【あなたも当てはまる?】女性がセックスで勘違いしている5つのこと


From:mai

多くの女性が勘違いしているセックスについて。
少し前までは、「セックス」の話はタブーとされていたり、女性が求めることは恥なこととされてきました。

しかし性教育をまとも受けない日本人は、「セックスの仕方」も「安全な方法」も何も教えられず自分で学ぶか、無知なままセックスをして「妊娠」「病気」といったことにも繋がります。

多くの男性は、「アダルトビデオ」からセックスや女性のことを知るかと思います。
「激しければ女が感じる。」「女はみんなオーガズムに達する。」と勘違いして女性に苦痛を与えているかもしれません。

男性を悦ばせようとする女性がやりがちなセックスの勘違い5つご紹介します。

経験人数が多ければ
セックスが上手い

経験を積むのはとてもいいことですが、ただ経験を積みたいからセックスする人数を増やすのは、ココロとカラダにとって不健康です。
経験人数を増やすほど「病気」のリスクも上がっていきます。

たとえば、経験人数が多い男性とセックスしても、意外に下手な人も多いですよね。
そういう男性に限って「俺は女のカラダを熟知している。」と自慢げにしている人もいます。

女性も「経験人数が多いと、セックスが上手くなる」と考えずに、好きな人とどれだけセックスを楽しむかによって、感度もテクニックも磨かれていくんです。

避妊は男まかせ

これもよくあるのですが、「避妊は男性の役目」「コンドームは男性が用意する」という暗黙の了解のようなものがありますよね。
「彼氏が避妊してくれなかった。」と言う女性もいますが、それは2人の責任です。

女性も自分自身のカラダを気にかけて、女性も持っておくのが普通の時代になっています。

演技する

男性を悦ばせようと大きな声を出しすぎたり、AV女優さんのような感じ方や声の出し方をして演技していませんか?
声や態度に集中するのもいいですが、きちんと感じていますか?
演技では本当の快感は得られませんし、相手にも失礼にあたります。

▼関連記事
SEXの演技は今すぐやめるべし!演技がNGな3つの理由

まずはリラックスして、男性に身を委ねるのが「快感」を得る一歩です。
セックスに興味があるなら、いろんな情報収集をしてセックスで実践してみるのもいいと思います。

たとえば、最近では女性用のアダルトビデオがあったり、可愛いセックストイがあったり。
女性も堂々とセックスを楽しむことができるので、一度試してみるのもいいですね。
(女性アダルトビデオは、比較的ソフトで女性が好むように構成されていますよ!)

テクニックが全て

男性との経験人数が豊富な人ほど、「男も女もテクニックよ!」と胸を張って言います。
だから、女性はフェラや騎乗位を一生懸命上手くなろうとしたり、男性は女性をオーガズムに達せられるようにしたりしますよね。

だけど、それって自己満足です。

「それが上手くなれば相手が喜ぶ」なんて思っていませんか?
男女ともに気持ちいいところや体位は、人それぞれ。

プロの人ならテクニックは必要かもしれませんが、恋人同士なら本当に必要なのは「相手を思いやる心」です。
どこをどう触れば感じてくれるのか、愛情を持って相手のカラダに触れるのが大切なんです。

我慢する

「男性に痛いって言うのが申し訳なくて…痛いのを我慢してる」という女性があまりに多いですよね。
我慢すればいいと思っているとセックスは苦痛でしか無いですし、女性のカラダも傷つくかもしれません。

「痛い」と言わなければ男性にはわかりません。
男性だけが満足するセックスでは、2人の関係に満足もしないので、積極的にセックスの話をすることをオススメします。

▼関連記事
気持ちいいのにどうして?“濡れない”お悩み改善法

 

セックスに関する情報が、よくも悪くも溢れている現代。
愛のあるセックスに、本当に必要なものは何か?をよく考えて、幸せなセックスをしてくださいね。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】中イキの練習にはこれ♡
marin

Gスポットとクリを同時に刺激できる、見た目も可愛い女の子向けバイブ♡
中イキの練習にはもってこいです!
刺激が強いのでご注意ください♡

>>バイブの詳しい説明はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

mai

カナダ在住の関西女子。 ライターとして『海外ドラマボード』、『Googirl』、『せかいじゅう』などで活動中です。 海外セレブ、甘いもの、恋バナ大好きです。 自身の体験・周りの人達の恋愛を通して学んだことを発信していきたいと思います!