四十八手で彼とのセックスをもっと楽しむ!~椋鳥・しがらみ・窓の月~

四十八手を取り入れてみませんか?

From:平井ちひろ

日本には江戸時代から続く四十八手という性行為の体位があります。
江戸時代の人たちは、今よりも性に対してオープンで、公衆浴場なんかも混浴だったとか。

さらに昔のお祭りなんかは、公然とあちこちで男女が性行為をしだすような乱行パーティ状態だったというから、元々日本人はセックスが好きな潜在意識を秘めているのかもしれません。

現代社会はストレスやハードワークでセックスをする意欲が薄れているとよく言われています。
パートナーとセックスを楽しむため、性にオープンだった江戸時代から続く、「四十八手」を取り入れてみてください!

まずは気分を高めるシックスナイン

いわゆるシックスナインの形になる椋鳥(むくどり)という体位。
女性が下で、男性が上になります。
この男女逆バージョンが、二つ巴(ふたつどもえ)という体位です。

まず、寝転んだ女性の上に頭を逆に向けた男性が覆い被さるようにしてお互いの性器が目の前に来るようにします。
お互いに性器を手や口で刺激することで快感を高める体位ですが、人気のポイントはなんといってもお互い一緒に気持ちよくなれること!

女性側だけ、男性側だけといった片方だけ気持ちよくなってからもう片方が気持ちよくなって…。
それだと、快感の波が引いてしまって気持ち良くなるにしてもまた一からになってしまいますよね。

お互いの快感の波が引かないまま挿入に繋げられれば、そのあともいつもより気持ちいいこと間違いなしです!

彼のペニスをフェラチオすることに抵抗を覚える方もいるかもしれません。
しかし、この体位ならば彼もあなたを気持ち良くしようとすることに集中していますし、あなたの気持ち良さそうな声を聞いて彼も気持ち良くなっているので、ただフェラチオをするときのように奥まで咥えたりしなくて大丈夫ですよ。

▼関連記事
恥ずかしいのに気持ちいい♡シックスナインに没頭する術!

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

平井ちひろ

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。