気分の乗らないセックスはもうしない!ベストな状態で彼と愛し合うための6つの方法


エッチな気分になれない…そんなときのセックスはどうする?

From:木下実央

気分の乗らないセックスほど盛り上がらないものってないですよね。

でもエッチな気分になれないのに、彼に合わせて仕方なくセックスする…ってときありませんか?
特に、同棲中のカップルや長年付き合ってるカップルにありがちなんじゃないでしょうか?

私も、結構経験あります。
昨日も断ったしな~。
連日断るのはちょっと彼がかわいそう…。

なんてとき、エッチな気分は全然盛り上がってないのに何となく付き合いで…。
言うなれば、流れ作業セックスです。

だけど、こういう気分の乗らないセックスって全然気持ちよくないんですよね!

ごくごくたま~に途中からエンジンがかかることもありますが、大抵はいつもと同じパターンのマンネリ化したセックスをただこなすだけの流れ作業。

男性と違い、女性の快感は“気持ち”や“気分”に左右されるので、こんな流れ作業セックスでエッチな気分になれないまま気持ちよくなれるはずがありません。

しかも、女性の性欲のピークは、加齢とともに女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの働きが強まる35歳くらいからと言われています。
なので、35歳くらいまでは、女性はエッチな気分になれない日が多くて当然なのです。

ですが一番困るのは、あなたがエッチな気分じゃないとき、彼はほとんどの場合それに気付いているということ。

あなたのやる気がない様子を見て、心の中では申し訳無さと、残念な気持ちが湧いています。
…まあ、それでも性欲には勝てずにすることはするんですけどね。(笑)

反対に、気分が乗ってるときのセックスって最高に気持ちいいですよね!
お互いに気持ちがいいと思えるセックスは、二人の絆がより深まる大切な時間。

彼のことを大好き!って思えるし、相手にもそう思ってもらえます。

…って言ったって、エッチな気分になれないものはしょうがないじゃん!
というあなたに、今すぐ彼と愛し合いたい!状態になれるコツをご紹介します。

1.排卵期を狙う

女性の最も性欲が高まるのが排卵期。
これは、エストロゲンという、性欲を促す働きのあるホルモンの影響です。
生理日を記録するアプリなどを使えば大体の排卵日が分かります。

2.空腹・満腹時はNG

空腹時は性欲より食欲が勝ってしまうので注意が必要です。
女性の場合、食欲が満たされた状態の方が性欲が高まるので、食後2,3時間がベスト!

ただし、あまりにも満腹だと血液は胃の消化活動に集中するため、感じにくくなってしまうので要注意。

3.薄明かり

真っ暗な状態より、ほの暗い明かりは想像力をかきたててムードを高めます。
そして、ちょっと眠くなってくるくらいのときの方が、女性の性欲は高まります。

4.触れ合う

マッサージしてあげる!を口実に、彼の体を触りまくるのがおすすめ。
肌の密着感や、温かさを感じることで性欲が徐々に高まってきます。

ちなみに、彼の性欲を高めちゃうおすすめのツボは、おへその真裏にある命門という背中のツボ。

5.エッチな漫画や動画を見る

女の子向けのエッチな漫画や動画、無料で見れるものもたくさんあります!
AV=男性のもの、という考えはもう古いです。
女の子だってエッチな動画を見ていいんです♡

女の子向けのAVなら、恋愛ドラマを見るようにキュンキュンしながらエッチな気持ちにもなれるので、たまにはエッチなものを見て想像力を高めましょ♡

6.ボディケアを完璧にしておく

エッチな気分になれない理由、もしかして自分のカラダに自信がないからかも?
気になるお腹周りのお肉や、彼に見られたくない肌荒れのすっぴん…
そしてムダ毛!!

無意識のうちに「彼に見られたくない…」って思うと、セックスする気分になれないものなんです。

▼関連記事
男性に嫌われる、、、sex前のあれこれ

そんなあなたは、ぜひボディケアに力を入れてみてください!
長年付き合ってるからこそ、急に綺麗になったあなたに彼もびっくりするかも♡

 

お互いの気分が乗ってこそ最高に気持ちいいセックスができますし、相手の大切さを再認識できます。

マンネリ化してきたあなたやセックスレスのあなた、そしてなかなかエッチな気分になれないあなた。

ぜひ排卵期の食後2,3時間後、部屋の明かりをほの暗くして彼をマッサージしてあげてくださいね♪
エッチな気分でセックスできること間違いなし…♡

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

木下 実央

都内で活動中の恋愛・セックスライター。別名で作家としても活躍している。(作家名はヒミツ!)老若男女問わず寄せられるセックスの様々な悩みを、独自の視点で解決していく。細かすぎる実践的なテクニックが人気。