オナニーは好きだけどセックスが苦手…そんな人におすすめの練習法♡

 

From:秋山春菜

『あなたのことはそれほど』『恋がヘタでも生きてます』にハマっている秋山です。
この2つのドラマ見てますか?

『あなそれ』では、結婚した後に本当に好きな人と再会しダブル不倫にハマってしまう主人公と、そんな主人公の事を執拗なまでに愛する夫の話。

『恋ヘタ』は恋愛がヘタな登場人物が、それぞれ恋愛を通して成長していくお話なんです。

前向きな恋愛ストーリーと不倫の後ろ向きなストーリーなので、正反対にも見えるドラマなんですけど、この二つに共通しているのが

《やたらセックスのシーンが多い》

ってこと。

いやー、少し前までこんなにセックスのシーンって頻繁に登場してましたっけ?
イケメンのセックスシーンが普通に見られるなんて、いい時代になりましたね!(笑)

少し真剣な話になりますが、今日本人の30代未婚男女のうち、4人に1人はセックスの経験がないといわれているんです、、

今季のドラマに関しても恋愛物の視聴率は低いみたいだし、日本人の恋愛に関する関心はどんどん低下してるのがはっきりわかりますよね。

でも、好きな人ができたら愛し合いたいと思うのは当然だし、子供を産むためにもセックスって必要不可欠なものですよね!
年齢を重ねるほど、未経験であることがプレッシャーになってしまう、、

そのことが原因で、恥ずかしさからセックスを避けてしまうなんて方がいるのも事実。
ではそんな人たちは一体どうすればいいのか、、、

そう!練習をすればいいんです!!

▼関連記事
もう30歳!セックスが苦手でも楽しめるコツ

「セックスは一人じゃできないんだから練習なんてできるかバカヤロー!!」

はい。そう思ったあなた!!

セックスをしたことがないあなたでも、オナニーをしたことがある方は多いんじゃないでしょうか?

女の人ってオナニーするの?と質問されてすると答える人って圧倒的に少ないですよね。
でも、実は女性の9割近くの方がオナニーをしたことがあるというアンケート結果が出たんです!

オナニーであれば一人で時間のあるときに練習できるし、

  • プレッシャーや不安感を解消できる
  • 気持ちよくなれて快眠できる
  • オーガズムを感じやすくなる

などなど、いいことずくめなんです!!

そこで、秋山は【週1オナニー】を推奨します!
あくまで、イクことを目的とせずにセックスの練習をするため、ここではおもちゃなどは使わないことが鉄則です。

1.エッチな気分を高める

まず大事なのは、セックスをするために気分を高めること。
濡れ場のあるドラマや映画をみたり、漫画や小説を見るのもOK!

女性は特に雰囲気に影響を受けやすいので、気持ちを整えることはすごく重要なんです。
自分が一番興奮するものを準備して、カラダとココロを整えていきましょう!

2.下着の上から乳首や感じる部分を触る

気持ちが整ったら、自分のカラダに触れてみましょう。
最初から力を入れすぎて刺激を強くするのはご法度!
少し触れる程度の力で、やさしく触るのがポイント。
乳首はつまみながら刺激を与えるのもオススメです。

3.湿ってきたら直接クリトリスや小陰唇を触る

自分のカラダを触っているうちに、徐々に濡れてくる感覚がわかるはず!
湿りを感じたところで、直接性感帯に触れてみましょう!
このときのポイントは、利き手と反対の手を使うこと。

日常的に使う利き手は自分の意識や感覚が残っているもの。
あえて利き手とは反対の手を使うことで、他人に触られているような感覚を得ることができるんです♪

もし、湿りが十分じゃない場合には唾をつけてみるのもいいですよ。

4.濡れてきたら膣に指を入れてGスポットを刺激する

十分に濡れてきたところで、膣の中に指を入れてみましょう!
はじめてのときにはどこまで指を入れていいのかわからない人もいるかも、、

温かく少し膨らんでいる場所を目安に、自分の気持ちいと感じる場所を探してみましょう!

イキそうになった時には、足をピーンと伸ばさずリラックスした状態を意識するのもポイントです。

足ピーンはイキやすい体勢ではあるものの、実際のセックスでそんな体勢になることはほとんどないので、力を抜きましょう!

女性はネイルをしていたり爪が伸びている人も多いと思うんですが、膣の中は繊細なので傷つかないように注意しましょうね。

▼関連記事
足ピンオナニーでしかイケない!
足ピンオナニーは危険?

 

オナニーをするときには、10分程度で済ませてしまう人が多いそう。
でも、実際にセックスをすると愛撫から挿入まで含めると時間はさらに長くかかるもの。

なので、オナニーで練習をするときにはひと項目10分はかけるように意識してみてくださいね!

オナニーでセックスの練習をするときには、自分の感じやすい部分を知ること、あくまで実際のセックスに近い状態を作ることが大事。

大好きな人とのセックスをするそのときまでにテクニックを磨いておけるように、オナニーで自主トレがんばりましょー!!

では、私も早速『恋ヘタ』の田中圭を見て練習してきます(笑)

 

♥こちらの記事もおすすめ♥