セフレに告白するときの注意点・効果的なテクニックとは!?

セフレに告白…彼女に昇格するには?

From:山口恵理香

今までカラダの関係だけと割り切っていても、ふとした瞬間に恋に落ちるのが男女というもの。

彼にとってはセフレでしかない状態から抜け出すためには、一体どうすればいい?

 

そもそもセフレから本命に昇格してもらえるかも分からないはずです。

そこで今回は、セフレに告白するときの注意点・効果的なテクニックをご紹介いたします。

普通のデートに誘ってみる

セフレから本命彼女へ昇格するためには準備期間が必要です。

今までずっとホテルに行くだけの関係だったなら、思いきって普通のデートに誘ってみましょう。

「たまには、どこかで普通のデートをしてみない?」と可愛く誘ってみるのです。

彼に彼女がいない限り、おそらくお誘いに応じてくれるでしょう。

 

いきなり遊園地や水族館に行くと、普段とのギャップが激しすぎるため、できれば最初はオシャレなカフェでお茶する程度でおさえておきましょう。

デートの回数を重ねるごとに、カップルらしい雰囲気になってきているなら、作戦は順調に進んでいます。

可愛らしい服装にチャレンジする

セックスだけの関係と割り切っていると、自然と服装もギャルっぽい、もしくはどこか色気を意識した服装になるのでは?

しかし、お日様が出ている時間帯からそんな恰好でデートをしていると周りからは白い目でみられるでしょう。

 

もし珍しく日中にデートすることになったら、可愛らしい服装にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

あるいは、真反対のカジュアルなファッションでイメージを覆す方法も効果的かもしれません。

 

夜の姿と昼間の姿とでギャップをみせることによって、もしかしたら彼はあなたのことをもっと知りたいと思う可能性も!?

常に色気だけを全面的に押し出さないように気をつけて!

 

▼関連記事
「男性の職業別!狙っている男はこのスタイルでオトせ!

遠まわしなアプローチをすると逆効果

本命彼女になりたくて、遠まわしにアプローチを始めていませんか?

たとえば「私がセフレじゃなくて彼女になったらどう思う?」「今、好きな人っているの?」と急に恋愛モードになった姿をみせれば、彼は警戒するでしょう。

彼もセフレから恋愛感情をもたれることに抵抗を抱く可能性があります。

 

まずはいきなり何もかも変える必要はなく、最初のうちは、友人同士としてお出かけを楽しみ、カラダの関係からカップルに近しい関係へと近づけるように、がんばってみてください♡

素直な気持ちをシンプルに伝えよう

セフレから本命彼女へと昇格するには、最終的に素直な気持ちを伝える必要があります。

正直に「カラダの関係だけではなく、あなたのことが本当に好きになりました。よかったら彼女にしてもらえませんか?」と自分の気持ちをそのまま伝えるのです。

その場で返事をもらえるとは限りません。

「しばらく時間がほしい」と言われても焦らないこと。

むしろ、それだけ考えてくれている証拠でもあるのです。

 

仮に告白したことで、セフレの関係からも卒業することになっても、告白したことを悔しがらなくていいんです。

彼としては、あくまでもセフレ同士でいたかっただけ。

そして、あなたが恋に落ちてしまっただけで、誰も悪くはありません。

ずっとセフレでいられなくていいの?

セフレから抜け出したいと思って告白するということは、もしかしたら彼との関係性そのものが解消される可能性もあるのです。

成功すれば万々歳ですが、必ずしもそうなるとは限りません。

 

もし失敗に終わったとき、彼のセフレで居続けるのか、それともあくまでも彼から卒業するのかは、決めておくべきでしょう。

一度、恋をしたままセフレでいるのも、かなりハードです。

 

いかがでしたか?

セフレから本命へとランクアップしたいなら、色気は一切封印すること。

今までとは真逆な要素(純粋な部分)をアピールしながら、少しずつカップルらしい時間を増やしていきましょう。

 

もしかしたら彼もあなたと本気で結ばれたいと思っているかも!?

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

彼氏が風俗に行くのは許すべき?

セックス以上の快感!?指オナニーのやり方

キスは何回目のデートでOK?女子から攻める場合の理想のプラン♡

やっておいて損はない!結婚、妊娠までにすべきこと4つ

ドン引きされてるかも…!?男子が意外と見ている女子の●●●

ABOUTこの記事をかいた人

山口恵理香

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。