足ピンオナニーでしかイケない!足ピンオナニーは危険?


私、足ピンオナニーでしかイケないんです…

オナニーするとき足ピンしてるそこのアナタ!
足ピンオナニーしてると、セックスでイケなくなる危険性があるってご存知でしたか?

※足ピンオナニーとは…
文字通り、足をピンと伸ばした状態でオナニーし、イクこと。
足を開いてするよりも内ももに力が入りやすく、イキやすいので知らずのうちに足ピンオナニーしてしまっている人も。

実はこの足ピンオナニーに慣れてしまうと、脚を開いた状態(=通常のセックスの体勢)でイケなくなってしまうのです。

オナニーではイケるのに、セックスではイケない

オナニーではイケるのに、セックスではイケないという女性のほとんどが、足ピンオナニーをしてしまっています。
また、足ピンオナニーをしている女性のほとんどが膣ではなくクリ派です。

セックスでイケない理由は、
・膣で感じることができない
・足ピンオナニーの刺激に慣れてしまっている
この2つが相互に影響しあってしまっているのです。

足ピンをやめるとありえないくらい気持ちいい!

これは筆者自身の経験談でもありますが、足ピンオナニーをやめると今までとはまた違った快感を得られるようになります。
足ピンオナニーをやめるのは意外にも簡単。

~仰向け派~

まずは、今まで通り足ピンした状態でオナニーを始めます。
イキそうになったら、少しずつ足を開いてM字へシフト!

最初はイケそうでイケない状態が続くかもしれませんが、足ピンに戻して再びイキそうになるまでオナニー→脚を広げる
これを繰り返していくと、脚を開いた状態のままイケるようになります!

~うつ伏せ派~

こちらの場合も、まずは足ピンした状態でオナニーを始めます。
イキそうになったら少しずつ足を開き、腰を浮かした状態でフィニッシュ!
実際のセックスでも、バックでイキやすくなります。

足ピンをやめるとセックスでもイケるようになる!

足ピンオナニーを卒業できれば、セックスでもイケる確率が上がります!
クリ派の人は挿入中にクリを刺激すればイケるし、中でイク派も問題なし。

でも…
どうしても足ピンした状態でセックスしてイキたい!
そんなあなたにおすすめの方法をご紹介します。

1、彼の腰を思いっきり挟む!

正常位のとき、普通に合体します。
足を彼の背中で組み、そのまま力を入れて彼をホールド!
膝がしらは正面を向くように挟み込むのがポイント。

こうすると足ピンしているときと同じ、内ももとお尻に力が入る状態になるので、イキやすいです。

次のページへ▼▼