彼を夢中にさせちゃう♡エッチ中に自分を可愛く見せるポイント

エッチ中は彼に可愛く見られたい!

 

From:山口 恵理香

 

彼と一緒に過ごす甘〜くて幸せなベッドタイム

せっかく2人で大切なひとときを過ごすなら、彼のために全身全霊で尽くしたいと思いますよね。

 

しかし、どこをどういう風に工夫すればいいのか分からず流されるままに応じているのでは?

 

セックスしているときだからこそ、可愛く、艶やかにみせたいですよね♡

そこで今回は、エッチ中に可愛く見せるポイントをご紹介いたします。

 

愛情表現を言葉とセットで

 

セックスをしている最中はお互いフィニッシュに向けて必死になるものです。

しかし、いくら気持ちいい状態でもなにも言葉を交わさずただ黙々とこなすのは、可愛いというよりもガツガツとした肉食女子にみえる可能性があります。

 

彼とみつめ合っているときだからこそ、普段は言えない気持ちをそのまま言葉にあらわしましょう。「ずっと一緒にいてほしい」「大好きだよ」「どこにもいかないでね」と、彼の独占欲をあおるようなフレーズは特に効果的です!

 

あえぎ声はほどほどに

 

セックスの途中で気をつけたいのは、あえぎ声です。

夢中になっていると、つい声が大きくなってしまいますが、あまりにも声が大きいと、彼の大切な部分が小さくなってしまうかもしれません。

 

あくまでも、おしとやかに彼に聞こえる範囲で声を出せばいいのです。

黙っているよりは大きい声をだしたほうがお色気モードになりますが、音量だけは気をつけましょう。

あまりにも大きすぎると、せっかくの素敵な雰囲気が台無しです。

 

▼関連記事

大きいあえぎ声はNG!彼が本当は嫌がってるエッチ中の行動5つ

 

彼の上に乗っかってウィンクする

 

セックスの前後、どちらでも構いません。

できれば終わって彼がぼ~っとしているとき、彼の上に乗って彼をよしよしと優しく包みこんであげましょう。

 

そのときに、彼に向って上目遣いのままウィンクすると、喜んでもらえるはず。

彼も自分の胸元でまったりしている彼女の姿をみれば、安心感を覚えるでしょう。

 

セックスだけ盛り上がればいいというわけではありません。

彼に可愛いと思ってもらいたいなら、前後の流れも丁寧に行いましょう♡

 

「ハグをして」は効果的♡

 

セックスが終わってしまうと、たまに心の中が空っぽになりませんか?

あまりにも幸せな時間だったからこそ、彼と離れるのがつらくなってしまいますよね。

 

セックスをしたはずなのに寂しい気持ちになったときは迷わず彼にツンツンと声をかけて、手を広げながら「ハグして♡」とお願いしてみましょう。

おそらく彼は喜んで、あなたをぎゅっと抱きしめるはずです。

 

計算高さがみえず、純粋に自分に向かって抱きしめてほしいと言っている彼女の姿をみれば、可愛いを通り越して離したくないと思うでしょう。

 

たまにはメイクをして挑む♡

 

お付き合いが長くなってくると、すっぴんのままセックスに臨む機会が多くなってくるでしょう。

しかし、彼としては、もうちょっとだけ整えてほしいと思っている可能性もあります。

 

そこで記念日や誕生日など、何か特別な日が近づいているときは、メイクをして挑んでみてはいかがでしょう?

 

メイクといっても、フルメイクではなく、すっぴん風メイクで十分。

たとえば、ベースメイクとチークとマスカラ(アイシャドウをせずに)だけでも、すっぴんよりは、可愛らしい雰囲気になります。

 

元々の眉が引っこ抜いてなければ、描き足して可愛らしい女性へと変身しましょう。

メイクをするのが面倒くさければ、サークルレンズやカラコンのように瞳を大きくするものを装着するだけでも、可愛いらしくなります。

 

 

いかがでしたか?

 

エッチ中に可愛くみせたいなら、工夫をどんどんしないと♡

きっと自分なりに工夫をしていれば、彼もあなたの努力を気づきます。

 

二人の大切なひとときがより充実するように、女磨きやテクニックのお勉強をがんばりましょう!

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

1年間セックスなしが○割以上!?現代女子のセックス事情が深刻!

風俗に行く彼氏。一体何してるの?

真夏のSEXも怖くない!24時間汗のニオイがしない秘密

お願い、察して!彼を一瞬でやる気にさせる「セックスの誘い方」

男に引かれるあえぎ声、気になる第1位は…

【ポルチオイキ専用】nemo-V♡
marin

先端がポルチオやGスポットを刺激するための突起形状になっていて、
さらに360度回転するツインバイブ!
自由自在に膣内で動かせるから、ポルチオイキを体感できちゃいます♡

>>ポルチオイキ専用バイブの詳しい説明はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

山口恵理香

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。