もっとエッチが気持ちよくなる、とろけるキスの仕方♡

もっとエッチを気持ちよくしたい!とろけるキスの仕方って?

From:木下実央

今日のテーマは…
タイトル通り、「もっとエッチが気持ちよくなる、とろけるキスの仕方♡」です!

おこちゃまは読んじゃだめよ!!笑
大人になってから読んでね♡

では早速。

最近、ものすごくキスがうまくて、木下のスイッチをONにさせた人がいたんです。
久しぶりにキスうまい人に当たったから、うっかりドキドキしちゃいました♡

あなたが思う“とろけるキス”ってどんなものですか?
偏見かもしれないけど、若い人って、エッチの前のキスの時間が短くておざなりな気がするな〜。

てきとーなキス→

ちゃちゃっとおっぱいを揉む→

ちょっと濡れてくる→

ちゃちゃっとアソコを触る→

挿入→

後戯ほぼなし

〜完〜

こんなファストセックスが木下は大嫌いです!!!

諸悪の根源は

てきとーなキス!!!

ここにあり!!

彼がファストセックスしかしてくれない…
って悩んでる女性も多いのでは?

以前の木下もそうでした。
特に、付き合いが長かったり、同棲してたりするとエッチに時間をかけなくなるカップルが多いんです。
同棲中のカップルの8割がセックスレスっていうデータもあるくらいだから驚き。

でもね、エッチの前のキスひとつでエッチの盛り上がり方が全然違ってくるんです!!

最近てきとーなエッチが多いな…
キスってうまくできない…
そもそもキスに重要性を感じない。

そんなあなたに、エッチまで気持ちよくなっちゃうとろけるキスの仕方を伝授します♡

掘り下げるとたくさん書きたいことはあるんだけど、今回は誰でにもできる簡単なキスの仕方を3STEPでご紹介♡

まずは小鳥ちゅう♡

小鳥ちゅうとは、読んで字のごとく小鳥がエサをついばむような軽いキスのこと。

ちゅっちゅっと音を立てることを意識して。
ちょっとふざけた感じで何度もすると、欲しがってるみたいで可愛さUP♡

はむはむ♡

すぐに舌を入れるなんてナンセンス。
小鳥ちゅうの次は口唇だけを使ってはむはむ!

口唇だって立派な性感帯
口唇を使って、相手の上唇・下唇を軽く挟むようにはむはむ。

だんだん気持ちよくなってくるよ♡

焦らすように口角とか、口唇のはじっこをぺろっと舐めるのも◎。

木下はこのはむはむが大好き!
15分くらいやってても飽きません。笑

最後は…♡

はむはむが終わってからようやく舌を入れます。

でも奥深くまで入れるのはNG!

キスが下手な男性ほど、荒々しく奥まで舌を突っ込んできます。
(※海外ではこんなキスのことをウォッシングマシンキスっていうらしい。笑)

あくまでも浅いところで、柔らかく舌を使うのがポイント。

とっておきは…
舌を吸う♡
強く吸うと痛いから気を付けて!笑

彼がなかなかやってくれないなら、自分から彼に「舌出して?」って言ってみよう!

舌の先を軽くちゅっと吸うのがおすすめ。
お手本を見せれば彼もやってくれるはず。
だって気持ちいいもん!

口移しで飲み物を飲ませ合ったり、キャンディーとかアイスを食べっこするのもなんだか甘くてえろくていい感じ。

あとは、キスしてるときに相手の髪や頭皮を触ると気持ちよさがUP。
彼のやる気スイッチもいっきにONに!

雰囲気がいい感じになってくると、自然と濃厚なエッチができます!♡

でも、彼が強引に最初から舌突っ込んでくるの!涙
というあなた。
彼がそんなことしてきたら、ぱっと口を離してしまいましょう。

空気読める人なら嫌なんだって気づくはず。

それでも分かんない彼には、「ううん、ゆっくりして?」って言ってみましょう。
あなたがキスをリードして、お手本を見せてあげてくださいね。

さらに上級編が知りたい方はコチラへ↓↓

みんなが気になるエッチの仕方を紹介してるよ♡

会員登録誘導ステップ

♥この記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

木下 実央

都内で活動中の恋愛・セックスライター。別名で作家としても活躍している。(作家名はヒミツ!)老若男女問わず寄せられるセックスの様々な悩みを、独自の視点で解決していく。細かすぎる実践的なテクニックが人気。