“アナル舐め”をしてほしい!ソフトにおねだりする方法3選


記事提供:ラブリサーチ

パートナーにはナイショにしている性癖に関してお悩みではありませんか?
そのお悩みは、性癖を共有する上手な「おねだりの方法」をマスターすることで解決に近付きますよ。

今回は、ラブリサーチのアンケートをもとに、そんな人には言えない悩みの中でも、
アナルに関する性癖の悩み
を解決する方法をご紹介します。


【女性に質問】パートナーに言えない性癖はありますか?

回答時期:2017.08.17〜2017.09.23|224名が回答

はい …56.2%%
いいえ …43.8%

アンケートの結果、『パートナーに言えない性癖はありますか?』の質問に対して56.2%の女性が「はい」と回答しました。
その中でも気になったのが、「アナル」に関する性癖です。

「本当は彼のアナルも舐めてしまいたいけど言えていません」
「自分で試したことはないが、アナルに少し興味があること」
「アナルを責められるとイッてしまうんだけど恥ずかしくて言えない 」

など、さまざまなアナルに関する性癖悩みの声が届いております。
この記事では、そんなお悩みを解決につなげる3つの方法をご紹介したいと思います。

おねだりする方法1
タイトスカートやTバックで美尻演出を

私たち女性に性的嗜好があるのと同じで、男性も性的嗜好を持っています。
「おっぱい星人」だとか「お尻フェチ」などの造語を聞いたことがあるでしょう。

もし、彼がお尻フェチならば、アナル性癖を持つ女性との相性は抜群かもしれません。

女性のお尻に魅力を感じる男性にとって、「アナルを触って」「アナルを舐めて」というリクエストは願ったり叶ったりでしょうから。

そのためにもまず、魅力的なお尻であることを心がけましょう。
たとえば普段から、タイトスカートのようなお尻のラインがハッキリと出るファッションで、パートナーの性的嗜好を刺激します。

下着はもちろんTバックをチョイスして、あなたのお尻をより官能的に魅せます。

そして、影の努力も大事。
ヒップアップに特化したエクササイズを日常に取り入れ、触りたくなるようなお尻を目指しましょう。

その先に……というかその奥に、あなたの性感帯である「アナル」があるわけですから、誘導しやすくなります。

次のページへ▼▼