日本神話も負けてない!古事記・日本書紀からみる“エロ”の歴史


日本に伝わるエロエロ古事記・日本書紀

From:DENNY喜多川

これまで獣姦乱交を含む、世界各国のエロティックでエネルギッシュな神話を見てきた。
しかし、神話のエロさで言えば、我が日本も負けてはいない

今回は、かの有名な古事記日本書紀から、日本に伝わるエロの歴史について考えてみよう。

国の始まりは立ちバック

そもそ、この国の始まりはセックスである。

天つ神から「国づくり」という重大な使命を帯びて、まだ形を為していない日本列島に降り立った、男神イザナギと女神イザナミの二神。
この2人がまずしたことが、セックスである。

イザナギがイザナミに

「お前の体はどうなっているか」

と問うとイザナミは、

「私の体には一箇所、穴の空いたところがあります」

と答えた。
すると、イザナギは、

「私の体には一箇所、突き出したところがある。どうだろう、この突き出したところを、お前の穴に入れてみては」

なんともストレートな口説き方である。
この口説き方で落ちる女性がいたら教えて欲しいが、イザナミはこれで落ちた。

さて、セックスをすることにした2人だが、やり方がわからない。
すると、近くでセキレイ(鳥)が交尾をしていたので、その真似をすることにした。

だから日本初のセックスは、後背位(立ちバック)である。

天の岩戸で公開ストリップ

さて、それからいろいろあって無事日本は誕生し、太陽神であるアマテラスが治めることになった。
ところが、その弟であるスサノオ神の乱暴に悲しんだアマテラスは、天の岩戸に隠れてしまったのである。

太陽の光を失った地上は大混乱。
神々が額を寄せ合って、対策を話し合ったその結果……天の岩戸の前で、大宴会をすることにしたのである。

この宴会の最大の演し物が、女神アメノウズメのストリップ。ウソではない。

「槽伏(うけふ)せて踏み轟こし、神懸かりして胸乳かきいで裳緒(もひも)を陰(ほと=女陰)に押し垂れき」

アメノウズメはうつ伏せにした槽(桶の一種)の上に乗り、(たぶん)豊満なバストを露わにして、ヒモで性器をチラチラ隠したり見せたりしながら踊ったのである。
これを見た神々は大笑い……て、ここ説明が必要だな。

現在はこの文化は廃れてしまったが、江戸時代くらいまで、性と笑いは非常に近いものであった。
エッチなものを見て笑う、というのは、自然な反応だったのである。

さて、神々の笑いを聞きつけたアマテラス、

「自分がいないのに何事か」

と岩戸をちょっと開けてのぞく。

「あなたより貴い神がお生まれになったのです」

とアマテラスに鏡を見せる天つ神。
思わずアマテラスが岩戸から身を乗り出したところを、力自慢のタヂカラオ神が岩戸から引っ張り出し、岩戸を閉じてしまった。
こうして無事世界に太陽が戻ったのである。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

DENNY喜多川

iOSアプリ「セックスの日本史」著者。「歴史は夜作られる」すなわち、セックスこそが歴史を作ってきた、との信念に基づき、研究を続ける歴史研究者。「知っているか?人間のペニスにカリがあるのは、他のオスの精子を掻き出すためだ!」