妄想好きな女性はご注意を!


From:沖田涼

今まで出会った中で忘れられない女が3人居る。

悪い意味でな!!!

1人目:勘違いし過ぎて暴走した女

2人目:彼女ですらねーのに婚姻届を渡してきた女

3人目:婚約破棄した女

この3人の共通点は、いずれも妄想好きってこと。

その中でも今日話したいのは1人目の勘違いし過ぎて暴走した女。

先に結論話すけど、俺はこの女に病院送りにされたのだ(笑)

自分が妄想好きと自覚のあるあなた方は
「私はこうならないようにしなきゃ!」
と自分に言い聞かせながら読みましょう。

ではさっそく本題へ。

その女のことは仮にA子と呼ぶ。
A子は2歳年上で、俺が18、9くらいの時に付き合ってた。

皆に愛想良くて面倒見も良い頼られたいお姉さんタイプで、わがままもほとんど言わない。
今思えば忍耐強い子だった。

そして、若いながら家事もしっかりこなしていた。
特に料理が上手い。
そう、つまり良い女なのだ。

そんなA子と付き合って半年。
事件は起きた。

その日、いつも通り家のリビングで夕食出来るの待っていたところ…
フライパンで殴られた。

「え、何この急な展開?」

そう思う事でしょう。
ついて来れないでしょう。
わかります。
その時の俺も全く同じ気持ちでした(笑)

なのでここからは、後日知った、A子がフライパンで俺を殴るに至った経緯を説明しよう。

犯行時刻数分前、リビングでテレビを見ていた俺はトイレに行きたくなり部屋を出た。
その時、携帯はリビングのテーブルに置いたまま。
そして、俺がトイレに行ってたわずか数分の間にまさかの急展開が巻き起こる。

さ、ここからは疾走感持って読んで欲しいので一気に行きますよ。

沖田の携帯から着信音が鳴る

A子、何気なく沖田の携帯の画面を覗く

携帯の液晶に「♡あみ♡」という表示

A子「あみ…誰?私知らない子!何この”♡”は??」

A子「てか、私の連絡先ですら”♡”なんて付いてないのに!」

A子「まさか…浮気?」

と、その時、俺は部屋に戻ってきました。
テーブルに置いてた携帯を手に取り、着信確認。

そしてA子から質問。
「電話鳴ってたけど誰からー?」

それに対して俺は軽く
「あぁ、知り合い」
と答えてまたテレビを見始めたわけなんだけど

A子としては
「友達でもなく知り合いって何?
怪しい!ゼッタイ怪しい!
しかも今電話折り返さないのも怪しい!!」

そんな感じでA子の妄想はどんどん膨らみ…
「許せない!」
となってフライパンが俺にクリーンヒットする事に。

生まれて初めて走馬灯見ました。
フライパン当たる直前直後は本当スローモーションだったからね。

炒め途中の野菜が舞い散る光景を見ながら、
「あーこれ掃除大変そうだなー」
「なんだかよくわからんけど人生終わったー」
とか考えながら意識失ったのを覚えています(笑)。

気付いたら病院のベッドの上。
看ててくれてた看護師がおばちゃんでゲンナリしました。

そんなこんなで、今もこうして元気に生きています。
本当、俺って運が良い!
それはいいとして。

おわかりですか?
A子の思考の大半は自分勝手な妄想なんです。

“こうなんじゃないか”
“きっとこうに違いない”
ネガティブな方向に妄想をどんどん膨らませている。

そうやって妄想に妄想を重ねた結果、耐え切れず爆発。
自分の妄想で自分を追いこんで苦しくなってるだけなんだよね。
気になったなら素直に聞けばいいの。簡単なこと。

ただ、A子は性格的にそれが出来なかったんだろうなあと。
きっと普段から大なり小なり、こういう妄想が溜まってたのがフライパンという形で爆発したんだろうと思うと申し訳ない気持ちになりました。

これを読んでる妄想好きな女子、人事だと思わないで欲しい。
悪い方向に考えて1人で不安になってる時ない?
相手に聞きたいこと聞けず嫌な想像ばかりしてない?

想像力豊かなことは素晴らしいことだけどそれよりも大事なことは、相手としっかり話し合う事。

でなければ、次にフライパンを振るうのはお前だ。

と、えらそうに言ってみたけど沖田もまだまだなので精進します(笑)

あ、念のために弁解しておくけど「♡あみ♡」は本っ当にただの知り合い。
しかも仕事関係の。
携帯の赤外線受信で受け取ったアドレスがこうなってただけ!(笑)

不安に思ってることの真相なんて、案外この程度のレベルのものが大半だから。
被害妄想膨らませる前にきちんと話し合う習慣をつけましょう。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

沖田 涼

ツンデレ系アラサーライター。 元ホストとして経験した数々の女性トラブル(笑)から学んだ事を活かし、“鋭い切り口”で書く記事に女性ファンからの熱い支持を受ける。 「自分磨きしても男にモテないなら意味なし!」をモットーに男性ならではの視点で「イイ女とブスの違い」「男のホンネ」「男が望む理想のオンナ」を説く。