処女が面倒くさがられる本当の理由/沖田涼の恋愛ブス救済所

From:沖田涼

フランス大使館に行ったり、福岡出張したり、明日からは京都行ったりとドタバタな1週間を過ごしてます。
どーも。沖田涼です。

フランス大使館ではデヴィ夫人にも会えたので、なかなか良い経験ができたな、と。

個人的にはレセプションパーティーでセレブたちとシャンパン飲んでるよりも居酒屋でビール飲んでる方が落ち着きますが(笑)
まぁ、経験できたことに感謝しないとですね。

人と違う経験が出来るというのは、やはりそれまでの自分の努力のおかげなのだろうと思うわけです。
経験が少ないやつってだいたい環境のせいにしたがるけど、それは大間違い。

単に自分が努力してないから。
現状を選んでいるだけだから。

今の状況は、自分がそうしたくて選んでいるってこと。
アドラーの心理学的に言うとね。

それを踏まえて皆さんは今後どういう選択をするのでしょう?
明日も今日と同じ一日を過ごすのか、はたまた何か違うことをしてみるのか。

さて、じゃあ今日の恋愛ブス救済所いってみましょー!!

処女が面倒くさがられる
本当の理由

相談者:鈴子さん(26歳・愛知県)

恥ずかしながら、セックスしたくない訳ではなく、ただ単にいままで出会いに恵まれず、26歳にして男性経験がゼロです。

今好きな人がいて、しかも脈がありそうな雰囲気なのですが、この歳で処女ってなんの魅力もないし、重そうだと思われて引かれるのではないでしょうか?

いいカミングアウトの方法ってありますか?

==========

沖田涼の回答

A:

冒頭の話、相談を読む前に書いてたけどピッタリな内容だった(笑)
まさにこれ。

「ただ単にいままで出会いに恵まれず」

違うよね完全に。

「出会いを探す努力をしなかったので」

これが正解です。
はい、反省してください。

それは良いとして、処女問題ですか。
先に言っておくけど、こういうのは本人が気にしすぎてるだけで、周りはさほど気にしてないってやつです。

ただし、処女を嫌がる男も確かにいる。

なので今回は、そのあたりの男の本音を教えましょう。

処女VSヤリマン

処女だと重い
経験豊富だと軽い

簡単に言うと、鈴子さんはこう思っているのでしょうか?

まぁ、確かにいますよ。
セックス好きなだけのヤリマンが世の中に居るのは事実でしょうね。

男としても、そんなビッチと真剣に恋愛しようだなんて気にはならないし、それよりも処女のほうが1,000倍良いと思う。

だから少なくとも、鈴子さんはそこら辺に転がってるビッチには勝ってますおめでとう。

対して処女。

処女にも3パターンあります。

○処女パターン1

結婚するまでセックスしないという古風な考え方の女性。
良いところで育った箱入り娘。

○処女パターン2

別にいいところの出でもなく、大切に処女を守ってたわけでも無く、良い男性を探す努力を怠っていた女性。
出会いがない、とか言っちゃう系。

○処女パターン3

単にブス

どれでしょうね?
少なくとも処女パターン1ではないのはわかりますが。

純血を守ろうと頑張ってる処女パターン1の子は、偉いと思います。
このご時世、なかなか守りきれるものではないよね。
きっとチャンスはいくらでもあったでしょう。
けど、信念を貫いて守っている。偉い。

処女パターン2、鈴子さんの自己分析だとこれなのかな?
最初に言ったとおり、努力不足なだけだったのだろうけど、今いい人が居るんだよね?

じゃあ、今までの努力が今実ったって考えれば問題ない。

処女パターン3はノーコメントで(笑)

色々と理由はあるのだろうけど、男からすればどれだろうが処女に抵抗ないよ。
“真剣に付き合う気持ちがあるなら”ね。

処女だから好きになる
経験豊富だから好きになる

多少の性癖はあるだろうけど、付き合う相手を選ぶ基準はここじゃない。
前述で少しヤリマンを卑下しましたが、そんなヤリマンでも魅力があれば真剣に付き合いたいと思う男は出てくるだろうし、ヤリマンだとか特に関係なくなる。

つまりは、最初から言ってる通り処女だろうがなんだろうが関係ないってこと。

処女は何の魅力もない?

処女には何の魅力もないって、どうしてそう思うのでしょう?
人の善し悪しを決めるのはセックス基準なの?笑

何の魅力が無いって思ってる根本は、そこじゃないのだろうと沖田は思いました。

自分に自信がないんだよね。
何かしら誇れるものがあるなら、「処女だから…」という変な不安に振り回されることはない。

料理が得意だとか、スポーツとかアクティブな遊びを彼と出来るとか、何かしら自信が持てるものがあるならそれが魅力になるから。

処女ってのは魅力とかそういうのじゃなくて、ただの状態だから(笑)
極端な話、好きになった人が熱出したらからと言って嫌いにはならないでしょ?
熱が上がっただけだもの。
それと同じレベル。

処女を嫌うのはどういう男?

とは言え、処女を嫌う男も中にはいる。

「処女ってめんどくさい」
「処女っておもしろくない」

こう思う男ってどんなやつだと思う?

手っ取り早くセックスして後腐れない関係になりたい男です。
真剣に恋愛しようと考えてない男。

そんな男、ぶっちゃけこっちから願い下げって感じでしょ?
人として好きになったとかじゃなくて、セックスできそうだから自分に寄ってきてるってことだから。

お金と時間制限のない風俗として見られてるわけです。
鈴子さんの好きな人はどうでしょう?
たぶん、違うよね。

良いカミングアウトの方法

ここまで読めばもうお分かりでしょう。
良いカミングアウトの方法なんて考える時間だけ無駄なのだよ(笑)

「あの…実は言わなきゃいけないことが…その…私…処女なんです!!」

なんて、かしこまって告げるような話じゃない。
そういう話になったらサラッと言えばいい。

言う機会がなくて、そういう場面になったならその時言えばいい。

「私経験ないんだよね〜」
「実は私、はじめてなんだよね(笑)」

こんくらいのノリ。
強いて言うなら、これが良いカミングアウトの方法。

彼はビックリするかもしれないけど、そんなの一瞬だから。
すぐ受け入れるよ。

それに、万が一、引いたり敬遠されたなら、それは本当に好きじゃなかったってこと。
カラダ目当てで仲良くなったってこと。

だからある意味、処女であることは彼の本気度を図れる武器とも言えるよね。
何も悩むことないです。

変に不安にならなくても、その彼と上手くいくはずだから。
自信持ってくださいまし。

では、今日もありがとうございました!
沖田涼でした。

 

【連載過去記事はコチラ】

沖田涼さんに恋愛の悩みを聞いて欲しい方、募集中!
「私も恋愛ブス救済所で相談したい!」というアナタはこちら
⇒沖田涼に恋愛相談

「個別で復縁相談したいです」という方はこちら
⇒『大人の復縁相談室』で沖田涼に相談

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

沖田 涼

ツンデレ系アラサーライター。 元ホストとして経験した数々の女性トラブル(笑)から学んだ事を活かし、“鋭い切り口”で書く記事に女性ファンからの熱い支持を受ける。 「自分磨きしても男にモテないなら意味なし!」をモットーに男性ならではの視点で「イイ女とブスの違い」「男のホンネ」「男が望む理想のオンナ」を説く。