放っておくと妊娠できなくなる可能性も…生理不順を自分で治す方法6つ

女性同士で話しをしていると、生理について話題に挙がる事もありますよね。

そんな中で「私生理不順だから」というような会話を耳にする事もあるでしょう。

その割に、正しい生理の知識を持っている人というのは実は少ないのです。

正常な生理の周期をご存知ですか?

生理周期や期間は人によって様々で誰もが毎月同じ様に一定しているとは限りません。

多様月によってバラつきがあっても心配する事はありませんよ。

一般的には生理周期は25日~38日。

生理初日から次の生理が始まるまでの日数です。

生理周期はちょっとしたストレスや体調不調により左右されますので、6日以内の変動は正常範囲といわれています。

ストレスや疲れなどで生理周期が乱れても、体調が戻りストレスが解消出来れば生理周期も安定する事が多いです。

慌てず、しばらくは様子を見る必要があります。

自分で判断して

「以前と比べてちょっと生理不順かも…」
「生理周期が短くなった?」
「最近生理痛がひどくなった」

など特に改善のきざしがないときには、早めに婦人科できちんと調べておきましょう。

生理不順の原因を知りましょう!

生理不順の多くは、色々なストレスを受けたり体調不良の時に自律神経が乱れ、ホルモンの分泌に影響が出るために周期が乱れるのです。

女性の身体はとてもデリケートに出来ています。

ちょっとした疲れやストレスなどでもすぐに不規則になります。

例えば職場の異動・転勤・転居・家庭内のいざこざなどでストレスがかかると、生理周期が乱れたり生理が止まったとの話はよくある事なのです。

過度のダイエットも周期に影響します。

食べたい欲求を無理に抑え、絶食してしまったりすると、ストレスで脳にダメージを与えてしまいホルモン分泌に影響が出てしまいます。

適度な断食はダイエットに効果的と言われていますが、無理をしてまでダイエットをしてしまうのは体を壊す元になりますので注意しましょう。

生理不順は不妊症にも繋がる恐れがありますから、あまりにも生理周期が不規則であったり、乱れるようでしたら産婦人科にかかりましょう。

「何かあるかもしれない…」
と不安を抱えて過ごす事もストレスになりますので、早めに原因を明らかにする事をオススメします。

セルフ生理不順対策をご紹介

1.規則正しい生活をおくりましょう。

生理不順を治すためにはホルモンバランスを整える事が大事です。

連続での夜更かしは身体に悪いですし、ホルモンバランスの乱れにもつながります。

出来だけその日の内には寝るようにしましょう。

2.なるべくストレスをためない生活

ストレスや自分自身のプレッシャーなど脳から卵巣に影響します。

人と関わっていれば全くストレスを感じないというのは難しいですから、あまり考え過ぎないようにしたり、一日一回はゆっくりした時間を取り、ゆとりある生活を心がけましょう。

また、女性ホルモンに作用があるフェンネルなどのハーブティーもホッとできてオススメです。

3.適度な運動

心の緊張をほぐし身体を温める事で、不快な症状を取り除く有効な手段です。

適度な運動をする事で、心身のバランスを整えホルモンバランスにも作用すると言われています。

普段体を動かすチャンスがない方は、ホットヨガなどを始めてみるのはいかがでしょう。

始めは暑さに慣れるのに大変ですが、慣れてくると汗をかく事が気持ちよくなり、ポーズをとることで心穏やかになります。

自律神経を促進するポーズもありますので、興味があればチャレンジしてみてくださいね。

4.お風呂でゆっくりバスタイム

最近はゆっくりお風呂につからずシャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、お風呂はリラックスしながら不調を解消できる絶好のチャンスです。

ポイントは、少しぬるめのお風呂に入りじっくり汗をかくこと。

汗をかく事で全身の血行がよくなり冷え性解消は勿論ですが、不眠・イライラを無くす有効手段です。

5.無理なダイエットは特に危険

無理なダイエットは気づかずに身体に負担をかけてしまい生理不順を引き起こす事があります。

一度体に影響が出てしまうと治すのに時間が掛かる事もありますから、過度なダイエットは辞めて体を労わりましょう。

6.冷えに注意

今は何処に行っても夏場は冷房が効いています。

その為、冷房に当たらないというのは難しいでしょうから、普段からカーディガンを持ち歩いたり、ブランケット等を活用して温度調整する事が大切です。

特に男性が多い職場で働いている方は、男性は暑がりな方が多く、職場が冷えているという事もあるようです。

温度調節が出来るようなアイテムを身近においておけるようにしましょうね。

冬は腹巻や、毛糸のパンツ等が子宮を冷やさずオススメです。

今はとても可愛いデザインのものが多いですから、昔に比べ、着用しやすくなっていますよ。

自分でできる対策を行い、元気な子供が産める体づくりを行っていきましょう。