40代の彼氏が風俗に行く理由とは


彼氏は40代。なぜ風俗に行くの?

男性が風俗に行く理由はさまざまです。

個人的な趣味の場合もあれば、男性同士の付き合いで行く場合…
今まで興味のなかった人もふとしたことがきっかけで、風俗遊びに目覚めてしまうこともあります。

そこで今回は、40代の男性が風俗に行く理由を探ってみました。
彼氏が40代という人は要チェックです!

>>彼氏が20代の人はコチラ
>>彼氏が30代の人はコチラ

セックスでイキづらく
なってきた

体力も精神力も、30代に比べると徐々に落ちてきてしまう40代。
通常のセックス(彼女とのセックス)ではイキづらくなってきてしまったと感じる40代男性は非常に多いです。

一般の女性よりは風俗嬢の方がテクニックが上です。
お仕事にしているのですから当たり前です。
彼女とのセックスでイキづらくなってきてしまった男性は、快楽を求めて風俗に行くのです。

マンネリ

40代ともなると、パートナーと長い間付き合っているという人が多くなってきます。
相性がいい相手であっても、長期間の付き合いの中で少なからずマンネリを感じるようになるという男性も少なくありません。

風俗では自分の趣味に合わせた様々なプレイができますから、マンネリを感じたときに風俗に走るという男性もいます。

疲れてしまう

風俗では、風俗嬢が徹底的にサービスしてくれます。
男性自ら何かしなくても快楽を得ることができます。

普通、彼女とのセックスでは彼女を気持ちよくしてあげたり、挿入してからも男性がメインで動くことも多いですよね。
体力的にそういったセックスがしんどくなってくると、ただしてもらうだけでいい手軽な風俗に足を運びがちになります。

性欲が強すぎる

一般的に40代に差し掛かると、20~30代の頃よりは性欲も落ち着いてきます。
ところが、中にはいわゆる“絶倫”と呼ばれるような、性欲旺盛な40代男性も存在します。
彼女とのセックスだけでは満足できず、さらなる快楽を得たいと考える男性は40代でも風俗通いがやめられません。

ここまでくると一種の依存症のような状態かもしれません。

お気に入りの風俗嬢がいる

実は、風俗に行ってもプレイをせずにただ風俗嬢との会話を楽しみに風俗店に足を運ぶ男性も多いのだそうです。
こういった男性は特に40代に多く、日頃のストレスや疲れを風俗嬢に話を聞いてもらうことで癒しているのだそう。

彼女がいるのにも拘わらずこうしたお気に入りの風俗嬢に会いに行くということは、もしかしたらあなたとの関係でストレスや疲れを感じているのかも。
もしくは、彼女には話したくないような仕事の愚痴などを話に行っている可能性もありますね。

いかがでしたか?
40代ならではの、彼氏が風俗に行く理由をまとめてみました。
体力や癒しがキーワードになってくる40代。
あなたの彼氏が40代で風俗に行っているなら、このどれかが理由になっているかもしれませんよ。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥