性もすべて支配する?ヒトラーが望んだナチスドイツのセックス事情


セックス管理帝国・ナチスドイツ!

From:DENNY喜多川

アドルフ・ヒトラーは第三帝国・ナチスドイツを建国し、すべてを支配し、管理下に置こうとした。
それは人間にとって最もプライベートな領域である、セックスに関しても例外ではない。

ヒトラーのゲイへの恐怖

ヒトラーがゲイ及びバイセクシャルの男性を激しく憎み、強く迫害したことはよく知られている。
(副次的にレズビアン・バイセクシャルの女性、その他ジェンダーの人々も迫害された)

表向きは、

「ゲイは国家の基礎である繁殖に関与しないので弾圧する」

ことになっていたが、実は極めてプライベートな理由があった。
ヒトラーは、ゲイに暗殺されかかった(少なくともそう思い込んだ)ことがあったのである。

ヒトラーとレームの怪しい関係

ナチス躍進時期のドイツ政界は、一言で言って戦場だった。
比喩ではなく、物理的な暴力が飛び交う戦場だったのだ。

最初に暴力を政治の道具としたのは、ソビエト連邦と強い繋がりを持つ共産党であったが、対抗上、ほとんどの政党が暴力を行使するようになった。

ナチスの武装組織は突撃隊と呼ばれ、当然のことながらガチムチの男たちにより組織されていた。
ガチムチの男たちが、戦場で強いストレスに曝されていれば、当然の帰結として同性愛に走るのは歴史的な事実(偏見)である。

そのリーダーであるエルンスト・レームは、自身が同性愛者であることに誇りを持ち、公然と標榜していた。

しかし、これは「ドイツ民族の再興」を掲げて政権を奪取したヒトラーにとっては、極めてマズいことでもあった。
同性愛者の排斥を公約に掲げるナチスの武装組織のリーダーが、ゲイを公言しているのである。

これによって、かつては互いを「Du」(お前)と呼び合うほど固かった2人の絆(どこまでのものだったのか深く妄想してみたい)に亀裂が入った。
そこにナチスの一部の幹部たちが、「突撃隊によるクーデター及び、総統暗殺計画がある」との噂を流したのである。

ヒトラーはこの噂を完全に信じたわけではなかったが、対処する必要に見舞われた。
そして、1934年6月30日から、突撃隊に対する粛正が開始される。

捕らえられたレームは自決用の拳銃を渡されるが拒絶、射殺された。

最後の言葉は
「我が総統……」
であったと伝えられる。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

DENNY喜多川

iOSアプリ「セックスの日本史」著者。「歴史は夜作られる」すなわち、セックスこそが歴史を作ってきた、との信念に基づき、研究を続ける歴史研究者。「知っているか?人間のペニスにカリがあるのは、他のオスの精子を掻き出すためだ!」