そのため、「自分もいつかはセックスレスになる可能性がある」と自覚し、セックスレスに陥る前に防ぐのがとても大切です。

 

それでもセックスレスに陥ってしまったとき、セックスしたいからといって、セックスに近いところを改善しても上手くいきません。

『急がば回れ』の言葉に習い、セックスから一番遠いところから改善しましょう。

 

たとえば、日常生活で旦那さまが喜ぶプチサプライズを用意し続けてください。

晩酌する旦那さまにお付き合いするとか、手作りプチデザートを作るとか、些細なことでいいのです。

 

「男友達や同僚につい自慢したくなるような、良妻」と旦那さまに思ってもらえることが、セックスレス改善への第一歩となるはずです。

 

夫にときめかない、触れられたくない

 

オーガズムを感じさせてくれる男性からは、女性は離れられなくなると言います。

 

「旦那さまにときめかない、男性として見られなくなってしまった……」

 

これはオーガズムに達しないセックスを繰り返してしまったことが、原因の1つとして考えられます。

 

しかし、夫婦生活におけるセックスは、法律でも定められている健全な夫婦の条件の1つです。

このままではセックスレスに陥ってしまうのは、そう遠い未来の話ではありません。

 

旦那さまとのセックスするチャンスが巡ってきたら、愛撫を旦那さま任せにせず、自分はどこをどう触られたら気持ちいいのか積極的に伝えましょう。

 

ワガママに感じるかもしれませんが、セックスはそもそも自分の欲求をストレートに伝える行為なので、何の問題もありません。

 

話し合っても解決するとは限らない?!

 

皆さんそれぞれに思うところがあり、モヤモヤとした悩みを抱えているのでしょう。

しかし、セックスの悩みは、それを改善すべく夫婦で話し合い、答えを出しても、解決にならないこともあるとてもやっかいな問題です。

 

セックスの問題は多かれ少なかれ、遅かれ早かれ起こるものだと予めココロの準備と対策をしておくことが、なにより大切です。

 

それでも問題を抱えてしまったら1人で悩まず、悩みを吐き出せる場所を確保するようにしてください。

悩みを吐き出しているうちに、自分で悩みを整理できるのが女性の特徴です。

 

悩みを吐き出せる相手は、あなたの悩みに同調しつつもできるだけ客観視してくれるような、冷静な視点を持つ人がベストですよ。

 

単純そうに見えて意外と根が深い“夫婦のセックス”問題。

もし、今トラブルを抱えているのであれば、まずその原因をしっかりと見極めることから始めてみてください。

 

▼関連記事

愛してるからこそ!?仲良しカップルほどセックスレスな理由

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

寝バックに不向きなペニスはある?その場合のやり方とは…

男性の職業別!狙っている男はこのスタイルでオトせ!

気持ちいいのにどうして?“濡れない”お悩み改善法

濡れないときにローションを使うのはNG!余計濡れなくなるので注意

【PR】彼ともっとラブラブになりたいなら♡

ニオイ・黒ずみゼロのデリケートゾーンで、ビキニもプールもエッチも自信満々になれちゃいます♡