【官能小説】残酷な奇跡【声のセックス 第5話】


★官能小説家・道中ヘルベチカさんによる連載がスタート!

ライタープロフィールはコチラ

★登場人物

ミカ(31)
福岡在住の専業主婦。夫とはセックスレスで、寂しい日々を埋めるため、偽名でSNSアカウントを開設する。

シンジ(31)
東京在住の自称「俳優」。SNSでミカを知り、メッセンジャーアプリを使ってバーチャルな「出逢い」を果たす。

ミカの夫(35)
サラリーマン。毎晩仕事仲間と飲んだり、友達とカラオケに行ったりで帰りが遅い。

★第1話はコチラ

★第2話はコチラ

★第3話はコチラ

★第4話はコチラ

******

「なぁ、もう一回、しよ……」

「シンジ……もう、三回もしたのに……元気だね……」

「ミカは、もう疲れた?お腹痛いのに、無理させちゃってる……ごめん」

「そうだよ……撫でて、いっぱい、いっぱい……」

「わかった……ああ、ちょっとだけ膨らんでる気がする……愛しいよ、ミカ……」

裸になったミカのお腹を撫でるのは、自分の手じゃない、シンジの手だ。
いまは、妄想を現実としてとらえている。
直線距離にして886kmも離れているのに、ネット回線によって結びついている。

SF映画みたいな大した技術じゃない。
固定電話しかなかった時代でも、電話料さえ払えばできた行為だ。
今はビデオ通話で互いの姿だって見せあえるのに、それをやらないのは、想像力に任せる方がよほど心地いいからだ。

互いの顔も体も知らないから、妄想で自分の容姿をいくらでも変えられる。
相手が望めば、どんなエッチな姿にだってなれる。
テレビで見たこともない自称「俳優」のシンジだって、いくらでもミカ好みの姿に変えられる。

けれど。
ふと、現実に立ち戻る瞬間がある。
想像が飛躍しすぎたときだ。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

道中ヘルベチカ

都内で働くフリーライター・官能小説家。プロフィールのアイコンは、イラストレーターの月白涼(つきしろすずむ)作。ドキドキしてエッチな気分になれるだけでなく、最後まで読んで「まさかこんな展開になるとは! 面白かった!」と言ってもらえるような作品を仕上げていきます。どうぞ応援よろしくお願いします。