【意外な落とし穴】「浮気しちゃった!」で大切な彼を傷つけない為に

From:大塚りの

 

彼のことは大好きだけど、つい他の人と……。

映画「昼顔」が公開になりましたね。

「不倫を美化するな」という批判もあるようですが、やっぱり濃厚なラブストーリーは気になりますよね!

(主人公が美しいのも大きいですが(笑))

 

そして、結婚はしていなくても彼がいれば、「浮気」とは決して無縁ではありません。

といっても今回は、彼に浮気「される」話ではなく、あなたが「してしまう」場合についてです。

 

お付き合いが長くなれば、彼への気持ちが冷めたわけではなくても「ちょっと目移りしてしまう」くらいのことは誰にだってあります。

ただ、軽い気持ちでそこから一線を越えてしまうと、思っていたよりずっと大変なことに……!

今から、そんな事態を回避するためにできる対策をずばりお教えしますね!

 

1.アルコールにご用心!

 

不倫や浮気が始まるきっかけで多いのは、どんなシチュエーションでしょうか?

そう、「お酒の勢い」が、最もありがちなパターンのひとつです。

 

皆さんよくご存知かと思いますが、人は、お酒を飲むと理性がゆるくなります。

そして、性欲が高まる人も多いです。

ですから、普段ならそんなことにはならないような人とも、うっかり関係してしまう……、ということが起こるのです。

 

「私はお酒飲めないから大丈夫!」

そう思ったあなた。

いえいえ、油断はできません。

自分は飲んでいなくても、「酔った男性に誘われる」という事態は充分にありえます。

そして「お酒の席」の雰囲気で楽しくなって、つい流されてしまわないとも限りません。

飲み会の隣の席で、今まであまり話したことがなかった人と盛り上がり、勢いで二人きりの二次会へ……。

こうなればもう、浮気へまっしぐらです。

 

では、そうならないためにはどうすればいいか?

まず、自分が飲める人は、当然飲みすぎないことです。

たくさん飲むのは、彼か家族か女友達など、全く危険のない相手の前だけにしましょう。

自分の理性が保てていれば、ある程度は安全です。

 

そしてもう一点。

「お酒の席では、そういうことが起きやすいと知っておくこと」

これが重要です。

最初からそう思って気を引き締めておけば、男性の誘いにも、うっかり舞い上がってしまうことはありません。

「お酒のせいだな」とすぐにわかって、冷静に対処できるのです。

元バイト仲間、趣味の集まり、社員旅行(←泊まりは特に要注意!)など、男女混合の飲み会の機会は案外多いもの。

そんなときは、心の準備をして、充分に注意しておきましょう!

 

2.相談相手を選ぶ

 

先ほど「浮気のきっかけはお酒の席が多い」と書きましたが、実はもうひとつ、とても多いパターンがあります。

それは、「相談を聞いてもらっているうちに」というシチュエーションです。

これは何も「彼とうまくいかなくなったときに男性に恋愛相談する」という場合に限った話ではありません。

仕事のことや家族のことなど恋愛とは全く関係のない相談の場合でも、そこから関係が発展することがあります。

ジャンルはともかく「込み入ったプライベートな話をする→心を開く→距離が縮まって……」というわけです。

 

「そんなつもりはないのに!」と思うかもしれませんが、人の心の動きとしてはごく自然なことなのです。

(実際に「親の介護の相談と愚痴を言っているうちにいつのまにか不倫が始まった」という人を知っています)

ですからこうした不測の事態を避けるためには「どんな内容であれ男性に一対一では相談をしない」のが最も確実です。

 

「彼の気持ちがわからないから、女友達じゃなく男性の意見がききたい……」

そんなときは、女友達を通じて兄弟や彼氏の意見をきいてもらったり、ネットで情報を集めたりしましょう。

(このコイスルカラダにも、いろんな状況で役に立つコラムがたくさんあります!)

 

「仕事の件で、どうしてもあの先輩に話をきいてほしい……」

そんなときは、ランチや仕事の空き時間など昼間に相談するようにしましょう。

 

ともかく理由はなんであれ「男性と夜二人きりで相談ごとをする」という状況を避けるのが、うっかり浮気をしない最大の対策となります。

もちろんこれはあなたが相談する場合だけでなく、男女が逆でも同じこと。

恋人以外の男性に「相談したいことがある」と言われたら、最大限警戒してください。

相手も決して最初から浮気を狙っているわけではないとしても「相談=そうなりやすい」ということは忘れないでくださいね。

 

3.元カレは最も危険

 

あなたは元カレと、どんな別れ方をしましたか?

今でも連絡はとりあっているでしょうか。

 

実は「元カレと久々に会って、つい懐かしくて……」というのも、浮気のきっかけとしてはとても多いのです。

円満でまだ好きなまま別れた場合はもちろん嫌いになる理由はありませんから、好意を持っているのは当然です。

(それが今は恋愛感情ではないとしても)

 

ならケンカ別れだった場合は安全かというと、そうでもありません。

時間が経てば悪い記憶は薄れ、楽しかった思い出が残るものです。

別れた当初は怒りや悲しみに支配されていた感情も落ち着き、逆にいいところが多く目に入ったりします。

付き合っていたときに気になっていた点が解消されて良くなっていたりすれば、なおさらです。

 

そして何より元カレとは「以前そうしていた」ということがあり、カラダの関係を持つことへの抵抗がとても低いのです。

「共通の友人が多いから全く会わないのは無理だよ!」という人もいるかもしれませんね。

その場合は、極力2人きりになるのは避ける、なるべく今の彼の話をするなど「そうなりにくい」工夫をしましょう。

 

ただ……、

もし、あなたの方で「大好きだった元カレとそうならない自信がない……」と思っているならば。

初めから元カレが来るとわかっている場は避ける、というのも、賢明な選択かもしれません。

 

 

いかがでしたか?

「浮気なんて最低!」と思っていても、いざ自分がその場になったら……。

彼をどんなに大切に思っていても、雰囲気や流れによっては……。

そんなことが、あなたにも起こるかもしれません。

 

人間ですから「絶対」はないのです。

そしてうっかり浮気をしてしまえば、彼への罪悪感であなたも苦しむし、もしバレれば彼はもっと苦しみます。

ですから先に「そうなりやすい危険なポイント」をこうして知っておけば安心です!

大好きな彼を傷つけてしまわないように、ぜひこのコラムを参考に、賢く仲良くお付き合いをしていってくださいね☆

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

ナマの方が気持ちいい?男の本音検証!

夜這い村で起こった悲劇!戦前の日本を震撼させた「津山三十人殺し」

エッチする前にカラダの相性を見極められる3つのポイント

最近増えてる恋愛不感症女子!ときめかないのはなぜ?

【連載】嫌いな自分の愛し方~Vol.6

 

ABOUTこの記事をかいた人

大塚りの

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!