リアルなBLの世界!森鴎外『ヰタ・セクスアリス』の時代

From:DENNY喜多川

 

BL好きの腐女子の間では、寄宿学校や男子校、男子寮などは男色の巣窟とされてきた。

しかし、それが腐女子の単なる妄想ではなく、事実だった時代が日本にもあった、と言うのは驚きの事実であろう。

 

明治時代、文明開化が行き渡り、エリート階級としての「学生」が発生した頃の話である。

その頃、まだ女子の通える学校は存在せず、全ての学生は男子であった。

 

「あしたのジョー」「巨人の星」原作・梶原一騎先生の実弟であり、自らもマンガ原作者である故・真樹日佐夫先生も、少年院生活を振り返って、こうおっしゃっておられる。

 

「女がいりゃあ女とヤるけど、いないもんはしょうがねえだろ」

 

そう。

男子だけの生活において、男色の発生は、必然なのである。

 

坪内逍遙『当世書生気質』の描く
「理論上の男色」

 

明治初期の学生生活を描いた、坪内逍遙の小説『当世書生気質』の登場人物はこう主張する。

「女色に溺れるくらいなら、男色に溺れるほうがまだ良いわい。第一、男どうしなら、お互いに智力を交換することもできるしなあ」

 

「しかし男色は、アンチ・ナチュラル(反自然的)ではないか?」

との反論に対しては、

「ただただ理論上に行うんだから、少しも破廉恥の理由などないわい」

 

ウム、わからん。

とにかくこの本は飛ぶように売れて、一世を風靡したのである。

 

森鴎外『ヰタ・セクスアリス』の描く男色の現実

 

『当世書生気質』では一応「理論上」すなわち、プラトニックな男色であることが強調されていたが、これが少し時代が下って、明治後半の学生生活を描いた、森鴎外『ヰタ・セクスアリス』になると、

 

「年長の書生が、そのうちに手を握ってくる。頬ずりをする。(中略)ある日寄って見ると、ふとんが敷いてあった。

(中略)

『君、ちょっとだから、ふとんへ入って一緒に寝たまえ』」

 

理論上どころか、実に直接的である!

ちなみに森鴎外自身も、学生時代は「美少年」として貞操を幾度も狙われ、護身用にナイフを持ち歩いていたというではないか!

 

男色主義者の理論武装

 

彼らの主張はこうである。

「女性と付き合うと軟派になるので、硬派を貫くために、同性と交際するのだ」

 

ミソジニー(女性嫌悪)に基づく、ホモソーシャル(同性愛ではない同性の絆)はどの文化にも多かれ少なかれ存在しているが、たいていはホモフォビア(同性愛嫌悪)がセットになっている。

 

しかし明治日本の場合は、公然と同性愛が推奨され、男性同士のレイプも日常的だったというではないか。

そしてそれが、「男らしさ」として、許容されていたのである。

 

男色の時代の終焉

 

しかし、いくら何でもレイプは行き過ぎであった。

二十世紀に入ると、マスメディアがこれらの行状を「堕落学生」として非難するようになる。

 

また、二十世紀に入ると、「女学生」が登場することになる。

これにより「智力に優れた女性」が登場し、世間も「男女学生の交際」を推奨するようになる。

 

女子学生登場以前の男女交際と言えば、女郎屋に繰り込んだり、カフェの女給と馴染みになったり、というようなものであったので、

「そのくらいなら同性愛の方が……」

とみなされる要素は確かにあったのだが、女子学生の登場により、

「結婚と家庭生活に直接つながる、望ましい男女学生の交際」

が出現したのであった。

 

こうして「男色」が廃れ、代わりに「男の友情」がクローズアップされるようになる。

また、「同性愛」を「精神病」としてとらえる運動も、同時期にはじまった。

根付きつつあったキリスト教的倫理観もあり、同性愛は「病気」とみなされ、迫害を受けるようになっていったのである。

 

エロ小説?!『ヰタ・セクスアリス』

 

ちなみに『ヰタ・セクスアリス』は、「エロ小説」として発禁処分を受けた。

童貞がうじうじ悩んで、成り行きで女郎屋で童貞を捨ててやっぱりうじうじ悩んで、その記録を「教育者として世に出せない」として封印する、というだけの話で、今どきのエロ小説と比べるとさして過激ではないのだが、当時は「恋愛=エロい」という時代だったのである。

 

 

男色が「男らしい」とされ、恋愛が「エロい」とされた不思議な時代、それが明治であった。

 

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

 

彼がもっと喜ぶオーラルセックスの仕方とは

自分の膣圧を確かめる方法!一人エッチのついでに膣トレしちゃおう

教師と生徒。禁断の恋の結末は…!?

ドン引きされてるかも…!?男子が意外と見ている女子の●●●

クンニされながらGスポットを刺激される!夢のような快感を

ABOUTこの記事をかいた人

DENNY喜多川

iOSアプリ「セックスの日本史」著者。「歴史は夜作られる」すなわち、セックスこそが歴史を作ってきた、との信念に基づき、研究を続ける歴史研究者。「知っているか?人間のペニスにカリがあるのは、他のオスの精子を掻き出すためだ!」