バラすべき?年をごまかして付き合ってる私。/沖田涼の恋愛ブス救済所


From:沖田涼

ショーンKが経歴詐称でコメンテーター辞任したね。
けっこう好きだったんですけどショーンK。
カッコイイ大人の一人だっただけにショックもある。

どーも。カッコイイ大人になりたいけど詐欺はしたくない沖田涼です。

皮肉っぽく言ってみたものの、人としてはショーンK今も嫌いじゃないです。
コメント聞いてて、頭の良い人だというのがにじみ出てたし。
むしろ沖田はショーンKの経歴なんてよく知らなかったのでぶっちゃけどうでもいい(笑)

もちろん、詐称はよくないけどね!
それは大前提としてある。

だけど、それでも嫌いじゃないのは”その人そのものに”魅力があったからでしょう。
いつか戻ってきてください応援してます。

さて、珍しく時事ネタに触れてみたわけだけど、それは今回の相談内容に似てるものがあったから(笑)
というわけで、今日の恋愛ブス救済所いってみましょー!

バラすべき?
年をごまかして付き合ってる私。

相談者:じゅじゅさん(岡山県・44歳)

Q:

彼と出会って、3年弱になります。
お付き合いをはじめて、一年弱になります。
彼の年齢は、26歳です。

年齢を、33歳と偽って付き合っています。

実年齢を言い、別れるのがこわくて、いまだに言い出せません。
頻繁に仲良くし、お付き合いは良好だとおもいます。

しかしながら、お付き合いをはじめて5ヶ月経ったときに、彼に二年付き合っていた彼女がいたことが発覚しました。
すぐに別れたので、私はお付き合いを続けました。
苦しく複雑でしたが、別れたくなくて、今は仲良くしています。

年齢を偽って付き合っていること、二股から始まっていた恋愛、すべてが間違っているのかもしれません。
気持ちが先行し、離れることができません。
よきアドバイスをよろしくお願いいたします。

==========

沖田涼の回答

A:

なかなか大胆だよね(笑)
11もサバ読むとか思い切ったことしたなーと感心すら覚えます(笑)

それで1年弱も付き合い続いてるんだから大したもんだ。
ただ、じゅじゅさんはそれに対してかなりの後ろめたさを感じてるようだし、それって今後の付き合いにも影響出てくると思うので急いで解消しましょう。

本当の年齢を言ったら振られる?

18歳の差は、彼からすれば致命的なものだと想っているのでしょうか?
それ告白しただけで振られると想っているのでしょうか?

うん、自分から問いかけといてなんだけど有り得るよね(笑)

「歳の差なんて関係ねーから気にするな!」
「年齢なんかで判断する男はクズだ!」

と言いたい所だけど言えない(笑)
だって事実、年齢って大きいじゃん。

20近く年上の人に会っても
「この人と付き合いたい」
って思うことがまず無いし。

美魔女とか流行ってたけど、美魔女を見ても付き合いたいと思わない。
綺麗だとは思うけどね。
それとこれとは別だわ。
熟女好きという癖を持ってない限りはキツい。

だから普通に考えたら、このまま後ろめたい気持ちで居るくらいなら早く告白して楽になってくださいって感じです。
後ろめたさをいつも感じながら付き合ってたら、そのストレスで老けるよ(笑)

ただし、希望はある

彼からしてみても、7歳差だと思ってた彼女が実は18歳差になるわけだから衝撃ハンパないです。

どんなに仲良くしてたとしても、それを打ち明けられたら一瞬引くと思います。
「ちょっと考えさせて…」
ってなることも十分有り得る。

それは仕方ないことじゃん。
嘘ついてたのは自分なんだから。

ただ、希望はある。

  • 彼の中で何歳差までが許容範囲なのか
  • 今まで築いた2人の関係性

ここにかけるしか無いでしょ。

7歳年上と付き合うって時点で、彼けっこう許容範囲大きいです。
一回り上くらいまでだったら全然大丈夫なんでしょうね。
それプラスαでいくつまでOKなのかわからないけど、18歳差でも受け入れられるかどうかは後者の「2人の関係性」の部分が一番大きい。

年齢なんて気にならないくらい深い関係を築けているなら、本当の年を告白されて引くだろうけど、考えた結果「それでも一緒に居たい」って思われるはずだから。

彼にも負い目が

それに彼、二股してたんでしょ?
その負い目が絶対あるじゃん。
彼にとってじゅじゅさんは「二股してた自分を許してくれた彼女」でもあるわけだから。
お互い1つずつ嘘ついてたのが、これでイーブンになると思えば良いじゃん。

彼がそう思うかはわからないけど、これはじゅじゅさんの中だけで思っておいて下さい(笑)

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

沖田 涼

ツンデレ系アラサーライター。 元ホストとして経験した数々の女性トラブル(笑)から学んだ事を活かし、“鋭い切り口”で書く記事に女性ファンからの熱い支持を受ける。 「自分磨きしても男にモテないなら意味なし!」をモットーに男性ならではの視点で「イイ女とブスの違い」「男のホンネ」「男が望む理想のオンナ」を説く。