いつもと違う体位でマンネリ打破!変わった体位3選

From:平井ちひろ

彼とのセックスが最近マンネリ化している。
いつも同じ流ればかりで、ドキドキしていたあの頃の気持ちを思い出せない。
そんな思いを持っていませんか?

人間誰しも、「慣れ」が起こるもの。
私もそうですし、誰だってそうです。
私も夫と付き合っているときは、セックスもマンネリ化していて、「気持ちいいんだけどでもそうじゃない…」というようなモヤモヤ感がありました。

そうなるとやっぱり態度に出てしまうんです。
あんまり集中していないというか、モヤモヤ感にばかり気を取られてしまうんですね。

こういう状態になってしまうと、男性側も面白くないもの。
「俺とのセックスじゃ満足できないってこと?」と傷付きます。
傷付いて、プライドも傷付けられたと思っていじけてしまう人や、怒ってしまう人もいるかもしれません。

女性からしたら、「なんでそんなことでいじけるの?」「セックスがすべてじゃないじゃない」と思うところですが、男性にとって本能的なレベルでセックスは重要なのです。
かと言って、「今のセックスじゃあまり気持ち良くないから、こうしてほしい」って言うのも彼のプライドがへし折られます。

そんなときは、新しい体位を試してみて、新鮮さを出してみましょう。
新しいことを試してみるだけなら、「こんな体位があるって聞いたんだけど…試してみない?」とお誘いすることができますね。

まずはいつもの体位から
ちょっと変化を

「絞り芙蓉」という体位は、対面座位の反対バージョン。

足を閉じて座った男性の上に女性が足を開いて座る形で挿入します。
このとき、男性と向き合う形であれば対面座位になるのですが、絞り芙蓉は男性と同じ方向を向きます。
後ろから抱っこされるような安心感と、彼に体重を預けていられる安定感があります。
挿入するときに男性側からは見えにくいので、女性が上手く誘導して挿入してあげるとスムーズですよ。

そのまま女性がメインで動いてみましょう。
上下に動かすには角度の関係で難しいでしょうから、クリトリスを彼に擦り付けるように前後に動いたり、腰をグラインドさせるように動いてみると気持ち良くなります。

また、彼に後ろから胸を触ってもらったり、クリトリスをいじってもらえれば挿入時の気持ちよさがさらに気持ち良くなります!
うなじや背中を舐めてもらうのも良さそうですね。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

平井ちひろ

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。