【官能小説】正しさと罪の胎動【声のセックス 第4話】

★官能小説家・道中ヘルベチカさんによる連載がスタート!

ライタープロフィールはコチラ

★登場人物

ミカ(31)
福岡在住の専業主婦。夫とはセックスレスで、寂しい日々を埋めるため、偽名でSNSアカウントを開設する。

シンジ(31)
東京在住の自称「俳優」。SNSでミカを知り、メッセンジャーアプリを使ってバーチャルな「出逢い」を果たす。

ミカの夫(35)
サラリーマン。毎晩仕事仲間と飲んだり、友達とカラオケに行ったりで帰りが遅い。

★第1話はコチラ

★第2話はコチラ

★第3話はコチラ

******

「ミカって、福岡なのにぜんぜん訛ってないよな」

シンジと“出逢って”四ヶ月くらいになるだろうか。
もう、1年以上も付き合っている気がする。相変わらず、お互い顔を合わせることもない。

「だって、もともと東京出身だもん。旦那だってそう。転勤になって、こっちに来たの。結婚を決めたのも、転勤がきっかけだったな」

写真すら交換せず、ミカのSNSのアイコンは適当なフリー素材の果物で、シンジはアニメキャラクターのイラストだ。

「へぇ、そうか。一緒についていく決心ができるくらい、いい人だったんだね」

「あ、う……うん」

「もし先に俺と出逢ってたら、まだ結婚もしないで、東京にいたかな?」

「わからないよ……と言うか、シンジにも彼女いるんでしょ。付き合って、けっこう長いって言ってなかったっけ……」

「俺の彼女のことはどうでもいい」

「どうでもよくないよ……っていうか、そっちはどうなの。仲良くやれてる?」

「そんなこと聴くな。今は俺たち二人の時間のはずだ。旦那とか、俺の彼女とか、現実の話はやめよう。ヴァーチャルに戻れ。俺はいま、ミカと付き合ってる」

「う、うん……ごめん」

いつものような他愛のない会話をしているつもりでも、どことなく相手のセリフにトゲを感じる。
「倦怠期」。
一瞬、そんな言葉が脳裏に浮かんだ。

彼が言うようなヴァーチャルな恋人関係は、いつまで続けられるのか。
ずっと現実から目を逸らし、お互いが寂しいときの隙間を埋めるように付き合い続けるのは、果たして正しいのか。

いや、正しい正しくないの話をすれば、そもそも偽名でSNSに登録したこと自体、どうだろう。
そこで恋人探しのようなことを始めたのがすでに誤りだ。
いまさら何が正しいか考えること自体、馬鹿げている。

ただ、間違った行為にはやがて罰がくだる。
この関係がミカの夫にバレるか、シンジの彼女にバレるか、そのとき二人は終わるだろう。
そのことに怯えながら、これからも続けられるだろうか――。

「ねぇ、今日はもうやめにしない?ちょっと最近、体調がよくなくて」

何やらお腹が痛い。
余計なことを考えすぎ、ストレスを抱えてしまったせいか。
ただ、それだけという気もしない。

痛みはもう一週間ほど続いている。
時刻は夜11時。
夫も遅くなると言っていたが、そろそろ帰ってきそうだ。

「お、どうした?ひょっとしてセイリ?」

「やだ、もう……」

恥ずかしいからやめて、そう言いかけ、ふと気づく。
生理とは違う痛みだが、最後にきてからどれくらい経つだろうか。
一ヶ月はとうに過ぎ、さすがにもうこないとおかしい。
ひょっとして……。

「デキちゃったのかも」

つい声に出す。

「は?デキたって、まさか……デキたってこと?」

シンジも驚いたのか、同じ言葉を2度繰り返す。

「いや、ありえないけど……だって、夫ともしてないのに……」

「俺とは、してるじゃん」

「でも、あれは……」

ヴァーチャルなはずだ。
実際には何もやっていない。
二人、メッセンジャーアプリで声をかけあいながら、自慰行為にふけっていただけだ。
それなのに……。

「……わかったよ、ミカ。そういうことか。ごめん、察しが悪くて。俺、うれしいよ……」

急にシンジの声色が優しくなる。
何を察したのか、きっとミカが空想世界へ入ったのだと思ったのだろう。
つまり、「妊娠を演じている」のだと。

「ミカ……お腹、触らせて……ああ、感じる……ここに、俺たちの命が入ってるんだね……」

「いや、そ、そうじゃなくて……」

否定したが、シンジがミカのお腹に手を当てている様子を思い浮かべたら、それも悪くない気がしてしまった。
お腹の痛みも、何だか愛しいものに思えてしまう。

「そうじゃなくて、なに……そうか、先にキスしてほしかった……?」

「う、うん……そう……して、キス……」

ちゅっ。
本当に唇を重ねているように、音が聞こえる。
ドキドキ、胸が高鳴っている。
またシンジとエッチなことができる、それを望んでしまっている自分がいる。
もう、服を着ていることすら煩わしい。

「ミカ……ああ、すきだよ、ミカ……でも、どうしよう……こんなときにしちゃうのは、やっぱりマズいかな……」

「ううん、そんなことない……お願い、して……」

ヴァーチャルだから。
なんて都合がいいんだろう。
何もかもフィクションだ。

だからこそ、心地がよかった。
夫がいるのに、後ろめたさもなく続けてこられた。
何度でも交われる。

「わかった、ミカ……いっぱい、愛し合おう……」

ちゅっ、ちゅぱっ。
幾度もキスの音を鳴らしながら、ミカはワイシャツのボタンを外していく。

第5話へつづく)

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】いつも頑張っているあなたへ…

凄腕鑑定士が、迷い疲れたあなたのココロを優しく包み、幸せになるための“きっかけ”を見つけてくれます。

・彼が浮気してるかも
・彼が愛情表現をしてくれない…
・本当彼は運命の人?

なんでも鑑定師に相談OK!
当たり過ぎて怖いと評判なので、心の準備をしてから体験してください!

ABOUTこの記事をかいた人

道中ヘルベチカ

都内で働くフリーライター・官能小説家。プロフィールのアイコンは、イラストレーターの月白涼(つきしろすずむ)作。ドキドキしてエッチな気分になれるだけでなく、最後まで読んで「まさかこんな展開になるとは! 面白かった!」と言ってもらえるような作品を仕上げていきます。どうぞ応援よろしくお願いします。