神秘的な世界!古代エジプト王家のセックスライフ


エジプト文明の神秘的すぎる
セックスライフ

From:DENNY喜多川

四大文明の一つ、五千年の歴史を持つエジプト文明
不毛な砂漠の中、ナイル川のもたらした肥沃な土壌を基盤に発展したこの文明は、豊かな恵みに感謝する、多神教を信奉していた。

そんなエジプト文明では、一体どんなセックスライフが送られていたのだろうか?
今回は、どこか神秘的な古代エジプト王家の性事情について紹介しよう。

王の務めであった“川オナニー”

王家の信奉していた神は(王朝にもよるが)、主に太陽神であるラー=アトゥム。
これは太陽神であるラーと、創造神であるアトゥムが習合した存在である。

ラー=アトゥムは、豊かな実りをもたらす神。
その神権により支配するファラオ(王)もまた、豊かな実りをもたらす存在であることが求められた。

具体的には、年に一度ナイル川に向かってオナニーすることが求められたのである。
ちなみに、ファラオが女性であった場合(たとえばクレオパトラは女性のファラオである)、どうしていたのかまではわかっていない。

オナニーで世界が生まれた

古代エジプトでは、万物は性行為によって誕生すると考えられていた。
しかし、最初に誕生した創造神であるアトゥムには、セックスの相手がいない。

そこでアトゥムは、オナニーをしたのである。

しかも、

「オーガズムを得るために自分のペニスを握った」

と、エジプト神話にはある。

すると、大気の神であるシュウと、湿気の女神であるテフヌトが誕生した。
だから、アトゥムの神権によって支配するファラオが川に向かってオナニーする儀式が生まれたのである。

ファラオはつらいよ

それにしてもファラオの心中、察するに余りある。

神聖な儀式であるから、祭場にはさぞや多くの民草が詰めかけたであろう。
あるいは民草の出入りは禁じられていたかもしれないが、これは王の資格に関わる一大事。
神官たちは王が無事に射精できるかどうか、息を飲んで見守っていたに違いない。

……いやもう、そんな状況で勃つかどうか、正直筆者も自信がない。
しかも、射精できなければ、王位を剥奪されかねないのだ。

そのプレッシャーの中、ペニスを隆々と勃起させ、射精しなくてはならないのである。
多分、オカズを持ち込むことも許されなかったであろう。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

DENNY喜多川

iOSアプリ「セックスの日本史」著者。「歴史は夜作られる」すなわち、セックスこそが歴史を作ってきた、との信念に基づき、研究を続ける歴史研究者。「知っているか?人間のペニスにカリがあるのは、他のオスの精子を掻き出すためだ!」