不倫も復縁も年齢も関係ない。どんな女性でも絶対に幸せになれる方法

ラブコラムニスト・ラヴィンみやさんによる連載、【自分史上最高に感じるカラダを作るメソッド】Vol.6です!

From:ラヴィンみや

こんにちは、ラブコラムニスト・ラヴィンみやです。

人は幸せになるようにできている、今、あなたが不倫していても、失恋直後でも、無職でも、それでも幸せに向かって歩いている。

「何言ってんだ」「夢見すぎ」と冷静なエゴは、この言葉をバッサリと切り捨てているかもしれない。
でも、心の奥のどこかで「そうなのかな・・・??」と少し、思いませんでしたか?

少しも思わなかったあなたには、この記事はまったくお役に立てないので、素晴らしいためになるラインナップをご用意していますのでそちらをご覧ください♡
「自分至上最高に感じるカラダ」になるには、ハートが大事です。
今回は、そんな心のお話を。

甘美な不倫のセックス

不倫。甘美な果実ですね。
彼は私を本気で愛しているのでしょうか?
奥さんよりも私を選びますか?彼の気持ちは?ああ!気が狂いそう!

不倫の良さは、その「劇的な愛」にあります。
会いたいのに会えない。愛してはいけない。このドラマ感が人の情熱を刺激する。
おそらく相手の男性も、あなたへの恋心と罪悪感と背徳感が、「退屈な人生」の刺激になってやめられない、止まらない。

それに、「さぁどうぞ!ご自由に!」と差し出されたものよりも「これは絶対に口にしてはいけません」と隠されたものの方が淫靡で魅力的に見えてしまう。

不倫のセックスの背徳感は、そそるのです。
ダメと言われれば言われるほど。
手を伸ばせば届くのならなおさら、食べずにはいられない。

さて、彼は私を愛している?よりももっと重要な質問があります。
あなたはあなた自身を愛している?

別れた彼が忘れられない

別れた彼が好き。
よりを戻したい。
彼以上に素敵な人はいない。

占いでも「元彼との復縁」を夢見る女性の質問は絶えません。
しかし、彼とあなたは別れることになりました。
理由は何であれ、別れることになりました。

それがあなたと彼の縁。
人はそれぞれの人生を生き、その中で人に出会い、一定の時間一緒に過ごす人もいれば、少しだけ人生の時間を共にする人もいる。
その別れを受け入れられないあなたは、自分の人生に不満を抱いてはいないでしょうか?

「私の人生はどうしてこんなに不幸なの?」
「私はどうしてこんな風に生まれてきたの?」
そう、「受け入れることができない。」

復縁を望む女性は「受け入れること」が苦手です。
それが今はただ「元彼への思慕」という形で表れているだけ。
褒め言葉、誰かからの優しさを素直に受け取れてますか?

「私なんて」
「どうせ裏があるんでしょ?」
「みんなにやってることだし」と難癖つけて受け取れてないのではないでしょうか?

そして、そんな「受け入れることが苦手」な女性が一番受け入れていないもの、それは自分自身。
むしろ、自分自身を受け入れていないから、彼との別れも、何もを受け入れることができていない、とも言えます。

ブスでおばさん もう落ち目

「女には期限がある」
「女は見た目が大切」
そんな言葉を耳にしたことのない女性はいないでしょう。

でも本当にそうでしょうか?
本当に年齢を重ねた女性には魅力がないの?
そんなことはありませんね。

あるとしたら、「年齢を重ねた女性には魅力がない」と決めた人だけ。
もしもA子さんがそう言ったとしたら、A子さんの中ではそうなだけであって、周りにいる人には関係ありません。

年齢と女性という性と私たち自身の価値は関係がないのです。
また、顔の美醜も女性の価値をぐらつかせます。
しかし、手をかけて自分を大切にすれば女性は輝きます。

手をかける、と言っても高価な美容液やエステだけではなくて、大切なのは「自分を愛でる」こと。
鏡の前で「老けたわ~」「ブス!ブス!!」と自分に呪いをかけ続けてませんか?

呪いをかけながら美しくなることはできません。
今すぐ呪いの言葉をかけるのはやめて、自分のチャーミングなところを見つけて褒めましょう。

たった一つしか見つからないとしても、そこをありえないくらい誉めたたえる。
そうすることで、自分のチャーミングさに光が差して「魅力」はどんどん増えていきますから。
自分が見つけてない魅力を他人に見つけてもらおうと怠惰な姿勢でいるのではなく、自分が自分の魅力を見つけてあげましょう。

絶対♡幸せになる方法

さぁ、ここまで読んでくださったあなた。
お気づきでしょうか?
私たちが絶対幸せになる方法。

「人は幸せになるようになってる」ことを知ること。
もう一つは、自分が自分を愛すること。

不倫を選んだのは、不倫を体験したかったからだけど、もういいや、と思ったら捨てて今度は自分を愛してみよう。
元彼はとても素敵に見えたかもしれないけれど、ひとまずそれは横に置いて自分の魅力やダメだなぁって思えることも含めた自分自身を受け入れてあげよう。
年齢も美醜も横に置いて「とにかく自分は魅力的」という魔法をかけてあげましょう。

私たちは、幼い頃から「自分にダメ出し」する教育を受けているからそれはそれはダメ出しは得意です。
無意識にやり続けてしまっている。

人との会話の中でもへりくだった方が楽だったり、笑いを提供できるかもしれない。
それでも、自分のことを自分で大切にしてあげることの価値はあまりある。

自分を削らないと仲良くなれない人間関係は本当に必要?
自分を落として笑いにして、場を和ませることは本当に必要?

そこに力を注がないで、そうではなくて、自身が自分に心から寄り添って大切にしてあげること。
それが私たちを幸せにしてくれる。

気持ちいい湯船につかろう。
芳しい花の香りをかごう。
絶品のご飯を食べよう。
自分の体を撫でてあげよう。
見ないふりしてきた感情の蓋を開けよう。
憎しみも恨みも喜びも嬉しさも開放してあげよう。

あなたはあなたを生きるしかない。
あなたはあなたという輝きを持って生まれている。
誰かの真似はしなくていい。
オリジナルのあなたでいたらいい。

セックスも恋愛も仕事もお金もすべては付随しているものであり、そのど真ん中にいるのは常に自分自身。
どの悩みも、自分自身を大切にしないことには終わりません。
そして、どの悩みも、幸せに生きてくための通過点でしかなく、あなたがあなたを大切にできてませんよーというお知らせに過ぎない。

自分を全力で守り、全力で愛し、全力で幸せにする!と決めたら、そこから動き出します。
どんな自分も責めないで。

目の前の悩み、例えば「不倫をやめるか続けるか」「元彼を諦めるか思い続けるか」は、解決しないままでいいから、まずは自分を大切にすることをはじめてみましょう。
あなたが魅力を隠したままでは、誰の目に触れることもできないのだから。

♥こちらの記事もおすすめ♥

ラヴィンみやライター名: ラヴィンみや 他の記事を読む (12件)

セックスとメンタルについて発信するラブコラムニスト。 テーマは「わかちあうセックス」 セックスでお互いの愛や命を分かち合うことを何よりも愛する。 セックスが全てではない。けれどセックスは本音を混じり合わせること。 メンタル、自己啓発、スピリチュアルなどを学び 絵と言葉で自分を、世界を、生きることをカタチにしている。







シェアする