一回のデートで終わらせない!目指せ忘れられない女!


From:黒木ゆい

死んだ女よりもっとかわいそうなのは、忘れられた女です。

20世紀前半フランスの女性画家・マリー・ローランサンは、こんな名言を残しています。
いつの時代も、女はいつまでも男性の記憶に残りたいものなのかもしれませんね。

でも、「元カノが忘れられない…」っていうメソメソしてる男子がいたら、
「そんなこと言ってる暇があったら市場に溢れてる独女をサッサと落としにいきな!!!この根性なし!!」
と言ってやりたくなりますね。

そんなわけで、黒木が提唱するのは“元カレに思いだされる女”という意味の忘れられない女じゃなくて、「第一印象で忘れられない女」です!

合コン、街コン、婚活パーティなど。
大勢の飲み会の場だと、印象薄いと次に繋がりませんものね。

「あの子にまた会いたいな」と思わせる女=「忘れられない女」。
それって、どんな女性なのでしょう?

モテテクが通用しない時代、
到来!?

先日、カフェでランチをしてた店内に流れていたラジオが、こんなことを言っていました。
「過去のモテテクは通用しない!時代遅れの勘違いモテを特集しま~す!」
 と…。

そう。
今までの恋愛本に書いてあった「モテるテクニック」が通用しない時代が、来てしまったのです…。

合コンで料理を取り分けたり、うんうんと相槌をうって相手の話しを聞いたり、さりげないボディタッチをしたり、動物にはしゃいでみたり、「すごーい♪さすが♪」を連発したり…

最近の人はよく勉強していますからね。
男性たちも気付いてしまったのです。
『あ、これ、モテたくてやってるアピールだ』
 と…。

男性は、女性のそういったアピールがわざとだと分かると、すごいスピードで引いてしまうそうです。
モテる男ならなおさら!

わかりやすく女性の立場に置き換えるなら、「絶対何もしないから」と言いながら明らかに体目当てで家に来たがる男レベルの気持ち悪さなのだとか。
生きにくい時代になったものです…。

男性に聞いた「女子のこのアピールが嫌だ。」

「動物を見ると駆け寄って行く子いるけど、そういう子に限って触り方が全然慣れてない。そこまでして自分を可愛く見せたいか?ってドン引き。」(28歳/公務員)

「女の子って、ぜんぜん可愛くない子に対しても『可愛い』っていうじゃん。
あれって『こんな子にもカワイイって言える私可愛い♪』なんでしょ?」(22歳/学生)

「この前の合コンで会った子、何言っても『すごーい』ばっかり。実は話聞いてないよね。ちょっとイジワルして何がすごいの?って聞き返したら黙っちゃった(笑)」
(32歳/広告)

女性の男性に対する値踏みトークもなかなかエグいですが、男性側の意見も強烈!!

しかし、上記のような“あざとすぎるアピール”も、「顔が綾瀬はるかなら問題ない」とのことでした。 

………。

忘れられない女になるには、
「ありのまま」であれ!

「ありの~ままの~♪」
…はい。
もう、聞きすぎて耳にタコですよね。
もう古い、という意見は受け付けません。

かの名曲“Let It Go”のサビ、「ありの~ままの~♪」のように、人の印象に残る為には、あなた自身が「ありのまま」でいることが、『最も有利』。

合コンや、婚活パーティなど、とくに強く「彼が欲しい」と思っている人は、かまえてしまいがち。
 「この人を自分の彼氏にしてもいいか?」という値踏みスタンスは相手にも伝わってしまいます。
それに、モテテクを駆使して自分を取り繕うと、私、どう?いい女でしょ?」という部分が男性にも見えてしまいます。

そして結局、「みんなと同じような人」に見えてしまうのです。
「みんなと同じような人」に見えたら、当然ながら「見た目」が採点基準になります。
同じモテテクを使えば美人が勝つのです。

 しかし、そんな中、モテルールを全く無視した、「ありの~♪ままの~♪」のあなたが登場したらどうでしょう?

Let it Go?でも…

 ここまで読んで、あなたはこんな風に思っているかもしれません。

ありのままで引かれたら傷つくし本音を言って空気を悪くしてもイヤだし『変な人』だと思われたくない。
たいていの人は、深層心理で「ありのままの自分を出したら嫌われてしまうに違いない」と思っているのだそうです。

分かります。
ありのままの自分でいるって、とても怖いことですよね。
でも、あまり難しく考えないでください。

実は、「ありのままがモテる」理論は、あなたも気づかずうちに実践しているのです。
それは、「好きな人には振り向いてもらえないのに、どうでもいいと思っている人に好かれる」法則です。

好きな人の前だとかまえてしまうけど、どうでもいい人の前だと自然体でいられるから、結果、どうでもいい人に好かれるのです。
そう、大抵の場合、とりつくろって構えて建前ばかりの「あなた」より、「ありのまま」のあなたが一番魅力的なのです。

友達のことを考えてみてください。
あなたの大好きな友達は、あなたに「自分のいいところを見せよう、見せよう」としているでしょうか?
そんな人と、あなたは友達になりたいでしょうか?

あなただって、本音の見えない建前ばかりの友人よりも、素の自分で接することのできる友達の方が好きだし、信頼できるし、一緒にいたいと思いませんか?
恋愛もこれと同じ。

婚活パーティでなかなかいい人が見つけられないのは、大抵の人が気にいってもらうために「建前」で自分を固めてるから、本来のその人の良さが出ていないせいです。
その人の「キラリ」と光る部分が見えないのです。

よく、「結婚したいという想いがなくなった途端、結婚できた」という話しを聞きます。
もういいや、という諦めの姿勢が、本人をリラックスさせ、ありのままでいられるようになるからなのかもしれません。

「一緒にいると安心できる女性」になりましょう♪

人は取り繕った人の前では安心できません。
一時的な恋愛モードのときはそれもアリだし、トキメキや刺激になるかもしれませんが、人間はそんなに興奮状態ではいられないもの。
とくに肉食男子が絶滅危惧種に指定されてきた現代、草食男子はサバイバルよりも、安心を求めています!(笑)

じゃあ、どうしたら相手を安心させる女性になれるか?
それはあなた自身が相手といることで「安心できる」「リラックスしている」と見せることです。

「一緒にいると、なんかホッとする」と言っちゃいましょう。
たとえ、そうでなかったとしても!(笑)

脳は、「矛盾」が大嫌いです。
あなたが、安心していないのに「なんか安心する」というと、その矛盾をなくそうとして、「安心している理由」を探そうとします。
そして、必ず理由を見つけます。

理由を見つけたら、あなたは本当に彼といるときに「安心できる」ようになっている、という訳です♪
では最後に、私が出会った「この一言で男を落とした!」成功ワードと、一瞬で男子を萎えさせた「NG」ワードをご紹介して終わります。

■成功ワード

「隣にいると落ち着くな。マイナスイオン出してない?(笑)」

■NGワード

「なんか落ち着くと思ったら、おばあちゃん家の線香の臭いする。」

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

黒木 ゆい

10代から整体師の道を進み、現在は心と体のカウンセラー。 元々は超ネガティブ女子。 ありのままの自分を好きになりたいけど、そんなの無理!というあなたへ。