イクためにするべき練習法!“イケるカラダ”をつくって最高のHを♡

From:山口恵理香

 

彼とのセックスでオーガズムの境地に達すると、そこはまるで楽園のよう。

自分と相手のカラダが火照り合い、ますます激しくなります!

そんな最高なセックスをするためには、女性側も普段からイク練習をしておく必要があります。

セックスでイキたいと思っているなら、早速練習していきましょう♡

 

今回は、女性がセックスでイクためにするべき練習法をご紹介します。

 

まずは“1人エッチ”で練習!

 

最高なセックスのための準備といえば、マスターベーション!

つまり「一人エッチ」が欠かせません。

最初のうちは恥ずかしいかもしれませんが、誰も見ていない部屋でゆっくりと自分のカラダを触る行為は、意外と気持ちいい♡

クリトリスを優しく刺激してあげて、ゆっくり最高到達地点を目指していきましょう。

指だけでは物足りない場合、専用のグッズを用意して挑むのも大切です。

それでも何か足りなければ、ビデオを流しながら触ってあげると、少しずつ快感へと繋がっていくでしょう。

1人だからこそ、自分のペースで最高到達地点を目指せるのもメリットです。

 

▼関連記事

99%の女性が「AV見たことある」!読者アンケートの結果を公開★

 

ビデオをみてイメージする

 

セックスに対して、自分の理解が足りていないと思うなら、ビデオを見てしっかりとイメージをするもの大切です。

「彼とセックスをしていても、自分がどう動けばいいのか分からない」

「つい、興奮して喘ぎ声が大きくなり、彼のモノが小さくなりかけている

そんなことに悩んでいるときは、お手本をゆっくり観察しましょう。

彼が揺さぶってくれているときに女性側はどう動けばいいのか、どんな振る舞い方をすることで、お互いに最高地点まで辿り着けるのかをよく観察するのです。

気づいたことがあれば、こっそりとメモをするのもいいかも。

ほんの些細な振る舞いが、2人を気持ちよくするためのヒントだったりもしますよ。

最近の女子向けビデオは、自宅に届いても中身が分からないように配慮してくれているので、安心して注文することができます。

 

本番を妄想してみる

 

お泊まりデートや旅行が近づいてきているなら、セックスに向けてのシミュレーションが必要になります。

仕事も恋愛も、どんなときも事前に想定しておくことは大切ですよね。

いつもより時間があるなら、妄想をしながら1人エッチをしてみるのも悪くないかもしれません。

 

生理前後や排卵日前後は、突発的にセックスをしたくなるものです。

そんなときは、妄想をしながら、自分のカラダと心を楽にしてあげましょう。

 

横にこするだけも気持ちいい!?

 

1人エッチに対して抵抗がある人は、うつぶせになり上体を起こした状態で、服越しに下半身を右へ左へと横に動かしてみてください。

たとえ、服越しであっても、クリトリスが刺激され「イク」に近い感覚を覚えることができます。

あくまでも服を着たままで、直接指で触れる行為もありませんから、1人エッチよりもハードルが下がります。

1回でも試してみると、きっとハマるはず!

腰を左右に揺らしているときに、専門の本やビデオ、動画を見ると、さらに快感を覚えやすくなります。

 

精神的な繋がりを大切にする

 

事前に技術を学んでおくことも必要ですが、彼とのセックスをよりいいものに変えるためには、普段からお互いを支え合い、精神的な繋がりを重視する姿勢も大事です。

なぜなら、セックスは心の状態次第で質が変わるから!

お互いに小さな不満を抱いたままセックスをしても、やはり「イク」境地までは達することができません。

あくまでも最高到達地点を目指しているなら、常日頃から彼に対して言葉や態度でも愛情を伝え、2人の絆を深めておくのも1つのポイントなのです。

カラダの快感だけを求めすぎて、ひとりよがりのセックスにならないように気をつけましょう。

 

最高なセックスをするために、準備をするなんて女性としては完璧!

きっと彼もあなたとセックスをしていて、スキルが上がっていることを実感するはず。

ただし、いつの間にか一方的なセックスになってしまわないように、相手と歩幅を合わせながら、2人の楽園を目指しましょう♡

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

媚薬、試してみない?飲むだけでアソコがキュン!な魔法のおくすり♡

「本当はこうしてほしい!」セックス中に彼に気持ちを伝える方法

気持ちいいのにどうして?“濡れない”お悩み改善法

復縁したいなら今すぐ自分磨きを止めろ

死ぬまで男性として生きた、江戸時代の娘『たけ』 の生涯

【PR】彼ともっとラブラブになりたいなら♡

ニオイ・黒ずみゼロのデリケートゾーンで、ビキニもプールもエッチも自信満々になれちゃいます♡

ABOUTこの記事をかいた人

山口恵理香

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。