女はモテてなんぼ♡男をムラムラさせるテクニックはコレで決まり!

From:山口恵理香

 

男をムラムラさせるテクニックって気になりますよね。

しかし、見た目をよくするだけでは本物のモテる女とはいえません。

どんなにファッションやメイクが完璧でも、セクシーで男をムラムラさせる部分がなければ、男性陣を虜にすることはできません。

 

色気のある人は、何をしていても妖艶で、とにかく色っぽい!

今よりもさらにモテる女へとステップアップするためにも彼女たちの行動を真似てみましょう。

 

今回は、彼が思わずムラムラしてしまうセクシーな仕草をご紹介します。

▼関連記事

あの色を身につけるだけで、男をもてあそんじゃう小悪魔女子に変身♡


「眠くなっちゃった」と目をとろんとさせる

 

甘え上手な女性は意識しているというよりも、おそらく無意識のうちに彼らをドキッとさせているはず。

セクシーな仕草は、肌を出す、脚を出すだけではありません。

 

たとえば、一番男性がぐっとくるのは「眠くなっちゃった」と、今にも寝そうな表情を浮かべること。

目がたれ目がちになっている表情が男性からしてみると、たまらないとか…。

 

あまり意識しすぎると「この子、わざとやっている」と、ムラムラさせるテクニックがバレてしまいます。

いつもはバリバリと働いている女性が自分の目の前で甘えている姿を見たら、どんな男性も守りたくなるでしょう。

普段とのギャップの差があればあるほど、彼らはムラムラとしているはず。

 

髪をサッとかき上げる

 

かき上げヘアのパイオニア的存在といえば、中村アンさん。

彼女が髪をかき上げるテクニックは、女性から見ても、とても美しくセクシーに見えます。

 

あまりにも激しくかき上げると、わざとらしく見えてしまいますが、とてもナチュラルにサッとかき上げると、男性としては、その姿に色気を感じムラムラしてしまうのです。

 

色気を重視するのであれば、やはりショートよりもロングがおすすめ。

髪が長いだけでも、どこかミステリアスで、色っぽい雰囲気のモテ女に♡

 

ただし、髪をかき上げたときに美しく見せたいなら、日頃のお手入れを念入りに。

ボサボサの髪をかき上げても、ボロボロに見えるだけ!

 

タイトスカートを履いて、さらに脚を組む

 

男性は単純…と、よく女性同士では盛り上がりますが、決して間違った見解ではないでしょう。

特にタイトスカートのようにお尻から太ももにかけての曲線が分かるスカートは、ムラムラさせる絶好のポイント!

 

ただし、一つだけ気をつけたいのは編みタイツと組み合わせるハードなコーディネートにしないこと。

あくまでも、黒タイツを合わせて、お上品な組み合わせを意識してみて。

 

さらに色っぽく見せるためには、タイトスカートを履き、脚を組み替えてみましょう。

たったこれだけのテクニックですが、男性陣には大変好評です。

まさに「セクシー」という表現がぴったりなお姿なのです。

 

腕を組んだときに胸を当てる

 

お付き合いする前も後も、もし彼と腕を組む(横並びで歩いているときとか)機会があるなら、ぜひ腕を組むフリをしつつ、自分の胸(両方ではなく片方)をほんのちょっと前の方に出しておいて。

 

彼は冷静な顔をしていますが、腕に彼女の胸が当たっていることは分かっています!

 

パッと見ただけでは普通の顔をしていても、

心の中は大爆発寸前!

 

あなたが彼に近寄れば近寄るほど、彼の腕はふわっとやわらかい胸に包まれる形に。

モテる女になりたいなら、このムラムラさせるテクニック使えます!

今よりもちょっとだけあざとくアプローチを!

 

彼の腕に胸を当てている間は、

あくまでも単純に腕にしがみついているだけですよ~と、ナチュラルに演じ切ってください。

彼も「わざとじゃないの?」と気づいた瞬間に、キュンと胸に矢が刺さるはず。

 

いかがでしたか?色っぽい仕草=肌を出す、脚を出すと思っているなら、それはかなり時代遅れ。

男性をムラムラさせるなら、お上品だけどどこかセクシーさのある女性を演出してください。

 

ちょっとしたテクニックひとつで、二人の関係性は変わりますよ♡ぜひお試しを!

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

モテすぎ注意!誰もがあなたに話したくなる「聞き方」のポイント3つ

その努力ちょっと待った!幸せになりたいなら「モテ女子」は目指すな

「今日お持ち帰りしていいの?」とメンズに思わせる“エロ服”とは?

一番人気はパイパン?海外では常識なアンダーヘア事情

真夏のSEXも怖くない!24時間汗のニオイがしない秘密

ABOUTこの記事をかいた人

山口恵理香

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。