恋愛において後悔しない方法/沖田涼の恋愛ブス救済所

From:沖田涼

今年はたくさんの新しい出会いがあったおかげで、早くも忘年会ラッシュに
突入しました。
先週1つ、今週1つ、来週3つ、再来週4つ・・・

胃が痛い。
どーも。沖田涼です。

でも、色々と誘ってもらえるのは嬉しいなーと思うわけです。
何かしらその人の役に立つことが出来ているのかと。
基本的に自分の好きなことしかしない沖田なので、余計にそう思う。

ただ、これに甘んじるわけにもいきません。
まだまだこれから。
来年はもっとたくさんの人たちから声かけてもらえるよう頑張ります。

と、常に成長を意識する自分が大好きです(笑)

さて、
今日の恋愛ブス救済所いってみましょー!!

恋愛において後悔しない方法

相談者:えみさん(31歳・福岡県)

沖田先生、長文ですが、
宜しくお願い致します。

今年の1月頃に、職場ですごく気になる男性がいました。
私が他の店舗に異動になるタイミングで、もう会えなくなる!どっちに転んでも後悔はしたくないと思い、私はかなりの受け身でしたが、勇気を出して自分のメールアドレスと電話番号を書いたメモを彼に渡しました。(ラインは教えてません)

その2日後に連絡が来ました。
私はすごく嬉しかったです。

その後LINEでやりとりを始め、こちらからご飯に誘い、食事に行きました。
彼は3つ年下でしたが、すごく楽しくて楽しくてこんなに盛り上がるとは想像もしなかったくらいでした。
その後また私から誘って一度食事し、このときもとても楽しく過ごしたのですが…

4月から彼が転職することになり、その辺りのタイミングでもう一度食事に誘うと、仕事の準備があると言って断られました。
彼からの連絡を待ってみようと、決心しましたが、3ヶ月待てど一切連絡はなく、そう悩んでいる時に、私の知り合いが女と彼が仲良くベンチで座ってるとこ見たよ!!という目撃情報が!

でも、自分の目で確かめてもないし、前回の食事の時に彼は自分から「俺は女っ気が全くない」等の草食っぽい発言をしていたので、目撃情報を信じたくありませんでした。
バカみたいですが…。

もう自分からは連絡しないと決めてみたものの、どうしても気になり、ラインで「仕事どう?慣れた?」という内容を送ってもそっけない内容の会話が数回続くのみ。
誘おう思ってもその隙間さえ与えてくれない感じです。

それが一、二回続いてしまって、最後に会って半年以上も経ってしまってます。

完全に私に興味はないのだろうと諦めていますが、インスタなどにいいね!が来る度にそわそわしてしまっている自分が
情けないです。
彼に興味がないことは分かっていますし、諦めて次の恋愛しなきゃと思ってはいますが、全然前に進めずにいます。
会った時に彼に素直に好意があると伝えれば良かったのですが、それも一切出来ずに後悔しています。

連絡先渡さなきゃ後悔する!と思って渡してみたものの、渡して後悔してしまって
おります。
やはり、彼とは縁ががなかったと諦めて次に行くべきでしょうか?

このまま彼からの連絡はないように思いますし、こんな自分が惨めで仕方ないです。
でも次に進めないこんな私に沖田先生視点でアドバイス頂けないでしょうか?

==========

沖田涼の回答

A:

あれですね。
単に彼は、えみさんよりイイ女と出会ったからそっちに気持ちがいってるって感じ。

次に進みたいなら、
それなりの行動をするべき。
出会いを探すなり他に打ち込める何かを探すなり、アクション起こさない限り一生惨めなままだから。

きっと心のどこかで期待して
いるのでしょう。
その期待に縛られてるから身動きを取れずにいるんですね。

「もしかしたら待ってたら彼から連絡あってまた一緒に食事して、そのとき良い感じになって付き合うことになっちゃったりなんかして…!!」

と。

自分の中の彼に対する期待が、実際の彼を大きく上回りすぎて悲惨なことになってる気がする(笑)
ちゃんと現実の彼をみて、次に進むにはどうすればいいか考えましょう。

想像の彼、現実の彼

今話したとおりですが、
えみさんの中の彼と実際の彼に差があるのだろうと思ったわけです。

・連絡先を渡して連絡が来た
・何度か食事に行けた

これだけで脈アリだと
勘違いしたのでしょうか。

いや、確かに脈が無いわけではない。
でもどちらかというと「嫌われてはいない」というだけ。

間違っても「彼は私に少しは気があるのだろう」と思ったらダメです(笑)

同じ職場だった年上の同僚から誘われたら、無下には出来ないだろうし。
少なからず二人きりでご飯にいけば
気を使う。

それをストレートに“楽しい”と受け取れたのは、彼の努力の賜物。

「女っ気が全くない」って言ってたのも、遠回しな敬遠だったのかもしれない。

とりあえず、自分の都合いいように取りすぎて彼への期待がどんどん高まっちゃったんだよね。
すると今回みたいにケガします。
“現実の彼”はどうだったのか、もう一度振り返ってみましょう。

「仕事が忙しい」と断る
本当の理由

これは沖田もよくやってたから断言するけど、仕事を理由に断る場合の80%以上、本当の理由は”めんどくさい”から(笑)

仕事って断る理由としては使いやすいんですよね。
だって、他人が突っ込めない理由じゃん。

「仕事なら仕方ないですよね」
ってなるでしょ?

だから、断る理由すら考えるのが面倒な時は仕事を理由にする。
これ、男女関係なくやることではないでしょうか?

本当に仕事が忙しかったとしても、好きな人だったり気になる人からの誘いであれば時間作るよ。
たとえ少しの時間だろうと。

もしくは、代替案を出すね。
「この日は仕事で忙しいからダメだけど、○○日なら暇だしどう?」
とか。

それがないということは、めんどくさくて断られたってこと。

あ、めんどくさくてと言っても
2通りあります。

・特に理由はなく面倒だった
・他に気になる女性か彼女がいたから

前者の場合、これはけっこう嫌われてるパターンだけど、えみさんの場合そういうわけでもないでしょう。
嫌いだったらインスタに「いいね」押しもしないだろうし。

これは推測だけど、後者の方です。
その時点でもう気になる女性か彼女が出来てたから。

もし他の女性と遊んでバレたら面倒、って意味でのめんどくさいです。
あとは、えみさんが自分に気があるのを感じてて、下手に期待もたせたら悪いという優しさもあるかもしれない。

えみさんのためにハッキリ言ってしまえば、どちらにしろ彼からえみさんへの好意は薄かったということ。
仕事関係を理由に断られ、その後は待ってても向こうからのアプローチがない時点で確定です。
今後の参考にしてくださいまし。

どのみち後悔はしてたはず

「連絡渡さなきゃ後悔する!」
「連絡先渡して後悔した!」
「気持ち伝えなくて後悔した!」

色々あるけど、えみさんはどの選択をしてても「後悔した」って言ってると思う(笑)

というか、後悔しない人生なんて有り得ないわけです。
一つも後悔することなしに一生を終える人なんて、人類史始まって以来無かっただろうし、これからも無いことでしょう。

だって、にんげんだもの。

全て正しい選択をして生きていけるかと言えば、間違いなく無理でしょ。

「学生生活でテスト100点しか取ったことありません!」
「仕事では成約率100%です!」
「恋愛でも狙った相手は百発百中です!」

そんな人いない。
いたら人間を超えた何かだ。

ただ、稀にこういう人がいる。

「私の人生において後悔なんて一つもありませんわ」

これって言葉ではそう言ってるものの深く読み解くと
“振り返ってみると過去の失敗も今に活きてるから”
という前置きが入るはず。

絶対、何かしら後悔を経験するし、しなきゃ成長しないんですよ人間って。

大事なのは、その失敗や後悔を経験して、その上でこれからどうするか。
そこでしょ。

「こうすればよかった」
「ああしてればよかった」

タラレバなんていくらでも思いつくし妄想膨らますことできるけど、過去のことに捕らわれててもその事実は変わらないよね。

変えれるのは今から先の事だけ。
逆に言えば、これから先は自分自身でいくらでも変えれる。

そして、それが出来るのはたくさん失敗して後悔してきた自分が居るから。
本当に後悔したのであれは、そう考えてこれからを変えていけばいい。

今までの経験を踏まえて、本当に待ってれば彼から連絡来ると思うのか?
今までの人生で、好きな人と別れて以降、二度とそれ以上の人が現れなかったのか?
次に後悔しないためには、今何をしたほうが良いと思うのか?

どう考えるかはえみさん次第だけど、少なくとも今のままでいるのが一番良くないということはわかるでしょう。

恋愛において後悔しないためには、経験した後悔を活かして次につなげること。
そして後悔したことも含めて、良かったと思えるようにすること。

これだけだから。
頑張ってください。

では、今日もありがとうございました!
沖田涼でした。

【連載過去記事はコチラ】

沖田涼さんに恋愛の悩みを聞いて欲しい方、募集中!
「私も恋愛ブス救済所で相談したい!」というアナタはこちら
⇒沖田涼に恋愛相談

「個別で復縁相談したいです」という方はこちら
⇒『大人の復縁相談室』で沖田涼に相談

♥こちらの記事もおすすめ♥

彼の欲望に火をつける♡

44b152e63fa75df97bce0000c93625ec

唇に塗るだけで、彼と一線を越えちゃう!?
彼が唇を奪いたくなる、キス専用美容液で彼を虜にしちゃってくださいね♡

>>キス専用美容液ヌレヌレはコチラから

沖田 涼ライター名: 沖田 涼 他の記事を読む (78件)

ツンデレ系アラサーライター。 元ホストとして経験した数々の女性トラブル(笑)から学んだ事を活かし、“鋭い切り口”で書く記事に女性ファンからの熱い支持を受ける。 「自分磨きしても男にモテないなら意味なし!」をモットーに男性ならではの視点で「イイ女とブスの違い」「男のホンネ」「男が望む理想のオンナ」を説く。







シェアする