自慰は美容にいい!?やる美人とやらないブスの差


オナニーしないとブスになる?

From:今井有佐

少し刺激的なタイトルになってしまいましたが、今回は「性欲の秋」特集にちなんで女性の自慰行為について少し話したいと思います。

「オナニーしたことある?」と聞くと、女性の9割が「やったことない!」って言うんですけど…
これ本当に信じられなくて、「かまととぶってんじゃねーぞ!」といつも突っ込んでしまいます。

果たして真相はいかにという感じなんですが、今井を含め、周りもオナニーしている!と宣言している女性が多いので、9割やっていると信じています(笑)オナニー推奨派です。

一般的に男性のオナニーは容認されている風潮ですが、女性がオナニーをすること自体はまだまだ恥ずかしいことだったり、汚らわしいこととして認識されている印象です。
しかし、オナニーは奥深く…

まさに「やる美人とやらないブス」と言ってもいいほど実は、絶大な美容効果を女性にもたらしています。
それは一体どんな効果があるのか!?

女性がオナニーをするメリットについてご紹介します。
まず、オナニーをする目的として…

・気持ち良くなりたい
・感度アップ
・ぐっすり眠りたい
・イケるようになりたい
・色気アップ
・女らしくなりたい

といったようなことが挙げられますが、これらの結果を得るか得ないかが「やる美人とやらないブス」の境界線。

上記に挙げたような事柄は、結果として「女性ホルモンの活性化」に繋がります。
女性ホルモンは、女性らしい体を作ってくれるホルモンです。

この女性ホルモンの分泌が実は女性の美容にとって大事なのです。
女性ホルモンが多く分泌されることは、女性ホルモンのバランスが整うことに繋がり、そうすると、、、

・肌が綺麗になる
・髪の毛がつやつや
・バストアップ
・ストレス解消
・感度が高まる
・妊娠しやすくなる

こういった効果が得られます。

よく「恋をすると綺麗になる、セックスをすると肌がきれいになる」といったようなことを言われますが、あながち間違いではありません。

なぜなら、女性ホルモンの分泌は脳が司令を出しているので、ドキドキしたり、リラックスしたりカラダにとって気持ちのいいことをすることが女性ホルモンが分泌されやすくなるコツなのです。

ただし!

女性にとってはメリットの方が多いオナニーですが、男性にとってはやりすぎ注意なんです。
男性がオナニーをしすぎると…

・老化促進
・体臭がきつくなる
・べとついた皮脂が出る
・ニキビができやすくなる
・ストレスがたまる
・眠気

などといった症状が出始めます。
睾丸に精子がない状態が続くと、虚無感に似た感情に襲われることも多くなり、元気がなさそうな外見、魅力のない外見になるとも言われています。

逆に言うと、あまりオナニーをしない男性は肌も綺麗でストレスも少ないため、モテるんだとか。
女性も本能で嗅ぎ分けているんですね。

ですが、しなさすぎるのも勃起不全になる可能性があるので注意です!
何事もほどほどが一番なんですね。

 

秋!何もないパッとしない季節だなーと昔は思っていたんですが、実は動物が一番発情するという季節でした。

なぜかというと動物は最も安全に子供を産み落とせる時期に合わせて発情するようにできています。
だから人間も例外ではなく気温が高くて、食料が豊富な夏に子供産んだ方が有利なので、逆算すると、秋に発情することなるんですね!

性欲の秋に是非、オナニーをして女性ホルモンを活性化させて来年に向けて自分磨きをしてみてはどうでしょう?

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】セックスでもっと感じるカラダに♡
marin

Gスポットとクリを同時に刺激できる、見た目も可愛い女の子向けバイブ♡
ボルチオの刺激や中イキの練習にももってこいです!
刺激が強いのでご注意ください♡

>>バイブの詳しい説明はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

今井 有佐

恋愛とセックスと化粧品をこよなく愛すサラリウーマン。通常乙女、時々ビッチの中間視点からセックスと愛を分析します。美意識とセックスと愛、理想とする自分 本能のままの自分、どちらの自分とも上手に付き合えるようになりたい女性たちへ