セフレの時のほうがラブラブだった彼の本音/沖田涼の恋愛ブス救済所


From:沖田涼

さっき、スタバで仕事してたら
「あの…すいません、今お時間ありますか?」
大塚寧々っぽいお姉さんに声をかけられました。

どーも。沖田涼です。

え、逆ナン?
それとも沖田だと気付いて声かけたの?

どちらにしろ、今日は休日。
完全プライベートじゃないですか。

だから

「プライベートなので写真はダメだけどサインなら良いですよ」

って答えようとしたところ

「iPhoneの設定がわからなくて…涙」

ですって。
Mac開いてるし横にiPhone置いてるから詳しいと思ったのでしょう。

それでレクチャーしてあげたんだけど、すげー喜んでくれました。
お礼にと1,000円渡されました。
もちろん丁重にお断りしたんだけど強引に渡すお姉さん。

別にお金もらうほどでもない普通の事しただけなんだけど、きっとお姉さんにとってはお金を払う価値のある情報だったのでしょう。

これと同じで、恋愛ブス救済所で沖田が語る内容も、皆にとってはすごく価値のある内容になっているのだろうかと改めて考える時間となりました。

日々の自分の振る舞いの価値について考えることができた。
ありがとうお姉さん。ありがとう大塚寧々。

ということで、コイスルカラダ今年ラストのコラムとなる恋愛ブス救済所、いきまーす!

セフレの時のほうがラブラブだった彼の本音

相談者:ゆきさん(埼玉県・27歳)

Q:

現在2個下の彼氏がいます。
その人とは最初セフレでした。

私の方が好きになってしまい、「好きだけど、諦めるね」と別れるつもりで気持ちを伝えたところ「付き合っちゃう?」と軽いノリで言われ、付き合うことに。

ですが、付き合えて喜んだのも束の間、付き合ってからの相手の態度や行動に疑問を感じてきました。

というのも、彼はセフレ関係の時はヤる前には必ずチューをして終わった後は腕枕などしてくれていました。
ですが付き合ってからの彼はチューも腕枕もありません。

基本お泊りで、相手から会いに来てくれますがヤる前にくっついてくるぐらいで基本的な姿勢は隣同士に座ったりもしません。

釣った魚に餌をやらないって考えならわかりますが、わたしの場合セフレ関係の時から即に釣れているはずなのになぜ付き合ったんだろう?
セフレ関係の時の方がラブラブなんじゃないのか?って言うぐらい違います。

この人は本当に私のことが好きなんでしょうか?
付き合ったのは、セフレがいなくなるのが嫌でなんとなく付き合ったのでしょうか?

私のスペックはにきび面のデブなので他にもいい女はいます。
なので私を取っておくメリットが相手にあるとは到底思えません。

私は好きだからこのままでもいいと思っていますが、相手の気持ちがわからなすぎて困惑しています。

長文になってしまいましたが、私の下手な文章でご理解できましたら見解を教えていただければと思います。

=====

沖田涼の回答

A:

ホストの営業みたいなことしてる彼だな(笑)
かなりわかりやすい態度じゃないか。

これ見てる子の中にホス狂いもいるかもしれないので、その辺り踏まえて解説していこうか。

釣った魚にエサをやらないだけ

ゆきさん気にしてるみたいだけど安心してください。

彼は釣った魚にエサをやってないだけ(笑)

シンプルに考えていいんだよ。
付き合う前は大切にされていたけど、付き合ってみたら態度が変わる。
付き合う前の関係性がセフレだろうとなんだろうと、同じ。

セフレの時のほうが大切にされてて当たり前なんじゃない?

きっとこの辺りの考えがわからないんだと思うので、詳しく話しましょう。

セフレ=他人名義の銀行口座

「セフレ関係の時から既に釣られているはずなのに」

って言ってたけどそれはゆきさんの中での話し。
彼にとってはそうじゃない。

一般的にセフレは軽く扱われる印象あるけど、時と場合によります。
「相手が自分にとってメリットを持っている」場合は一般的なそれとは違う。

ホストでも枕営業ってあるじゃないですか。
キャバ嬢でもあるけど。

あれって、何でそんな関係になるかわかります?
答えは簡単で、寝れば相手がお店に来てくれるorお金くれる(裏引きできる)から。

お金になる相手だから、丁重に扱うわけ。
別に可愛くもない女と枕同伴したりアフターでホテル行ったりするのは、そうすることで金を引き出せるから。

セックスがATMから現金引き出す暗証番号的な役割を果たすのだ(笑)
逆にそうしないと、すぐ他店のホストに取られちゃう。

業界用語っぽく言うと、本担からサブ担に格下げってやつです。
自分はサブなんだから当然、使ってくれる額も減少。なので収入も減少。

だから三流ホスト達は、ATMとなる女を丁重に扱います。
ところが、ただの枕客から本カノになると、途端に扱いが雑になる。

”本命の彼女”という立場を手に入れた安心感や優越感があるから気づいてない馬鹿が多いけど、実際どんな扱いされてるかというと雑です絶対。

男の方も、付き合った=自分にゾッコンだからちょっとやそっとじゃ離れないってタカをくくる。
付き合ったことで、他人名義だった銀行口座が自分名義の口座になるようなものです。

自分のものなんだから、気も遣う必要ないし好きに扱うよね。

彼にとってのゆきさんのメリット

さてさて、ホストの枕営業になぞらえて話しましたが、ゆきさんと彼の関係においてはどうなのか?
それも似たようなもんだよ。

お金ってメリットじゃなくて、体の相性って面でのメリット。
もし、ゆきさんがホテル代だの何だの払ってたとしたらお金がらみのメリットも出てくるけど(笑)

でもそうじゃないと信じて続けよう。
彼は、ゆきさんとのセックスが気持ち良いのでしょう。
体の相性が良いってすごく良いじゃん。おめでとう。

他の子とするよりも全然気持ちいいから、キープしておきたいって事。
セフレ時代に大事に扱われていたのは、この気持ち良い体を手放すのはもったいないと思ってたから。

雑に扱って縁切られたら、あの快感を得られなくなるから。
極端な言い方すると、最高の性処理相手なわけ。
かなり言葉悪くなるけど。

ゆきさんはセフレ関係の時から釣られてたって言うけど、セフレ関係なんて所詮脆いからね。
だって付き合ってるわけじゃないんだから。

男も女も、お互い何の縛りもないわけじゃん。
だからセフレ関係に飽きたり嫌気が差して、黙って離れられても何の文句も言えないわけですよ。

繰り返し言うけど、付き合ってるわけじゃないんだから。
それが、セフレ時代に大事にされてた理由です。
言うなれば当然の行動。誰だってそうするわ。

彼女としての価値

核心ついちゃうけど、普通のデートしてないでしょ(笑)
ベタに映画行ったりディズニーランド行ったり、または普通にご飯食べて解散するような日ってほとんどないでしょ?

相談内容に「基本お泊り」って書いてあったし、もうそれが答えだよね。
2人の関係はセフレのまま。
彼に色管理されてる状態が、今のゆきさん。

彼はゆきさんを彼女として意識していません。
彼女としての何かを求めていないと思う。

ただただ、性欲を満たす存在。

形式上、付き合うってことになったおかげで、彼からすれば管理が楽になってしまいました。
その理由は前述のとおり。

突き刺さること言いますが、彼が求めてるのは体だけ。
彼女としての価値はゼロ。
それが今の状態です。

彼女としての価値を出す?それとも…

ここまで読んでこの男がどんなにクズかは十分伝わったことでしょう。
そもそもセフレなんて作ってる男にろくな奴はいない。女もだけど(笑)

さ、ここからが問題です。

このクズとこのまま付き合いますか?
それともこのクズ、捨てますか?

どちらを選ぶかは、ゆきさんがよく考えて決めましょう。

その上で、このクズを切り捨てるという判断をするなら、今すぐにでも実行!
年越す前に急いでください。
会って言う価値もないのでLINEで十分です。
サヨナラって送って即ブロック&削除!
そしたら2016年、いい年にできますよ。

反対に、それでも付き合いたいって結論に至った場合。
それはそれで良いでしょう。
その決断も立派だと思う。

その場合、覚悟して彼と付き合ってください。
ゆきさんのミッションは、彼をクズ男からまともな男に変えること。

そのためには、まずゆきさんが彼女という名だけの性欲処理から脱しなきゃいけないよね。
彼女としての価値を彼にわからせなければいけない。

体の相性は良いんだから、あとはどうやって彼の心を惹き寄せるか?
きっと今までのゆきさんだったら出来なかっただろうけど、たぶんこれからは出来るようになるよ。
今日、ここまで読んで彼の考えとか分かったと思うし。

あとは
「こういう考えの人が私を彼女として側に置いておきたいと思わせるには、どうしたらいいんだろう?」
ってことを徹底的に考える。

もしどうしてもわからないようであれば、また相談ください。
個別で細かくアドバイスしてあげるから。

どちらにしろ、今の関係を良しとして受け入れてしまえば、必ず不幸になる。
その甘さは自分も彼も不幸にします。

こうやって相談してくれたのは、何かしら現状を打開したい気持ちがあるからこそだと思うので、これをキッカケに一歩前に進んでくれたら嬉しいです。
それでは、今日もありがとうございました!
沖田涼でした。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【連載過去記事はコチラ】

沖田涼さんに恋愛の悩みを聞いて欲しい方、募集中!
「私も恋愛ブス救済所で相談したい!」というアナタはこちら
⇒沖田涼に恋愛相談

「個別で復縁相談したいです」という方はこちら
⇒『大人の復縁相談室』で沖田涼に相談

【PR】イイ女になるための近道♡
ah

自分のカラダに自信がもてる秘密のケアで、もっと大胆なエッチを♡
積極的なエッチに彼もメロメロ!?
彼を“その気”にさせちゃう官能的な香りも人気です。

ABOUTこの記事をかいた人

沖田 涼

ツンデレ系アラサーライター。 元ホストとして経験した数々の女性トラブル(笑)から学んだ事を活かし、“鋭い切り口”で書く記事に女性ファンからの熱い支持を受ける。 「自分磨きしても男にモテないなら意味なし!」をモットーに男性ならではの視点で「イイ女とブスの違い」「男のホンネ」「男が望む理想のオンナ」を説く。