ルーティン化してない?脱マンネリで、セックスをもっと気持ちよく♡


From:大塚りの

突然ですが、セックス、楽しんでいますか?
どれくらいの頻度でしていますか?
決まった人としていますか?

そして……意外と、いつも同じだったりしませんか??

特にパートナーがいる場合、セックスの「流れ」って、つい「いつも通り」になりがちなもの。
キスして、脱いで、前戯のあと正常位……なんて、「手順」通りのルーティンになってしまっている人も、少なくないはず。

でも、それじゃ、楽しくないですよね。
そんなセックスばかりで、もう慣れちゃった……、と、思っているあなた。
違うセックスを楽しみたかったら、相手を変えるしかないのかなあ……、なんて、ぼんやり浮気心が湧いてきちゃっているあなた。

ちょっと待って!
ほんの少しの工夫で、彼とのセックスを楽しむ余地は、まだまだたくさんあるんです。
今日は、そのちょっとした「コツ」を3つ、お教えしますね!

1.セックスの話をする

彼とはいつも、どんな話をしていますか?
テレビの話や仕事のこと、趣味について……。
いろんな話をしていることと思います。

じゃあ……、
セックスの話は、していますか?
きっと、あまりしていない人がほとんどだと思います。

だって、恥ずかしいですもんね。
でも、勇気を出して、彼とセックスについて、いろいろ話をしてみてほしいんです。

セックスってどうしても「男性がするもの」「女性がされるもの」というイメージが強いから(本当はどちらも能動的に「する」共同作業だと、私は思っていますが)、実は男性の方は「させてくれているけど、本当はこの子、セックス好きじゃないんじゃないかなあ……」と、どこかで思ってしまいがち。

だから、あなたから話をして、「実は私もセックスに興味があるんだよ」っていうことを、教えてあげればいいんです。

そうすれば彼は喜んで、今までしなかったことを試してくれます。
「彼女ってセックス好きじゃないかも」と考えていたときは、いつも通りなるべく早く終らせてあげる方があなたのためだ、と考えていたけれど、「なんだ、彼女もセックス興味あるんだ、よかった!」とわかれば、「じゃあ、一緒にもっと楽しもう」と、いろいろしてみたくなるわけです。

ただ……、
「セックスの話」と言っても、やっぱり恥ずかしいし、なかなか難しいですよね。
しかも、ヘタすると、下品になってしまいかねないし。

だから、「それとなく」「なんとなく」でいいんです。
たとえば性格の話で「SかMか」みたいなところから、「痛いのはイヤだけど、目隠しとかってそんな違うのかな……?」とか。
「女性誌のセックス特集のアンケートとか見たんだけど」っていうところから、「実はこういうのしてみたい、されてみたいとか、ある?」とか。

要は、「セックスに興味があるよ。今までと違うこともしてみたいよ」っていうのが、彼に伝わればいいんです。
「嫌々されているわけじゃないんだよ」っていうことを、できるだけ早く、彼に教えてあげましょう!
大喜びで、「二人で楽しめるセックス」を考えてくれますよ。

2.場所・時間を変える

場所については、よく言われていることですよね。
自宅セックスの多いカップルなら、たまには旅行に出掛けてみる、ラブホテルを使ってみる……など。
たしかにこれは気分が変わって、とても盛り上がるので、オススメです。

ただ、お金もかかるし、そうそう簡単にできないことも。
そんなときは、「時間」を変えてみましょう。
実は、いつもの場所でも、時間が違うだけでずいぶん気分って変わるものなんです。

「いつもの流れ」が、
晩ごはん→ちょっとお酒とテレビ→お風呂→セックス→就寝
だとしたら、朝や昼間にセックスをしてみましょう。

特に朝、起き抜けは、とってもオススメ!
朝って実は、男女ともに性欲を高めるホルモンが分泌され、カラダ的にも「準備オッケー」になっているからです。
疲れもなく、感度もよく、しかも夜より明るくてちょっと恥ずかしい……。

これは相当、いつもと違う気分で、セックスが盛り上がります!
夜眠いのをガマンしてするより、まだ元気な朝や昼にゆっくりすると、自然といつもはしないようなこともしてしまうもの。

また、既に状況が「いつもの」ではないので、あなたの方から「今日は時間あるし、いつもと違うことがしてみたい……」などのおねだりの言葉も、言いやすくなりますね。

よく「昼酒は効く」なんて話を聞きますが、セックスも同じ。
「あんまりやらない時間に」「他の人は外で活動している健全な時間に」という背徳感みたいなものが、エッチな気分を、より高めてくれるんです。

旅行や外泊はハードル高いな……という人は、ぜひ、「朝セックス」「昼セックス」、試してみてください。
場所は「いつもの部屋」でも、本当に、いつもより数段気持ち良くなれますよ!

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

大塚りの

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!