可愛くてエッチなあえぎ声の出し方♡

エッチなあえぎ声の出し方、
教えます!

From:木下実央

こんばんわーん!
木下実央です♡

今日はみんなからリクエストが多かった、「可愛くてエッチなあえぎ声」の出し方について♡

あえぎ声でもっと彼を興奮させたい!
なかなか可愛いあえぎ声が出せない…
地声が低い。涙

などなど、あえぎ声で悩んでる人はぜひ参考にしてみてくださいね♡

なお、私のあえぎ声はぶりぶりぶりっ子な可愛い系なので、私の柄じゃないわ!という方はご遠慮ください。笑

それではレッツゴー!

基本の発声は5つ

普段あえぎ声を出せないと悩んでいるあなた!
「あ」「い」「や」「ん」「にゃ」
木下流あえぎ声はこれだけ言えれば大丈夫!!

まずはディープキスのときに「ん…」って言っておけば彼のエンジンもかかります。
前戯のときはボリュームは控えめに。

気持ちいいポイントや、「あ、それ気持ちいい!」と感じたときのみ少しだけ声を大きめにしましょう!
バリエーションとしては

「あん…」
「んぁっ…」

「やぁ…っ」
みたいな感じです。笑

★そもそも前戯やエッチで気持ちいいと感じられないあなたはこちら

あえぎ声は高音が基本

声そのものはもちろん人によって違いますし、高い低いも人それぞれ。
それでも、やっぱり男性が興奮するのは「高めの声のあえぎ声」なんです。

自然と出ちゃうあえぎ声はきっと高音な人が多いと思うけど、あえぎ声を出せなくて悩んでる人は、いつも喋る声より少し高めの声を意識してみて!

慣れてきたらバリエーションを増やす!

基本の発声「あ」「い」「や」「ん」「にゃ」に慣れてきたら、「は」「ふ」と「う」も追加!

「あぅ!」
「はぁん!」
「いぅっ!」
「ふぁっ!」

こんな感じです。笑

文字にすると変だけど、イメージとしては発声する直前には「h」、語尾に「u」をつけるとなんとなく可愛いあえぎ声になります。
彼が気持ちいところを触ってくれたり、ち★こがナカの気持ちいいとこにあたったりしたとき
あとは彼のピストン運動に合わせて「あん!はぁっ!いやっ!」とか言っとけばおっけー!

仕草も大事なポイント

私が思うに、エッチで演技をする必要はまったくないけど演出は必要だと思うんです。
演出も違うな…なんだろう?笑

とにかく「ちゃんと気持ちいいですよ」っていうのを相手に伝えないとだめだと思うんです。
彼にごはんを作ってあげても無反応のまま食べられたら悲しいでしょ?
それと同じで、彼もエッチでは反応がほしいはず。

気持ちよくないのに気持ちいいフリをするんじゃなくて、気持ちいいときにちゃんと気持ちいい反応を示すってことが大事だと思います!

あえぎ声と同じくらい重要なのがエッチ中の仕草。

表情

何をしても無表情って怖いですよね。
さすがに無表情はないわ!!って思ったかもしれませんが、意外とできてない人多いです。

あなたは感じている顔のつもりでも、彼にとっては無表情と同じかも…。
しかも男性は女性よりも「表情で気持ちを読み取る力」が劣っているので、些細な変化には気づきません。
眉根を寄せて、「泣きそうな表情」をすると気持ちよさそうな顔に見えますよ♡

いやいや

言葉で「いや!だめ!」っていうと、中には遠慮しちゃう男性も。

「気持ちよすぎて変になりそう!」
「これ以上したらやばい!」

こんな気持ちを仕草で伝えるには、頭を横に振る「いやいや」の仕草が効果的。
泣きそうな表情でいやいやしたら、Sな彼はもちろん、どんな彼でも大興奮なはず♡

シーツを掴む

いやいやと同じで、気持ちよすぎて何かにしがみついてないと意識がどっかに飛んでっちゃいそう!と伝えるにはシーツをぎゅっと掴むのがおすすめ♡
言葉で言わなくても、彼が見たら「シーツぎゅってしてる!もうイキそうなのかな?もっと責めてイカせたい!」こんな風に思ってくれるはず♡

そもそもあえぎ声が出せない…という場合は?

コイスルカラダで行ったアンケート「どんなあえぎ声を出してる?」では、多くの人が「どうやって出せばいいか分からない」と回答したんです。

AVなどでは女優さんがエッチなあえぎ声を出しているけど…
実際に自分でやるとなると、演技みたいで恥ずかしい、あえぎ声を自然に出せない、と思ってしまう人も。

ではなぜ自然にあえぎ声を出すことができないのでしょうか?
理由と対処法をまとめたので、あえぎ声が出なくて悩んでいる人は参考にしてみてください!

心から気持ちよくなれていない

そもそもセックスのときのあえぎ声は、本来出そうと思って出すものではありません。
びっくりしたときに「わっ」と声が出てしまうのと同じで、自分では制御しきれなくて「出てしまう」ものなのです。
簡単に言うと、気持ちよすぎて声を抑えられずに漏れ出してしまう、それがあえぎ声なんです。

ここで大事なのは「気持ちよすぎる」ということ。
あえぎ声が出ないと悩んでいる人は、まだ自分で自分を制御できている状態です。

「どうやってあえぎ声を出せばいいんだろう?」
「変なあえぎ声が出ちゃったらどうしよう」

こんなことを考えている時点ですでに何かを考える余裕があることになります。
本当に気持ちいいときにはそんなことを考えている余裕もないほど、勝手に声が漏れだしてしまうものなんです。

あえぎ声が自然に出るようになるには?

セックス中にあれこれ考えすぎるとカラダが緊張してしまい、うまく快感に没頭することができません。
女の子のカラダは脳が気持ちいいと感じないと反応しないようにできているので、まずはリラックスすることが大切です。

カラダをリラックスさせるための方法として特に効果的なのがマッサージ。
カラダの緊張をほぐすと心理的にもリラックスするということは、科学的にも証明されています。
パートナーにお願いして、セックスする前にまずはマッサージから始めてみましょう♡

セックスに集中する

前述した通り、女の子はまず頭で「気持ちいい」と感じないといけませんから、快感に集中するトレーニングをしましょう。
あえぎ声が出ないと悩んでいる女の子の多くが性経験が浅く、自慰の経験も浅いです。
セックスやオナニーに罪悪感や後ろめたさを感じてしまっている女の子も多いです。

性的な快感は徐々に開発していくものですから、経験を積むことが大切です!
罪悪感や後ろめたさは捨ててください!
何も悪いことではないんです!

セックス中の呼吸を意識

あえぎ声が出ないと悩んでいる人は、無意識のうちにかたく口を閉じてしまっている場合も多いです。
これも、カラダが緊張しているが故のことなのですが、できるだけ口を閉じないように意識してみましょう。
すぐにあえぎ声が出せなくても、快感とともに吐息が漏れ出るようになってくるはずです。

あえぎ声が上手=Hも上手?

そもそも、エッチが上手な人ってどんなイメージですか?
AVや風俗嬢をイメージする人が多いかもしれませんね。
ですが、実は「あえぎ上手」な人はエッチ上手なんです。
その理由は…

男性が気持ちいいセックスだった!と思うのは、興奮度が高い状態をセックス中維持してそのまま射精に至ることができたときです。
ではどうすれば興奮度が高い状態を維持できるかというと、

セックス中、常に性的な刺激を与る

これがカギになります。
とはいえ、前戯からセックスが終わるまで彼の性感帯を刺激し続けるのは無理ですよね。
そこで大事なのが「視覚や聴覚」を使って性的に刺激すること。

男性は特に視覚や聴覚で性的に興奮します。
簡単に言うと、エロい姿を見せ続け、エロい音を出し続ければいいのです。

彼がぐっとくる上手なあえぎ声

ではどんなあえぎ声や仕草で彼の興奮度は維持できるのでしょうか?
彼がぐっとくる上手なあえぎ声の出し方をご紹介します!

・息は常に荒く

終始あえぎ声を出しているのはわざとらしいですし、男性によっては「演技」と捉えてしまうことも。
かといって無言や反応のない時間が多いと彼も萎えてしまいます。

おすすめなのはあえぎ声を出していないときは息を荒く吐くこと。
前戯の段階から少しずつ、徐々に盛り上げていく感じにしましょう!

・うわごとのような
「気持ちいい」

セックスは自分が気持ちよくなることも大事ですが、相手に気持ちよくなってもらうのも大切ですよね。
相手もあなたを気持ちよくさせようと頑張ってくれています。

気持ちよくしてもらったらきちんと「気持ちいい」と伝えるのがカップルのマナー。
「気持ちいい」と言われてうれしくない男性はまずいません。

ここでのポイントは、うわごとのように「気持ちいい…」とつぶやくこと。
快感に没頭している感じで、より彼に気持ちよくなっていることを伝えることができます♡

・具体的なおねだり

正直言って彼の愛撫が気持ちよくないとき。
「彼に悪いから…」と感じているフリしちゃってませんか?

でもそれは間違い!
感じてるフリをしちゃうと、彼は「あ、これが気持ちいいポイントなんだ」と勘違いしてしまい、あなたは一生彼の愛撫で気持ちよくなれません…

「そこ気持ちよくない」などと否定形で言うのではなく、「ここをこうして…」とおねだりしてみて!
恥ずかしいかもしれませんが、恥ずかしくていいんです!
男はそれに興奮するんです♡

具体的に言うことでエッチな言葉も自然と出ますし、エッチに積極的な女の子の方が男性は好きです。
ただ喘ぐのではなく、以上のことを少し意識するだけで彼をもっとエッチな気分にさせることができちゃいます♪
ぜひ試してみてくださいね!

 

いかがでしたか?
エッチで可愛いあえぎ声をマスターして、彼をメロメロにさせちゃってくださいね♡

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

木下 実央

都内で活動中の恋愛・セックスライター。別名で作家としても活躍している。(作家名はヒミツ!)老若男女問わず寄せられるセックスの様々な悩みを、独自の視点で解決していく。細かすぎる実践的なテクニックが人気。