乱交に近親相姦!古代ギリシャのセックスライフとは


性的快楽を追求した
古代ギリシャ文明のセックスライフ

From:DENNY喜多川

古代ギリシャ人は“人生の意味”を知っていた!と言うと、驚かれる方も多いであろう。

古代ギリシャにおいて人生とは、「幸福を追求するためにあるもの」であった。
そして、その幸福とは、多くの場合、(セックスを中心とした)性的快楽を意味していた。

古代ギリシャにおいて、労働は奴隷の仕事でだったが、市民は働くことなく、日夜、幸福を追求していたのである。

神聖な娼婦「ヘタイライ」

古代ギリシア人は、人間には永遠の愛とつかの間の情欲の両方が必要だと考えていた。
だから彼らにとって、神聖な結婚を維持することと、たまにほかの女に手を出すことは、まったく矛盾しなかった。

残念ながら、このルールは男性のみに適用され、結婚した女性が夫のほかに性を楽しむことは、原則として許されなかった。

このことからわかるように、男性にも人妻に手を出すことは許されなかったから、売春が発展したのである。

娼婦は二つの階級に分かれていて、娼館に所属する普通の娼婦と、神殿に所属する“ヘタイライ”とがいた。

娼婦は(悲しくも多くの文化でそうであるように)軽蔑されていたが、ヘタイライはそうではなかった。
彼女らは教養も高く、一種の神聖な存在とされていたのである。

ヘタイライは“神殿売春”に従事した。
たとえば、愛の女神であるアフロディテの神殿の中には、千人以上のヘタイライを抱えているところもあったという。

このヘタイライを目当てに、参詣に訪れる男たちは後を絶たず、神殿は隆盛を誇った。
また、ヘタイライは神殿で行われる祭祀の主役でもあった。

愛の女神・アフロディテに捧げる祭祀で何をするのかと言えば、当然、乱交である。

乱交を求める神デュオニソス

乱交を求める神は、アフロディテだけではなかった。
デュオニソスは酒と詩の神であるが、この祭儀もやはり乱交である。

デュオニソス祭は国家的な祭儀であり、女たちは夜、ヤギの皮でできた扮装でコスプレをし、楽器を持って髪を振り乱しながら、山に登って酒を飲む。
すると、女たちはトランス(あるいはヒステリー)状態に陥るのである。

古代ギリシャ人は、この状態を「テオレプシー」と呼び、神が乗り移ったと考えた。
これは宗教的法悦であり、人格の向上にすら結びつくとされていたのである。

これほどまでに乱交を讃える文化があるだろうか!

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

DENNY喜多川

iOSアプリ「セックスの日本史」著者。「歴史は夜作られる」すなわち、セックスこそが歴史を作ってきた、との信念に基づき、研究を続ける歴史研究者。「知っているか?人間のペニスにカリがあるのは、他のオスの精子を掻き出すためだ!」