性感帯のツボを刺激!セックスの感度を上げてイキやすいカラダに♡

From:平井ちひろ

あなたは彼とのセックスのとき、ちゃんと感じることができますか?
彼に触られた部分、キスをされている感覚、すべての感触・感覚に敏感になってセックスを楽しめていますか?
残念ながら、年齢だけに限らない快感を感じにくくなっている女性が増えているのです。

それは現代にありがちな不規則な生活、欧米化した高カロリーな食生活、仕事のストレス…快感を感じにくくなっている理由を考えればキリがありません。
本当はこれらの原因を突き止め、改善することが一番なのです。

でも、仕事がストレスだからといって今すぐに仕事を辞めれば、今度はそのことが「お金がない!」という新たなストレスになりかねませんね。
不規則な生活や食生活の改善、ストレスフリーな生活を送ることは長い目で見ていろいろな部分にいい影響を及ぼすので、そちらは快感を感じるようになる以前にやっていただきたいことです。

ただ、今回はそんな長い目で考えられない!
彼とのセックスで快感を味わえない「今」を改善したい!
と思っていることだと思いますので、快感を感じにくいことを改善するための、手軽なツボ押しを紹介します。

ツボを刺激するときの力は、強すぎても弱すぎても効果があまりありません。
「痛気持ちいいくらい」の力で刺激するのがコツですよ。

まずは血流を良くするツボを刺激する

女性の大敵といえば、「冷え」。
冷えるだけで、生理痛は重くなるわ代謝が下がって脂肪をため込みやすくなるわ…。
いいことなんてひとつもありません!

そういう私も昔から冷え症で、冬は足が冷たすぎていつまでも寝れない…なんて日もありました。
当然代謝が悪いので、岩盤浴でもあまり汗をかかないくせに、夏場は顔ばかり汗をかくという変な汗のかき方をしていました。

そこで、刺激をして欲しいツボは「三陰交(さんいんこう)」
内側のくるぶしの頂点部分から指4本分上へ上がったところで、骨と筋肉との境目にあるツボになります。
このツボを親指の腹でグーっと押していきます。
前述した通り、強さは「痛気持ちいい」くらいです。

このツボは冷え症の改善や生理不順の改善に効果があるツボと言われています。
個人的には私にピッタリ!と思ってお風呂で温めながらグーっと押しています。

▼関連記事
放っておくと妊娠できなくなる可能性も…生理不順を自分で治す方法6つ

次に感度を上げるツボを刺激する

次に刺激するのは「血海(けっかい)」と呼ばれるツボです。
左膝に垂直になるようにてのひらをあてた親指あたり、膝上にあるのが血海のツボで、大腿骨側にあります。
こちらも親指でグーっと押して下さい。

このツボは、宮や女性器への血流を良くしてくれるツボと言われています。
生殖器への血液の循環を良くしてくれるばかりでなく、女性ホルモンの働きも正常化してくれます。
この効果により、下半身のだるさや疲れが解消するため、膣やクリトリスといった女性器が敏感になります。

濡れやすく感じやすいカラダになるツボを刺激する

濡れやすく感じやすい体になるためには、「帰来(きらい)」というツボを刺激します。
寝た状態で、おへその4~5センチ下、その部分から左右に8~10センチ横にいったところに帰来のツボがあります。
こちらも親指でそれぞれのツボをグーっと押して下さい。

このツボは女性ホルモンの働きを促進することで生殖機能を活発化させます。
生殖機能の働きが活発化するということは、セックスに作用するということ。
セックスのときにちょっとした刺激でも感じやすく、濡れやすくなってきます。

男性は感じやすく濡れやすい女性が好きですよね。
そのため、夫婦円満のツボと言われているんだとか。

▼関連記事
【美味しい媚薬!】性欲を高める9つの食べ物!

 

性感帯の感度を良くするツボは自分でお風呂の時間に刺激したりしてみてもいいですが、彼にツボ押しをしてもらってスキンシップをはかるやり方もオススメです。
感度が上がったカラダでそのままセックスしてみるのもいいですね!

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

平井ちひろ

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。