【官能小説】妄想と現実のシャッフル【声のセックス 第3話】

★官能小説家・道中ヘルベチカさんによる連載がスタート!

ライタープロフィールはコチラ

★登場人物

ミカ(31)
福岡在住の専業主婦。夫とはセックスレスで、寂しい日々を埋めるため、偽名でSNSアカウントを開設する。

シンジ(31)
東京在住の自称「俳優」。SNSでミカを知り、メッセンジャーアプリを使ってバーチャルな「出逢い」を果たす。

ミカの夫(35)
サラリーマン。毎晩仕事仲間と飲んだり、友達とカラオケに行ったりで帰りが遅い。

★第1話はコチラ

★第2話はコチラ

******

「なぁ、ミカ……俺の、舐めてくれるか……」

シンジと声のセックスをするのは、何度目だろう。

シンジとコメントを交わすようになり、メッセンジャーアプリで個別でもやりとりをするようになり。
文字だけでなく、声も交わすようになった。

「ん……どうしようかな。また先日、風俗行ってきたんでしょ。病気とか、もらってきてない?」

最初は単に面白い人だと思って関わり始めたのに、声はハードボイルドな探偵ドラマの主人公が似合いそうなほどセクシーで、正直、心を射抜かれた。

彼の方もミカの声を、魔法少女系アニメの主役に似てかわいい、と言ってくれた。
自分では、子どもっぽくてコンプレックスだったのに。

「おい、現実の話を思い出すなよ……想像して。ほら、きれいなもんだろ……」

その上、声だけで男女の契りを結ぶまでに至るとは。

初めて誘われたときは、恥ずかしいし、馬鹿みたいとも思った。
実際には会いもせず、体も重ねず、会話と想像のみで交わるなんて。

そんな風俗サービスがあるのは知っているが、自分とはまったく無縁のハズだった。

「ふふ、そうだね。イメージする。誰とも交わったことないような、キレイなアレを」

けれど、声だけだからこそ、ミカの感情は余計に刺激された。
もちろんシンジの演技がいいのもあるだろう。
プロフィールにある「俳優」という職業は、嘘ではないのかもしれない。

「いや、それじゃ童貞……まぁ、いいや。童貞に教えるつもりで、優しく、くわえてみて」

夫とのセックスなんて、結婚以来、会話もない。
淡々と服を脱ぎ、黙々と肌を重ね合い、粛々と交わる、ただそれだけだ。
そんなセックスすら、長らくご無沙汰だ。

「ん、わかった……ジュッ、ジュルジュルッ……」

「う、うわ……エロい音……すごくいい……もっと聴かせて……」

ふふっ。ミカは微笑む。
リアルさを追求し、アイスキャンディをなめて音を出したのが効いているようだ。

「ジュッ、ジュルジュルッ……ジュルッ」

「あ、あああっ……気持ちいい……ミカ、すきだ……」

「おいしい……シンジの、いっぱい汁があふれてくる……ジュル……ね、キモチイイ?」

「ああ……ミカ……きもちいい……もう、いっちゃいそうだ……」

「ダメよ……まだ我慢して……ジュルッ……あと、ちょっと……」

もう少しでアイスキャンディも舐め終わるから、など現実の話はしない。
イメージこそが今は真実だ。
ミカがくわえているものはシンジの先端。

その想像を、頭から離さない。

「ミカ……どうしたらいい……?はやく教えて……これ、もう破裂しそう……」

懇願するシンジと、またつながりたい。
敏感なところで触れ合いたい。
アイスを舐め終え、残った棒はベッドの脇のゴミ箱に落とす。

「わかった……待たせてごめんね。もういいよ、シンジ……挿れて。いっしょになろ……」

自分でも声が震えているのがわかる。
本当に興奮している。

「ありがと……うれしい……ミカ、一つになるよ……」

ズプ……。

何かが、ミカの中に入ってくる。
自分の指ではない。
その形を借り、シンジ自身が、ミカの胎内を満たそうとしている。

「あ……は、はいって、くる……!」

「ミカっ……痛く、ない……?」

「だいじょう……ぶっ……あっ……きもちぃ……」

「ミカ……感じてくれてるの……うれし……ちゅっ」

「ん……シンジ……あぁっ……すきぃ……」

ミカの体を擦る。
シンジが、擦っている。
くちゅっ、くちゅっ、という音。
スマホからだけじゃない、ミカの体の中から聞こえてくる。

一人じゃない。
電波の向こうの男も一緒だ。
あらゆる行為がバーチャルでも、彼だけは現実にいる。
長い距離を隔てながらも、心でつながっている。

これは、もはやセックスなんてありふれた行為ではない。
これこそ本当の愛の営みなんじゃないか。
本気でそう錯覚する。

実際に会っていないからこそ、お互いがすべてに身をゆだねられる。

夫とのように、ただ性欲を処理するだけのように黙々とやるのではない。
つねにシンクロしている。
声と声が、心と心が共鳴しあっている。

「ミカ……やばい、もう、いきそっ……」

「シンジ……きて……」

「い、いいのか……俺、ゴム付けてない……」

「えっ……」

本当に、怯えたような声を上げてしまう。
それさえ、イメージと現実が入れ替わっている証拠だ。

「だめ……ゴムして……じゃなきゃ……妊娠しちゃうっ」

そんなわけないのに、本気で危機感を募らせる自分がいる。

「あぁっ……でも、だめだ……がまん、できない……あぁっ……イクッ、イクッ……!」

「シンジ……あっ、だめ、だめぇぇぇっ……外に、外に出してぇ……!」

「ミカ……ごめ、ん……あっ……!」

互いの言葉が途切れる。
ビクッ、ビクッ、と体の底が震える。
確かに、何かがミカの中で弾けた。

妄想なのか、現実なのか。
現実って、なんだっけ……?頭の中が白くなって、何も考えられなくなっている。

いまなら本当に、ミカの隣で横たわる彼の裸体が見える気がする。

「ごめん……中に、出しちゃった……ははっ……」

言葉は、スピーカーからではなく、本当にその幻想の唇からつむがれたように思う。

「ば、ばかぁ……」

抗議をしながら、目に本物の涙を浮かべながら。
それでも、ミカは唇を重ねる。

「「チュッ」」

音も重なる。
長く長く、二人は“抱擁”する。
スピーカーの向こうから、声は聞こえない。
ただただお互いの息づかいの音だけが、部屋に広がっている。

(第4話へつづく)

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】驚異の的中率!!

体験者数30万人突破記念!
今なら有名占い師の鑑定が無料で体験できます。

・彼が浮気してるかも
・彼が愛情表現をしてくれない…
・本当彼は運命の人?

なんでも占い師に相談OK!
当たり過ぎて怖いと評判なので、心の準備をしてから体験してください!

【提供:株式会社フェア】

ABOUTこの記事をかいた人

道中ヘルベチカ

都内で働くフリーライター・官能小説家。プロフィールのアイコンは、イラストレーターの月白涼(つきしろすずむ)作。ドキドキしてエッチな気分になれるだけでなく、最後まで読んで「まさかこんな展開になるとは! 面白かった!」と言ってもらえるような作品を仕上げていきます。どうぞ応援よろしくお願いします。