あなどれない!いつもと違う刺激がもらえる、大人のおもちゃの使い方


From:平井ちひろ

いつものセックス、気持ちいいんだけどなにか物足りない!と思っている人は私だけじゃないはず。
いつも同じタイミングでのキス。
同じタイミングで挿入して、同じ体位。

こんなセックス嫌!と思っている女性も多いと思いますが、いつも通りのやり方に新鮮味を感じていないのは彼も同じかも。

そんな方でまだ取り入れてない方には、大人のおもちゃをセックスに取り入れてみることをオススメします!
もしかしたら彼はあなたに引かれてしまうと思って言い出せないだけかも。

「一度使ってみない?」とあなたから言ってみるだけで、2人のセックスがとても気持ち良いものになるかもしれませんよ。

大人のおもちゃの選び方

大人のおもちゃは、最近では女性のひとりエッチに使われたりするので、ローターなどの軽いものなら持っている、という人もいるかもしれません。

それは、どういった基準で選びましたか?
家に来た彼に見つからないように小さいもの?
家族にバレないために音が小さいタイプのもの?

どうせなら、「気持ちよくなるもの」で選んでみてはいかがでしょう!

一般的なのはこれからご紹介する下記の3つです。

ローター

初心者向けの大人のおもちゃ。
小さいたまご型のような振動部分をクリトリスに当てて快感を感じるものです。
振動の強さを変えたりできます。

通常のものは電源部分もコードで繋がってますが、ちょっと高いものはワイヤレスになっており、外出につけていくというレベルの高いカップルもいるんだとか。
私にはちょっと難易度が高いです…(笑)

クリトリスを刺激されながらの挿入は、気持ちいい女性が多いはず!
小さなたまご型なので、膣の入り口に浅く入れたりもできますよ。
ただし、奥まで入れないように注意してくださいね。

電マ

元々は肩などをマッサージする機械だったのが、大人のおもちゃに進化しました。
なので、某バラエティショップなどでは18禁の棚ではなく、普通にマッサージ器具エリアに陳列してあります。
本来の使われ方なのですが、なぜか発見したときは気まずさがありました(笑)

ローターに比べると大きく、振動も激しいので、初心者~中級者向けの大人のおもちゃです。
振動を最大にして使うと痛いくらいの激しさ。
弱めから気持ちいい強さを調節していくのがオススメ。

また、電マを使いながら挿入は、気持ちいい角度を調節するのが難しいので、女性が自分で当てながら彼に動いてもらうか、それが恥ずかしくてできない人はローターを彼に当ててもらうといいでしょう。

▼関連記事
「電マ」はオナニーのために発明された機械だった!

バイブ

ローターなんて物足りない、電マももう慣れた!という中級者~向けの大人のおもちゃ。
ペニスの形をしているのがほとんどで、膣に挿入して使います。

バイブは膣の中で振動したり、ぐるんぐるんと膣壁をこするように回転したりといろんなタイプがあります。

オススメはクリトリスも刺激できるもの。
膣の奥までバイブを挿入すると、ちょうどクリトリスに振動する部分が当たるように作られているものはそれを入れられている間膣もクリトリスも両方気持ちいいという優れもの。
彼に片手で挿入してもらいながら、胸も愛撫してもらったりもできます。

エロさ求めるなら、挿入部分を自分で支えながら、彼にフェラチオしてみてください。
女性が自分でおもちゃを入れている姿、感じてる顔で自分にフェラチオをしてくれている…。
これに興奮しない男性はいません。

彼が興奮したら、彼のペニスもいつもより硬く大きくなるかもしれませんよ。

大人のおもちゃはあくまでも
セックスのスパイスに

ひとりエッチをするときは、おもちゃを使ってそのままイッたりすることはよくあることです。
ただ、彼とセックスをする際は、あくまでもセックスを盛り上げるスパイスにしておくことをオススメします。

大人のおもちゃで気分が盛り上がったところに、最後はペニスを挿入してフィニッシュ。
お互いの体温を感じながらイクと、やはり幸福感が違います。

人の体温というのは、おもちゃでは感じられない安心感や幸福感が得られますので、イクときは彼のペニスを挿入してから、というのを覚えておいてくださいね。

photoby porsche_chen2009

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】おすすめ大人のおもちゃ♡
marin

Gスポットとクリを同時に刺激できる、見た目も可愛い女の子向けバイブ♡
ボルチオの刺激や中イキの練習にももってこいです!
刺激が強いのでご注意ください♡

>>バイブの詳しい説明はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

平井ちひろ

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。